記事

「ちょっといい話」その36−パンの無料配布(山崎製パン)

伊豆の河津桜は満開との報道があった。拙宅の桜も日に日に蕾を膨らませている。いかに厳しい寒さにもめげず、春の訪れを告げる花々は、その準備に怠りはない。

今年は関東地方に二度の大雪があった。特に2月14日~16日に降った記録的大雪は、各地に様々な被害をもたらした。日本財団では、姉妹財団の学生ボランティアセンターを動員して山梨県で除雪活動をしていただいた。

高速道路では記録的な大雪で立ち往生する車が続出して混乱が続いたようだが、その中に心温まるニュースもあった。中央道大月インターチェンジ付近で動けなくなった運転手たちに「山崎製パン」の配送トラックの運転手が積み荷の菓子パンなどを無償で配ったのだ。心温まる行為にツイッターなどでは「山崎製パンは偉い」とか「リアルアンパンマン」「こういう企業は日本の鑑だね」など、ネット上には称賛の声があふれたそうだ。

今回の件で、運転手の機転に感謝が寄せられる中、山崎製パンの広報の対応がまた素敵であった。

「運転手は当社関連の従業員で間違いありません。どんな人物なのかとの問合わせも多いのですが、個人的な情報は外に出しておらず、ご了承ください。今回の件は、特にルールで定めてあるわけではありませんが、これまでも同じような取り組みをしてきました」「長野県や山梨県では商品が届けられずご迷惑をおかけしております」と、どこまでも謙虚な姿勢に好感が持てる。山崎製パンでは緊急時には同様の対応を取ることが徹底されているという。

近年、企業のCSR活動(社会貢献活動)に活発化の兆しが見える。しかしその多くの企業は、CSR部を設置したものの開店休業のところが多い。株主重視の経営の中で経費削減による利益の捻出も重要事項であり、効果のはっきりしないCSR活動への出費は、社内的にはまだまだ存在感がないのである。

バブルの頃は、手取り早くオペラや音楽会に企業の冠をつけ、社長や担当役員だけがメセナ活動だと悦に浸っていた時代もあった。山崎製パンは東日本大震災復旧支援活動に参加した学生ボランティアに、毎日、数か月にわたり、温かいパンの朝食を届け続けてくれた。会社にとってそれが当然の義務のように淡々と善意を送り続けている。

何千人もいる会社の中で、運転手に至るまで臨機応変に機転を利かす会社は稀であろう。運転手もきっと報告連絡ルートを通じて上司の許可を得たことであろうが、緊急時の判断と短時間の決断、行動は称賛にあまりある。

日本財団では災害発生時の避難装具を各人に配布している。東日本大震災の折、ヘルメットをつけ装具を完備していたのは尾形理事長と数人だけでり、私も失格であった。いざという時の対応は訓練通りにはいかない。それだけに山崎製パンの対応は見事というしかない。このような会社こそ、CSR活動の本質を理解している会社といえるだろう。

あわせて読みたい

「平成26年豪雪」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    橋本会長、「選手のプレイブック違反」証拠をお見せします 出場資格を取り消せますか

    田中龍作

    07月23日 08:33

  2. 2

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  3. 3

    ホロコースト揶揄を報告した防衛副大臣に呆れ 政府のガバナンスは完全崩壊か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月23日 10:46

  4. 4

    天皇陛下の開会宣言に着席したまま…菅首相に「不敬にも程がある」と非難の声

    SmartFLASH

    07月24日 08:58

  5. 5

    天皇陛下と同列?五輪開会式でのバッハ会長の振る舞いに違和感続出

    女性自身

    07月24日 11:55

  6. 6

    退職金や老後資金を吸い上げる「ラップ口座」の実態

    内藤忍

    07月24日 11:33

  7. 7

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

  8. 8

    前例を覆した開会宣言 政府の緊急事態宣言よりも感じる「重み」

    階猛

    07月24日 10:39

  9. 9

    感染爆発は起こらないことが閣議決定されました

    LM-7

    07月23日 22:45

  10. 10

    東京五輪の開会式は滞りなく挙行 世界に恥を晒すことをどうにか避けられた日本

    早川忠孝

    07月24日 16:07

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。