記事

TIMEがウェブサイトをリデザイン:テキストメイン&アーティクルファーストなニュースサイト

以前Bloomberg Viewがのウェブサイトがリニューアルしたことについて書きましたが、TIMEもウェブサイトをリデザインしました。

しかしTIMEの新しいウェブサイトは、Bloomberg Viewのようなビジュアルメインのものではありません。ではTIMEはどのような戦略をとっているのでしょうか。今回は、リデザインされたサイトのポイントを見てみたいと思います。

テキストメイン

画像を見る

新しいウェブサイトは、テキストメインなデザイン。といっても、決してごちゃごちゃして見にくいということはありません。またテキストメインでも写真は効果的に使われており、何がトップニュースになっているのかは一目でわかるようになっています。
とても密度が高く文字も多いけど、これは意図的なものです。
と、TIME編集長のEdward Felsenthalさん。

前回、Bloomberg Viewのようなグリッド型のデザインは、ヘッドラインにざっと目を通して必要なものを探すことには向いていないと書きましたが、TIMEのようなデザインではその心配はなさそうですね。

アーティクルファーストデザイン

画像を見る

おもしろいと思ったのは、記事ページのデザインです。

ページ左のカラムには「LATEST」「POPULAR」「VIDEOS」が常に表示されていて、スクロールして記事を読み終わると自動で次の記事に移っていきます。ニュースはジャンル混合で大事なものだけが並び、読者に求められる操作はスクロールだけ。Quartzのようなタイムライン型の、あるいはアーティクルファーストなデザインと言えそうです。

画像を見る

画像を見る▲上がリデザイン前、下がリデザイン後。従来のトピック別のインデックスはなくなり、トピックを選びたいときは左上のハンバーガーボタンを押すとインデックスが現れる。

Bloomberg Viewのようなグリッド型のサイトとはアプローチが異なりますが、TIMEのサイトもまた、ニュースを読んでもらうための優れたデザインだと思いました。ニュースをより良く読んでもらうためにはデザインも大事だと思うので、今後もたくさんのメディアがデザインの実験を続けていってほしいと思います。

(via Poynter.

あわせて読みたい

「TIME」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。