記事

「改革」が目をそらした等身大の国民 

 日本で司法が利用されないこと、とりわけ民事訴訟が回避される傾向として、従来、三つの説がいわれています。一つは、日本人は、もともと法ではなく、当事者間の関係を重視し、それに基づいて事案を処理する傾向があるとする「文化説」、もう一つは、十分に機能していない司法制度に問題があって、敬遠されるというよりも、利用したくてもできないとする「機能不全説」、そして、訴訟を起こしても結果が読めてしまうために、回避されているとする「予測可能説」です。

 今回の司法「改革」推進派のなかに、これを別々の見方、あるいは対立するものとみない意見があります。司法の機能不全を考慮に入れて、訴訟の費用対効果を予測すると、訴訟回避は合理的行動になり、その結果、訴訟嫌いの現象が存在することになる――というように(三宅伸吾「弁護士カルテル」)。「文化説」をも統合させる試みは、一見して厳しいようにも思えますが、要はそういう文化を維持させる結果となっているということになります。

 今回の「改革」路線が、「二割司法」を掲げて、司法の機能不全解消を強く打ち出したのは、まさにそれを「利用されない司法」から脱出するための突破口と位置づけようとしたわけで、逆にそのためには、こうした回避傾向がバラバラに存在しているとするわけにはいかなかった、とも言えます。とりわけ、「それが日本人に根付いた文化だから」といった説明は、ある意味、それが等身大の日本人の性向、つまりは「日本人にとって司法の現状は妥当なレベル」(前掲書)とされることだけに、彼らは絶対認められなかった。そのために、ここも「二割司法」がイメージさせた不正解決や泣き寝入りと結び付け、「透明な普遍的なルール」による解決こそ必要であり、むしろ、そうした文化がはびこる社会を望ましくない社会と、頭から位置付けることになったように見えます。

 そして、彼らの突破口とした「機能不全」解消の中心に据えられたのが、結局は、訴訟促進と弁護士激増だったといえます。実際には、仮に「機能不全」を柱にとるとしても、法律扶助の充実を含め、経済的な要素とそれに基づく国民の合理的判断を無視できないはずですが、なぜか基本的に、あるいは結果として審理が時短され、弁護士さえ増えれば、司法が活用されていくような描き方になったとしかいいようがありません。

 さらに、不思議なことは、彼らはこうした「改革」路線の先に現れるかもしれない「訴訟社会」を持ち出されると、今度はそれを抑制するものとして、つまりは、それは日本に決してもたらされない根拠として、今度は前記「文化説」が依拠する日本人の性向の存在を強調して、その到来を否定するようなところがあることです。

 もっとも、いまや「改革」が描いた「二割司法」という、わが国司法の機能不全の描き方そのものが極端だった、ということがいわれています。つまりは、司法を利用させようとする「改革」の狙いは、前記3説を一まとめにして「二割司法」打破を突破口としたことにおいても、弁護士激増がすべてをもたらすと期待したことにおいても、外れてしまったといえます。

 経済的な問題を軽視した点では、それこそ国民が司法におカネする用意を、「改革」がどう見積もっていたのか、弁護士さえ増えれば、本当におカネが投入されるといった皮算用だったのか、さらにいえば、「機能不全」をいうならば、なぜ大量に社会に存在するはずの、無償性の高いニーズへの対応がもっと意識されなかったのか、という疑問が、改めて湧いてきます。ただ、それを含めて、「改革」が軽視したのは、やはり等身大のこの国の国民だったという気がしてならないのです。

あわせて読みたい

「司法制度改革」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    廃棄が9割 ジビエブームの裏側

    BLOGOS編集部

  2. 2

    韓国国民はGSOMIAを理解せず?

    AbemaTIMES

  3. 3

    無銭飲食? 領収書もたぬ安倍首相

    郷原信郎

  4. 4

    沢尻容疑者めぐる陰謀論の疑問

    自由人

  5. 5

    屠畜作業への理不尽な差別の実情

    岸慶太

  6. 6

    おにぎり35個万引きした元公務員

    fujipon

  7. 7

    米韓 米軍駐留費めぐる協議決裂

    ロイター

  8. 8

    前夜祭の会費5000円は妥当な額

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    桜を見る会で国民は退陣を望むか

    橋下徹

  10. 10

    なぜ維新は自衛隊賃上げに反対か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。