記事

一般化した「おめでた婚」、急増する「マルニ婚」は少子化打開の鍵?──永田夏来(社会学者)×伊藤綾(『ゼクシィ』編集長)

1/3
画像を見る国立大学法人兵庫教育大学大学院助教の永田夏来先生(左)と『ゼクシィ』の伊藤綾編集長(右)は、共に73年生まれの団塊ジュニア世代

「おめでた婚」のカップルは追加出産意欲が高い――。そんな結果が2013年経済社会総合研究所(内閣府)の 「少子化と夫婦の生活環境に関する意識調査」で明らかになった。

結婚と出産を巡る価値観は、どのように変化してきたのか?「おめでた婚」「ダブルハッピーウエディング」などポジティブな言葉を発信し、カップルをサポートしている結婚情報誌『ゼクシィ』の伊藤綾編集長と、若者の結婚観、家族観について家族社会学の視点から調査研究している兵庫教育大学大学院助教の永田夏来先生が語り合った。

ここ10年で一般化した「おめでた婚」

画像を見る
私は若者を対象に家族研究をやっています。そこで感じるのは、世のカップルの多くは、結婚の進め方を『ゼクシィ』で勉強しているのだなということです。

画像を見る
それは編集者として責任重大ですね。

画像を見る
『ゼクシィ』の知名度と影響は強いです。世の中の女子にとって、「かけがえのない相手と永遠の愛を誓う」という「結婚」は他のことでは代替できない“ビッグドリーム”で、「いつか実現させなきゃ」という強いあこがれがあります。そのシンボルの一つが『ゼクシィ』なんでしょうね。私としてはなんとかしてそれを“いろんな形のドリーム”に持っていきたいなという気持ちがあります。

画像を見る
結婚観が時代とともに変わってきているんですよね。今、カップルは「良い旦那さんを見つけて寿退社」という時代ではなくなっていると分かっていますし、皆が同じような人生を歩むわけではないんですね。

結婚という夢を叶えた後も「結婚できてよかったけれど、どうなったら幸せといえるのか」とか「この人でよかったけど子供はどうするのか」など、いろんな不安が出てきます。結婚は“大海に小舟でこぎ出す”感覚なのかもしれません。

画像を見る伊藤編集長は仕事と育児を両立する双子の母でもある

画像を見る
そこで、結婚のあり方のダイバーシティについて伺いたいと思います。ゼクシィでは大きく「おめでた婚」を取り上げていますが、やはりニーズがあるからですか?

画像を見る
そうです。「おめでた婚」ではまず、「どうやって結婚の報告をするか」という悩みが出てきます。続いて「結婚式をできるかできないか」「できるとしたら最適な時期はいつか」「結婚準備をいかにストレスなくやるか」「お腹に合わせたドレスの選び方は?」などの問題もあります。こういった問題を解決したいというニーズがあると思っています。

画像を見る
「おめでた婚」という言葉が使われるようになって、どのくらいでしょうか?

画像を見る
一般化したのはこの10年くらいですね。

画像を見る
私がこれまでおこなってきた調査でも、 10年くらい前は「結婚前の妊娠は親に言いづらい」という答えが多かったです。しかし最近は、「親もおめでた婚だから言いづらくはない」という回答もみられるようになってきました。そういう時間の経過も、「おめでた婚」のメジャー化を後押しする背景のひとつにある感じですね。

結婚式は家族のスタート!

画像を見る
結婚式に求めるものが変わってきているという背景もあります。少なくとも80〜90年代の結婚式は“披露宴”であり、式の意義は“両家の結婚を披露する”ことだったわけです。

それが2000年代、細かく言うと2008年くらいから、結婚式の意義は「ありがとう」という感謝や「これからよろしくね」という今後に向けた気持ちを伝えることに変わってきました。結婚式は「大変な時代に、皆と一緒にここまでこられたことが嬉しい。これからも皆と一緒に生きていきます。どうぞよろしく」と絆を結び直す場であり、コミュニティーをつなぐ場になっています。

画像を見る
確かに。

画像を見る
つまり、カップルの方々にとっては結婚式が恋愛のゴールではなく家族のスタートなんですよね。だから「私たちは新しい命を授かりました。今後もよろしく」と気持ちを伝え合うのが、非常に合致するわけです。「それはよかった!こちらこそこれからよろしく」となるので、順番が違う、といった空気もほとんど感じられないのが今の結婚式ですね。

画像を見る結婚前の妊娠による第一子の出生割合は、1980年(昭和55年)に10.6%だったが2004年(平成16年)には26.7%まで上昇。その後は、25%程度で横ばいが続いている。

あわせて読みたい

「結婚」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    毎日の誤報「公正」は口だけか

    青山まさゆき

  2. 2

    NHK「しれっと」報道訂正に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    タクシーのマスク強制が嫌なワケ

    永江一石

  4. 4

    トランプ氏の側近3人 暗躍失敗か

    WEDGE Infinity

  5. 5

    JALの旅行前検査 医師が「ムダ」

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    タワマン強盗の恐怖を被害者激白

    NEWSポストセブン

  7. 7

    橋下徹氏 毎日新聞は訂正すべき

    橋下徹

  8. 8

    田代まさし闘病で収監延期の現在

    SmartFLASH

  9. 9

    鬼滅旋風で頭抱える映画配給会社

    文春オンライン

  10. 10

    都構想リーク記事に陰謀の匂い

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。