記事

「ドワンゴ就職受験料、厚労省が中止求め行政指導」に思うこと

出来れば本当に自分の会社に勤めたいと考えている人に応募して欲しいと経営者なら誰もが考えているでしょう。求人応募への対応で何が一番凹むかというと、応募があっても連絡が取れない、面接に来ないなどすっぽかし系。

自分もそうですが似た経験をされている経営者の方多いのではと思います。ですので、こんな経験をした立場としては、ドワンゴ社の就職受験料の考え方に自分は賛同していました。

それなりの時間が経過してこの話題を見聞きする回数は減っていましたが、Yahoo!見ていたらこんな見出しが…

職安法は「いかなる名義でも報酬を受けてはならない」と規定しているからだそうです。

法律がそう規定されているから運用側としては致し方ないのかもしれませんが、そもそものスタート地点と考えていることが違うだけにこの指導についてズレを感じます。

戦前の工場法を継承した労働基準法と高度情報化された現在との働き方のミスマッチ、昭和30年の重過失を判例としてIT関係の紛争調停が行われている現状など、どうも時代錯誤を感じることが多い最近の日本。

お役人は決められたことをやるのが仕事と言われれば確かにそうでしょう。という事は現代に即した形に変革していくことをやはり私たちが選挙を通じて選んだ人にやってもらうよう民主主義の手続きを活用して実現させることを真剣に考える必要性を考えた、日曜の昼でした。

あわせて読みたい

「ドワンゴ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「首席なの」小池氏との会話回顧

    舛添要一

  2. 2

    GoTo中止 国民の声気にする政府

    早川忠孝

  3. 3

    王様状態? 麻生氏民度発言の背景

    NEWSポストセブン

  4. 4

    「国から直接給付金」望ましいか

    Chikirin

  5. 5

    小池知事 カギは卒業証書の現物

    郷原信郎

  6. 6

    拉致問題の解決逃した外交に後悔

    鈴木宗男

  7. 7

    久米宏の悪ノリ発言引き出す話芸

    常見陽平

  8. 8

    久米宏ラジオ終了 ネット注力か

    女性自身

  9. 9

    拉致被害者の救出には改憲が必要

    自由人

  10. 10

    楽天「1円スマホ」は本当に買い?

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。