記事

現代の錬金術ビットコイン

流行の追随をしているようで申し訳ないものの、ビットコインについて一言書いておかないといけないと思い、ブログしておく。表題のとおり、錬金術だと思うし、結局は金を作り出せなかった。

ビットコインはコンピュータによって作り出された(計算された)「物」である。計算の結果だから、現物が目に見えるわけでない。また、計算の結果として、数量に限界があるとされる。この意味で「金」に近いと評価されている。「でも」である。

ビットコインはコンピュータが生み出したものだから、ネット上で簡単に所有権を移転できる。だから、決済に使える点が最大のメリットとされる。この意味で通貨とも思える。

一方、通常の通貨が有している「価値の表象」、つまり「この品物は何円と表現できる」機能と、「価値の保全」、つまり「錆びず、腐らず、1年後でも、10年後でも、いつでも使える」機能はどうなのか。

前者の機能は考えようだろう。金と同様、誰もがビットコインを信頼すれば、物々交換をせずに、すべての商品を、ビットコインの受け渡しだけで手に入れることが可能となる。

後者は、まさに現在、報道されているように「真似されてしまう」「簡単に盗まれる」のであれば、それは「腐った」のと同じである。コンピュータの技術は日進月歩であり、そもそも人間が作ったものだから、他の人間がその技術を真似、さらに上回ることは十分に想定される。暗号が解読されるのと同じであり、その暗号の安全性をいかに担保するのか喧しいことを思い出せば、ビットコインがあっと言う間に腐るのは至極当然だろう。

そして、腐るのであれば信頼性に乏しい。信頼性に乏しいのであれば、それを商品の入手に用いることが難しくなる。というのも、ビットコインを受け取ってくれる相手が誰もいなくなるのだから。

そもそも「金」が通貨だった歴史も不思議ではある。ニワトリと一緒で、人間も光るものが好きだったから、金が珍重されたのかもしれないと思っている。しかし、金がビットコインと違うのは、「錆びない」「腐らない」ことである。しかも、金はそれ以外にも物(金属)としてすぐれた特性を有している。まあ「珍重されるのもしぁあないか」と思う。

これに対して、ビットコインは金にはるかに及ばない。そもそも「珍重された」のは、決済性は付け足しであって、本当は価格が高騰したからではないのか。上がるから買う、買うから上がるの状態になった。これこそ典型的なビットコインバブル、ビビット恋バブルである。熱の覚めるのも早い。

あわせて読みたい

「ビットコイン」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  2. 2

    橋下徹氏 毎日新聞は訂正すべき

    橋下徹

  3. 3

    岡村隆史の結婚でNHKは一安心?

    渡邉裕二

  4. 4

    わかりやすさ求めるメディアの罪

    村上 隆則

  5. 5

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  6. 6

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  7. 7

    菅首相の社会像「腹立たしい」

    畠山和也

  8. 8

    陽性者数報道がコロナ拡大抑制か

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    強TO!急ZO! 日経の韻が巧MYO!!

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    高齢者の命守る のどちんこ鍛錬

    毒蝮三太夫

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。