記事

バイラルメディアはオリジナル記事発信に向かう? アップワーシー、プロパブリカなどをパートナーに迎える

画像を見る

メディアの輪郭で、何度も取り上げている動画キュレーションを行っているバイラルメディア「Upworthy(アップワーシー)」。

ウェブサイトを見るたびに、色々とデザイン変更なども行っていて、次に何を仕掛けるのかなと気になっていました。

気候変動や人権、格差などの問題発信に注力

なんと、外部パートナーと提携して、オリジナルコンテンツの発信に注力することが発表されたのです。

アップワーシーが今後力を入れて発信していきたい、気候変動とクリーンエネルギー、収入格差と貧困、人権というトピック。それに合わせるように、気候変動ではClimate Nexus(クライメイト・ネクサス)、格差などはProPublica(プロパブリカ)、人権はHuman Rights Watch(ヒューマン・ライツ・ウォッチ)とパートナーシップを結びました。

2013年、バイラルメディア「Upworthy」でよく観られたコンテンツは「社会問題」という記事でも紹介したように、上記の問題を含めた社会問題の認知を広げることができているアップワーシーは、団体側としてもシナジーがうまれるパートナーなのでしょう。

積極的なコラボでオリジナルの比重を増やす

バイラルメディアというとキュレーションが多く、差別化が難しい側面がありました。しかしながら、今回のようにパートナーを組み、(公式な?)オリジナルコンテンツを発信していく姿勢を見せているのは一歩進んだ感じがします。

アップワーシーが問題の認知を広げ、団体と提携することで解決まで進む事例などが生まれるとかなり意義があるメディアになりそうです。

プロパブリカとの最初のコラボレーションもすでに生まれています。アップワーシーは、ゲイツ財団がスポンサードしたカテゴリーを持っているなど、団体のコラボには積極的です。今回のプロパブリカ、ヒューマン・ライツ・ウォッチなど含め、有名どころを押さえることのできる(参加したくなるような)魅力的で発信価値あるメディアだと感じます。

国内でもメディア同士のパートナーシップや、NPOや専門家がキュレーションやコンテンツ提供者として参画するような動きがあると、さらに盛り上がりを見せるのではないでしょうか。

【参考】

The Most Important Topics Of 2014, According To You - Upworthy Insider

あわせて読みたい

「Upworthy」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    習近平氏が進める「共同富裕」政策 恒大集団の救済に足踏みか

    飯田香織

    09月24日 08:40

  2. 2

    「自民党は嫌いでも、投票するのは自民党」立憲民主党が自民党に勝てない最大の理由

    御田寺圭

    09月23日 08:07

  3. 3

    視聴者が選ぶ最新版「嫌いな芸能人」コロナの影響か新顔多く並ぶ

    SmartFLASH

    09月24日 09:09

  4. 4

    「日本の小売業者は宝の持ち腐れ」アマゾンにあって楽天にない"決定的な違い"

    PRESIDENT Online

    09月24日 12:03

  5. 5

    オウンゴールで支持率下げた菅政権 野党は絶好のチャンスを活かせ

    毒蝮三太夫

    09月24日 08:05

  6. 6

    与党・公明党が選挙直前に「10万円給付」を大々的に発表 与党ならすぐに実行せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月24日 08:37

  7. 7

    45歳定年なんてホントに実現するの?と思ったときに読む話

    城繁幸

    09月23日 16:12

  8. 8

    中国がTPPに加入申請 対応を誤ればTPPそのものが瓦解するリスク

    ヒロ

    09月24日 11:22

  9. 9

    43歳、年収600万円で「結婚できないのが辛い…」と会社を辞めた男性に励ましの声

    キャリコネニュース

    09月23日 12:17

  10. 10

    中国恒大、23日の利払い実行困難に 米時間で期限迫るも説明なし

    ロイター

    09月24日 10:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。