記事

ESSAY:The Economistによるイマーシブ・ジャーナリズム

画像を見る

The Economistが、「ESSAY」という新たなシリーズを始めました。

フルスクリーンでシンプルなデザイン、インタラクティブ&マルチメディアを駆使した、”イマーシブ”なストーリーテリングを行っています(ぜひ実際に見てみてください)。シリーズ最初のテーマは、”Democracy”。今後は年に8つのストーリーをつくっていくとのこと。

画像を見る▲インタラクティブ&マルチメディアを駆使したストーリーテリング

画像を見る▲右側にスクロールする広告も入り、ビジネス面での戦略も見られます

最初に書いたイマーシブ(immersive)とは「没入型の」という意味。読者が現場にいるかのような体験ができることを指す言葉です。

NYTの「Snow Fall」、the guardianの「Firestorm」、以前紹介した朝日新聞の「Last Dance」など、ウェブでしかできない表現方法を駆使したイマーシブ・ジャーナリズムの事例は増えているように思います。ジャーナリズムの表現が進化しているのは良いことですね。

記事をつくるというよりは、アプリをつくっているみたいです。

と語るのは、The Economistのデジタルエディター・Tom Standageさん。その理由は、この「ESSAY」がライターだけでなく、デザイナー、マルチメディア、インタラクティブ、UXをそれぞれ担当するメンバーによるチームでつくられているから。今後も週に一度のミーティングをしながらシリーズをつくっていくといいます。

このような洗練されたコンテンツをつくるのに、ライターが、デザイナーやエンジニアと協力していく必要性はより一層増していきそうです。ジャーナリズムの表現を進化させていくためにも、さまざまな人がコミュニケーションできるニュースルームが求められていくのではないかと思いました。

(via journalism.co.uk

あわせて読みたい

「ウェブメディア」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    高額ギャラ原因?芸能界リストラ

    渡邉裕二

  2. 2

    独身でいる理由 男女の5割で共通

    ニッセイ基礎研究所

  3. 3

    コロナより政局に熱心な小池知事

    石戸 諭

  4. 4

    コロナ春に収束向かう? 医師予想

    シェアーズカフェ・オンライン

  5. 5

    詐欺横行の英国でワクチン接種へ

    小林恭子

  6. 6

    ラブリから性被害 女性が告発

    文春オンライン

  7. 7

    歌舞伎町 6万円もらい隠れ営業も

    國友公司

  8. 8

    二階氏に「引退して」と批判殺到

    女性自身

  9. 9

    理にかなった皇居の関西移転論

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  10. 10

    電通本社ビル売却検討 何が衝撃?

    かさこ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。