記事

「就森」と「森林業界」を確立しよう

画像を見る

「ツリークライミングの指導」という森の仕事を行う人々もいる。

熊本県水俣市にある愛林館の沢畑亨館長は、以前、「就森」という言葉を生み出した。読んで字のごとく、森に就職する、森林に関した仕事に就くという意味である。

これは、年々森に関する興味を持つ人が増えて、職場にすることを望む人が増えていることを実感した中で作られた。

ただ、現状では「森で働く」というと「林業に就く」ことと同義になることが多い。事実、仕事として一定量あるのは、森林組合など林業現場しかないのである。

ところが、実際に林業職に就いたものの、違和感を覚える人も増えている。森と関わりたくて、森が好きで選んだはずなのに、現場の仕事は伐採が主流だからだ。それも、素人目にも荒っぽい、重機を使って森を痛めつけている現場が多い。またノルマがきつく、1日でどれだけの木材を搬出できるかが問われる。製材現場も、どんどん機械化が進んで人が関わる部分が減っている。

森を守りたい、木の息吹を感じる仕事がしたい、という思いとは相反している。そのため、せっかく就いたのに職場を離れる人も少なくなかった。

彼らの求めている「森の仕事」は、植林・育林のような森を育てる仕事だったり、森の魅力を紹介するガイドだったりする。伐採仕事にしても、一本一本ていねいに伐り、伐った木材を大切に使うお手伝いだったりするのだ。

実際、そんな仕事を自ら作り出している人が増えてきた。たとえば木に登って、上から木を伐ったり枝を剪定する特殊伐採(アーボリカルチャー)に挑む林業家が増えている。より木と向き合えるからだという。木を植えつつ、家具などをつくる木工職人もいる。また森の山野草を採取ではなく栽培して販売したり、林内で新たな商品作物を生産する試みも起きている。

森を案内したり森遊びをするツアーを主催する人や、森林環境教育専門のインタープリターとして独立する人もいた。山村の田舎暮らしを教える塾を開いたケースもあった。

既成の業界内にも新たな動きが起きている。これまで砂防だ治山だというと、コンクリートで固めることが多かったが、最近では近自然工法と呼ばれる自然界に則した方法を取り入れる業者や行政も増えてきた。森林公園などの整備や造園でも、森の生態系を活かした景観を考えた作業を指導する人や組織もある。

そんな木材生産だけの林業とは違う、広く森に関する仕事に就く、という意味で「就森」という言葉が作られたのである。

私も賛成だ。森の仕事は、もっと広く捉えるべきではないか。

森林を巡る職業を、狭く考える必要はない。いまだに世間では「森(山)の仕事と言えば林業」という思い込みが強いが、深く静かに森の新しい仕事は広がっている。森林の多面的機能に眼を向けられてすでに長い年月が経つことを考えても、もっと様々な仕事が生まれていい。いや、本来森の仕事とは幅広いものだろう。

もちろん木材生産を否定するわけではない。むしろ、森づくりにつながる伐採を提案しつつ、森に関心のある人々を多く取り込み,森のためになる「業界」を作りたい。いわば「就森」先すべてが「森林業界」である。

それは夢物語だろうか。たしかに仕事としては、まだ確立されていない面もある。十分な収入を得ることも難しいだろう。しかし、旧態依然とした林業界のままでは、仕事の可能性自体を縮めてしまう。幅広く人材を集め、新たなチャンスを作り出していく「業界」になることを期待したい。

※Yahoo!ニュースからの転載

あわせて読みたい

「雇用・労働」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。