記事

過去最大の経常赤字1兆5890億円(1月)の要因分析

1/2

 10日付け日経新聞電子版速報記事から。

1月の経常赤字は1兆5890億円 過去最大

2014/3/10 11:34日本経済新聞 電子版

 財務省が10日発表した1月の国際収支速報によると、日本が海外とのモノやサービス、配当など総合的な取引でどれだけ稼いだかを表す経常収支は1兆5890億円の赤字になった。比較可能な1985年以降、1カ月間の赤字では過去最大で、赤字が4カ月続くのも初めてとなる。アベノミクスによる円安の進行で輸入価格が膨らむ一方、輸出が伸び悩んで貿易赤字が続いており、経常赤字と財政赤字との「双子の赤字」を懸念する声も出ている。

横浜港のふ頭に積み置かれているコンテナ。2013年の貿易赤字は過去最大を更新した=共同

画像の拡大

横浜港のふ頭に積み置かれているコンテナ。2013年の貿易赤字は過去最大を更新した=共同

 経常赤字はこれまで最大だった2013年12月の6386億円の約2.5倍に拡大した。冬場の需要期で液化天然ガス(LNG)や原油の輸入が増え、4月の消費増税を控えた駆け込みも響いた。企業は資材や原料の調達を前倒ししており「自動車部品や住宅関連の資材で駆け込み輸入が目立つ」(みずほ総合研究所の高田創チーフエコノミスト)という。

 輸出から輸入を差し引いた貿易収支は2兆3454億円の赤字と前年同月比で1兆384億円拡大した。貿易赤字も96年以降で最大となった。特に輸入額は7兆8620億円と1兆8286億円増えた。

(後略)

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDF10008_Q4A310C1MM0000/?dg=1

 うむ、財務省が10日発表した1月の国際収支速報で、今年一月の経常収支は1兆5890億円の赤字に1カ月間の赤字では過去最大で、赤字が4カ月続くのも初めてということであります。

 深刻なのは赤字が続いていた貿易収支ではなく総合的な収支である経常収支の赤字が単月では過去最大の1兆5890億円に膨らんだことです。

 そもそも経常収支は4要素で構成されています。

経常収支[ current account ]

経常勘定ともいう。国際収支のうちモノやサービスの経常取引による収支。(1)モノの輸入と輸出のバランスを表す「貿易収支」、(2)サービス取引を表す「サービス収支」、(3)対外直接投資や証券投資の収益を表す「所得収支」、(4)政府開発援助(ODA)のうちの医薬品など対価を求めない移転を表す「経常移転収支」――の4つで構成される。


 財務省の統計資料では(1)と(2)をまとめて「貿易・サービス収支」、(3)を「第一次所得収支」、(4)を「第二次所得収支」として統計をとっています。

 つまり経常収支は以下の式となります。

「経常収支」=「貿易・サービス収支」+「第一次所得収支」+「第二次所得収支」

 財務省の以下の公式サイトで今回発表分も含めた統計資料がエクセル形式で公開されています。

財務省

国際収支の推移

https://www.mof.go.jp/international_policy/reference/balance_of_payments/bpnet.htm


 公開されている統計資料より今回発表の過去最大の単月赤字について検証していきましょう。

 まず過去18年間の経常収支の推移を表でまとめておきます。

■表1:経常収支の推移(単位:兆円)

経常収支貿易・サービス収支第一次所得収支第二次所得収支
平成8年749432317461544-9775
平成9年1157005768068733-10713
平成10年1499819529966146-11463
平成11年1297347865064953-13869
平成12年1406167429876914-10596
平成13年1045243212082009-9604
平成14年1368376469078105-5958
平成15年1612548355386398-8697
平成16年196941101961103488-8509
平成17年18727776930118503-8157
平成18年20330773460142277-12429
平成19年24949098253164818-13581
平成20年14878618899143402-13515
平成21年13592521249126312-11635
平成22年19090365646136173-10917
平成23年101333-33781146210-11096
平成24年46817-83041141304-11445
平成25年33061-122349165318-9908

 ご覧のとおり日本の経常収支の黒字は平成19年の24兆9490億円をピークに下がり始め、特に貿易・サービス収支が赤字に転落した平成23年からは黒字額の縮小が顕著であり、平成25年には3兆3061億円にまで縮小しております。

あわせて読みたい

「経常収支」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    オミクロン 高齢者に感染させないことさえできれば

    中村ゆきつぐ

    01月26日 09:23

  2. 2

    何故、立憲民主党より維新の支持率の方が高いのだろうか

    早川忠孝

    01月26日 09:15

  3. 3

    “周囲の乗客は見て見ぬふり”は許される?たばこ注意の高校生が暴行被害で論争勃発

    女性自身

    01月26日 18:36

  4. 4

    「正社員の特権がどんどん消えていく」扶養手当、住宅手当…諸手当が"全廃止"される日

    PRESIDENT Online

    01月26日 14:34

  5. 5

    日本電産のカリスマ経営者、事業継承に苦悩

    ヒロ

    01月26日 12:04

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。