記事

総務省は過熱する不毛なMNP戦争を止めさせられない?

スマートフォンの縛りの期間が過ぎたために、機種変更をしても良いタイミングとなったのですが、他社からの乗り換えキャンペーンのすさまじさには驚かされます。「家族3人なら最大24万円還元」とか「8万円キャッシュバック」などの手書きポスターなどが取扱店に大々的に貼られ、まるで戦国時代さながらです。仕掛けたら倍返しという意気込みも結局は横一線にならんでしまっています。MNPでの顧客争奪に偏った、結局はゼロサムの不毛な戦争に見えてしまいます。しかし、やめられないのでしょうね。「顧客を奪う」のはコストがかかります。各社とも「顧客防衛」も必要なわけで、日経の記事によれば、「携帯大手3社が値引きに1兆円規模の巨費を投じているのは確かだ」そうです。
スマホ値引き、年1兆円 3社が乗り換え客争奪戦:日本経済新聞

その原資は、結局は現在のユーザーの利用料金から捻出することになります。とうぜん日本のスマートフォン利用料金は割高になってしまうことになります。携帯なら利用料金は非常に安く、しかしスマートフォンは高いというのでは、スマートフォンの普及が海外に比べて遅れるのも道理です。

総務省が利用料金の購買力平価と為替レートで国際比較をやっていますが、いずれで見ても、デュッセルドルフ、ニューヨークに続いて東京が高く、スマートフォンの普及率の高いソウルは大きな違いがでてきています。

■スマートフォン一般ユーザーの利用料金(為替レート比較)リンク先を見る
■フィーチャーフォン利用料金(携帯 3G音声のみの利用:為替レート比較)
リンク先を見る


総務省|電気通信サービスに係る内外価格差調査

これは政策のミスといわざるをえません。そもそもがMNPの制度導入は利用料金を下げることが目的であったはずでした。しかし今や、MNPが不毛な競争を引き起こし、利用料金の高止まりにつながってしまっています。

今のままでは、2年ごとにキャリアを変えるユーザーが増えるだけで市場の広がりにはつながってきません。健全な日本の成長戦略を考えれば、日本では誰もがもっとも優れた通信環境を安価で利用できるようにし、利用者を広げることが、ICT市場の基盤が豊かになってきます。市場が広上げれば、そこに多くの関連産業の参入増え、ビジネスも活性化してきます。その好循環をつくることが政策の肝のはずです。

総務省はこういった不毛な競争を止めさせることができないのでしょうか。いや知恵を絞ればできるはずです。

あわせて読みたい

「スマートフォン」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    蓮舫議員が炎上 選手応援と五輪運営批判は両立すれど行き過ぎれば非難殺到もまた当然

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月25日 21:53

  2. 2

    ファクターX 新型コロナワクチン副反応が日本で少し強いのはこのため? 日本のファクトを!

    中村ゆきつぐ

    07月25日 10:34

  3. 3

    中田敦彦氏、出版社抜きで電子書籍Kindle出版!著者印税は7倍に!出版社スルー時代の契機になる

    かさこ

    07月25日 08:41

  4. 4

    五輪開会式でNHKアナが台湾として紹介したことに波紋 中国国政メディアは抗議せず

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    07月25日 14:40

  5. 5

    大坂なおみの聖火最終点火に感じた「逆方向の政治的なバイアス」

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    07月25日 08:28

  6. 6

    現職の横浜市長が任期途中に急きょIR誘致を表明 反対する3つの理由

    松沢しげふみ | 参議院議員(神奈川県選挙区)MATSUZAWA Shigefumi

    07月25日 19:48

  7. 7

    新入社員の不自然な3連続「忌引」 相次ぐ親戚の“危篤”に職場困惑

    キャリコネニュース

    07月25日 14:06

  8. 8

    東京都心部の不動産を物色する中国人 入国できなくてもリモート投資を続けるワケ

    NEWSポストセブン

    07月25日 09:04

  9. 9

    五輪応援?五輪反対?も五輪五輪ってうぜえんだよ!っていう五輪無関心派がいること忘れずに

    かさこ

    07月25日 21:12

  10. 10

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。