記事

細川護煕氏の応援団はどこに行ったのか

根性なし、と書いて思い出した。

都知事選挙に立候補した細川氏の声がさっぱり聞こえない。
どうやら細川氏は日本新党の当時の幻影に惑わされたようだ。

国民の圧倒的な人気があった細川・小泉の二人の元総理が手を握れば大変なブームが起きると勘違いしたようだ。
当選することが目標ではない、今の政治に異議を述べるために都知事選挙に立候補するのだ、と大見得を切っておきながら都知事選挙が終わったら鳴かず飛ばず、ということだから、あの記者会見は何だったのか、ということになる。

やると言ったら矢継ぎ早にやるべきだ。
息も吐かせず次から次へと手を繰り出してこそ、最初から勝てないと分かっていた戦いを最後まで戦い抜いた意義がある。

まあ、大人しい人だということは昔から分かっていたが、もうこんなに大人しくなっていたのではその気になって応援した人たちが気の毒だ。
応援団の人たちも実に大人しい。

一旦口に出した以上は、最後まで頑張るべきだ。
中途半端な人では、この国は任せられない。

もっとも、どこを見てもそういう人しかいないから困ったものだ。
まあ、私も例外ではないが。

あわせて読みたい

「細川護熙」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  2. 2

    見直し当然?野党ヒアリング紛糾

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    「官邸TV監視」赤旗スクープ称賛

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    社民党分裂 背景に立民の左傾化

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  6. 6

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  7. 7

    小沢一郎氏は共産党の用心棒役か

    赤松正雄

  8. 8

    倉持由香 初の裸エプロンに感激

    倉持由香

  9. 9

    安倍前首相の嫉妬が菅首相脅威に

    文春オンライン

  10. 10

    岡村隆史が結婚「素敵な方です」

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。