記事

新しい生き方を目指す『ハウスワイフ2・0』の目新しくなさ

1/2
3月初旬の朝日新聞にハウスワイフ2・0(エミリーマッチャー著)なる新刊の広告を見つけました。

画像を見る

「ハーバード卒→新しい主婦」とな…これは面白い、ブログに書こう、と思っていたら、すでに話題になっているようです…。

高学歴女子が新・専業主婦を目指す時代(大野左紀子氏のブログ)

「会社にとらわれない」新しい専業主婦って何?

以下は、大野氏も引用されていたこの本の紹介文です。
「私たちは会社に使われない新しい生き方を求めている」

ハーバード、エールなど一流大学を出ていながら投資銀行、広告代理店、官庁などの職を捨て続々と主婦になるアメリカの若い世代。けれども彼女達は、これまでの主婦とはまったく違う。自分で生き方を選択するハウスワイフ2・0なのだ。すなわち

・会社を選択的に離脱する

・企業社会で燃え尽きた母親の世代を反面教師にする

・田舎生活を楽しみ、ジャムをつくり、編み物をする

・ストレスのある高報酬より、ほっとできる暮らしをする

・ウェブ、SNSを使いワークシェアを利用する

・ブログで発信し、起業する

・家事を夫と分担し余裕をもった子育てをする

(中略)ニューヨーク・タイムズ紙、ニューヨーカー誌は本書を絶賛。アメリカのメディアで大論争を呼んだ話題の書。(amazonより引用)
読んでいないので具体的な内容についての批評はできませんが、アメリカで話題と聞いて「え、何を今さら?」と思いました。アメリカでは高学歴女子が「丁寧な暮らしをする専業主婦」になりたがっているらしい、日本も今後、そうなっていくのでは!?フェミニズムへの反動かしらん!?……なんて騒ぐほどのことでもない、というか。

なぜなら、日本の高学歴女子は長いあいだ、「バリキャリ」というよりは(ハウスワイフ2・0で言われているような)豊かな専業主婦になっていくケースが多かったからです。

60年代の「元祖・高学歴女子」も専業主婦志向だった

日本で「専業主婦」が生まれたのは大正時代。「生活のために働かなくていい、家事すらお手伝いさんがやってくれる」専業主婦は特権階級でした。

高度成長期になってようやく日本が「総中流化」していく中で、サラリーマンである夫の安定雇用を前提とした「専業主婦」が大量に生まれたわけです*1

当時、女性の4年制大学進学率はわずか数%。多くの女性は高卒か、よくて短大、そして専業主婦へ…というのが一般的なライフコースでした。

画像を見る

http://www.garbagenews.net/archives/1640997.htmlより画像転載、見やすくするため「男女計」の折れ線グラフを削除、黒い◯と説明文を追加。詳細はソースを御覧ください)

高度成長期にも、わずかながら、4年制大学を卒業した女子はいましたこれがいわゆる「元祖・高学歴女子」。彼女たちの中には大企業で働くようになった人もいましたが、多くは数年間働き、高収入の夫と結婚して「キミには家庭に入ってほしい」と言われ、豊かな専業主婦に…というパターンが多かったのです

もちろん、結婚後もお手伝いさんを雇うなどして元祖・スーパーキャリアウーマンになっていった女性もいました。が、全体から見れば外れ値と言っていいほどの少数派。それは日本企業があまりに男性社会であったために、志の高い高学歴女子社員を生かしきれなかったことの現れでしょう。

不本意に主婦となった「元祖・高学歴女子」もいたでしょうが、当時の女性たちにとって「幸せのひな形」は結婚と子供。高学歴女子たちも、何だかんだ言って結婚生活に幸せを感じていた側面は大きかったのではないか(あれ、この構造、今も変わってないんじゃ…?)

女子の大学進学率が上がっても、就労率は低いまま

ごく一部の高学歴女子はいたものの、多くは豊かな専業主婦になっていった高度成長期。それから少しずつ、女子は高学歴化していきました。「私は大学へ行けなかった」という母親たちが、娘にも息子と同様の期待をかけるようになったという背景もあるでしょう。

バブル期には大学進学率が2割に届きそうになります。ちょうど86年には「男女雇用機会均等」ができ、一部の大卒女子は、男性と肩を並べて働く「総合職女子」になりました

ところが、そんな高学歴・総合職女子たちも、働いて数年すると、やっぱり仕事をやめて専業主婦になっていったのです。林真理子氏は以前、『an-an』のエッセイで「バブル期、出版社には多くの総合職女子が入ってきたけれど、みんな辞めていった」というようなことを書いていました。

平成19年のデータを元にしたコチラの論文などでも指摘されているように、日本の女性の大学進学率はOECD諸国の中でもトップクラスなのに、大卒女性の就業率は7割にとどまっています。これはOECD諸国の平均を約12ポイント下回っており、日本で高学歴女性の「活用」が遅れていると批判される所以です。

日本にはいまだに、「学歴は高いけど、働いてない」女性が相当いるのですね。穿った見方をすれば、日本の大学は「よい就職先」へのステップであり、女子にとっての大学進学は「よい就職先で、よい男性と出会う」ためのステップとなっている、ともいえます。今も昔もこの構造は大きく変わっていません。

「数ある選択肢のひとつ」としての高学歴専業主婦

高学歴女子は、(高収入な)高学歴男子と結婚するケースが多い*2。そのうちの一部が「豊かな専業主婦」となっていくのは、珍しいことではありません。

あわせて読みたい

「女性の社会進出」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    <止まない炎上>小室禍と東京五輪エンブレム騒動の類似点

    メディアゴン

    05月08日 08:13

  2. 2

    ネット署名 『人々の夢と希望をつなぐため、東京五輪の開催を支持します』立ち上がる

    和田政宗

    05月08日 21:34

  3. 3

    コロナワクチン打てば大丈夫?専門家すら反応を示さない風潮に疑問

    自由人

    05月08日 09:08

  4. 4

    菅さんじゃ駄目だとなっても、安倍さんがいいということには絶対にならないし、そうさせてもいけない

    早川忠孝

    05月08日 08:26

  5. 5

    出口治明さんが語る「35年ローン」で家を買ってはいけない理由

    幻冬舎plus

    05月07日 09:04

  6. 6

    菅首相は何度同じ失敗を繰り返すのか

    鈴木しんじ

    05月08日 20:51

  7. 7

    コロナ対策で目立つ責任回避「国全体が緩んでいるようで不安」

    深谷隆司

    05月08日 17:31

  8. 8

    「ダブルスタンダードになる」国民投票法改正案可決で立民が見せた“国対政治”に苦言

    BLOGOS しらべる部

    05月08日 08:03

  9. 9

    「鬼滅の刃=Demon Slayer」米国では炭治郎の耳飾り“旭日旗”問題は?

    文春オンライン

    05月08日 14:48

  10. 10

    撤退する飲食店、益々予約が取れなくなる飲食店

    内藤忍

    05月08日 11:38

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。