記事

『失踪日記2 アル中病棟』を語る - 吾妻ひでお×とり・みき

1/3
マンガ家・吾妻ひでお氏が突然の失踪──その衝撃的な事実は自身により
『失踪日記』としてまとめられ、大きな反響を呼び、数々の賞を総ナメにしました。
そこから執筆すること8年めにして、ついに続編『失踪日記2 アル中病棟』が完成。
前著では触れられなかった、アルコール依存症で入院した日々が赤裸々に描かれています。
そして刊行に際し著者吾妻ひでお氏と、マンガ家のとり・みき氏との対談が行われました。
今回はマトグロッソ用に、ネタバレ無しのショートバージョンを掲載します
(完全版は『失踪日記2 アル中病棟』をご覧ください)。

『失踪日記』から8年

画像を見る

とり まず、おつかれさまでした。本当に。

吾妻 こちらこそ。背景を手伝っていただきまして(笑)。

とり いえいえ、わずかなページで(※藤井ひろし氏他アシスタント勢に加わり、とり氏も数ページ背景を手掛けている)。

吾妻 でも背景だけでもとりさんの味が出てるんで、どのページをやったか読者は一発でわかると思いますよ。独特の、粘っこいペンタッチがあるね。どうやって描いてるのか知らないけど。

とり 細かいところはミリペン、タッチが付いてるのは筆ペンですね......いや、そんなことより(笑)。完成原稿を通して読ませていただいて、非常に感銘を受けました。

吾妻 ありがとうございます。

とり 大作ですよね。350ページ近いですから。

吾妻 描き下ろしで、締め切りも枚数制限も無かったから。

とり トータルでどれくらい掛かったんですか?

吾妻 えー......っと何年掛かったかなあ。『失踪日記』が出て、わりとすぐに始めたから......10年くらい?

とり 『失踪日記』が2005年の3月ですね。ということは8年。もちろんこの間に他の本もいろいろ出されてましたけど。

吾妻 途中で「これ、終わらないんじゃないかなあ」って思ってた(笑)。

とり 途中途中での締め切りも設定されてなかったんですか?

吾妻 一応毎月1回担当のKさんに来てもらって、上がった分だけ見せるっていうのはやってました。

とり ネーム段階でも見せていたんですね。

吾妻 そうそう。最初「暗い」っていうダメ出しが出て。確かに虚無感が漂ってた。

とり 十分漂ってますけどね、まだ(笑)。

吾妻 それから反省して大分明るくしたんですよ。その時ちょっと鬱状態だったんで(笑)。できるだけ明るい感じで、笑えるようにしたいと思って。

画像を見る

ギャグマンガ家は性格悪い

とり 出てくる人はみんな仮名ですよね?

吾妻 仮名です。一応個人が特定されないように。

とり これだけ大勢のキャラクターが出てくる群集劇で、なおかつそれぞれ顔を描き分けるっていうのは簡単なことじゃない。自分も描き手だからわかりますが、シンプルな線で個性を持たせるのは、実は非常に難易度が高くて。どうしてもパターン化してしまいますから。

吾妻 それは実際に、濃いキャラクターばかりだったから(笑)。

とり 嫌なキャラクターも出てくるわけですが、ずっと読んでると、最後には親しみが湧いてくる。吾妻さんが多少突き放した視線で描いてるからっていうのもあるんでしょうけど、人間の仕方なさっていうのが伝わってきて、逆にそれは憎めない部分ですし。

吾妻 おれも描いていて、「自分は本当に性格悪いなあ」って思ったよ(笑)。

とり ギャグマンガ家は性格悪いものですから(笑)。

吾妻 大体ひねくれてるからね。「こいつネタにしてやろう」って、必ずそういう目で見てる。

画像を見る

とり 引いて見てますからね。でも看護師さんはみなさんかわいくて。

吾妻 看護師さんはほんと気を遣って描きましたから。今後もお世話になるかもしれないし(笑)。

とり 女性は押しなべてかわいく描かれていて、それが読者としては救いです。

吾妻 描いてるほうとしても、おっさんばっかりだと潤いが無いから(笑)。

とり 鬱の象徴のキャラクターもかわいい。

吾妻 元はあれ、つげ義春さんの『夜が掴む』の感じで。

とり あれのギャグバージョンなんだ。ぬいぐるみになりそうですよね。うつぐるみ。

吾妻 いいねえそれ(笑)。

画像を見る

とり 多少気を遣われるところもあるでしょうけど、ご自身のことも含めて、いいことも悪いことも等価に描かれているのは非常によかったです。漫画に対する信頼性も増して。赤裸々なんですけど、露悪的ではないんですよね。

吾妻 基本、みんな性格悪いから。誰かがスリップ(飲酒)すると、大喜びする。「やったー!」って(笑)。「これで退院が1ヵ月延びたな」みたいな。

とり (笑)

吾妻 まあ、やっぱり本当に描けないこともいくつかあって。でもそれはマンガの面白さと関係ないところだからね。

画像を見る

あわせて読みたい

「アルコール依存症」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。