記事

民主党は派遣を規制して何かいいことあったんだっけ?

リンク先を見る

最近すっかり名前を聞かなくなった民主党が国会で面白いことをやっている。なんでも、安倍政権の進める労働者派遣法改正を「派遣労働をさらに拡大するものだ」と批判しているらしい。

なるほど、確かに民主党は派遣の規制を強化した輝かしい実績がある。ただ、その結果何が起きたかというと、確かに派遣労働者は激減したけどもっと不安定なパートや契約社員が増えただけだった。正社員は相変わらず絶賛減少中である。それで誰か幸せになったんだっけ?
(図はH24就業構造基本調査より)

ついでに言うと、昨年、厚労省の労働政策審議会の委員自身が「規制すれば無期雇用が増えるというのは机上の空論だった」と認め、同じく厚労省の「今後の労働者派遣制度の在り方に関する研究会」は「パートや契約社員を中心に非正規雇用労働者は増加を続けており、派遣労働だけ規制しても意味が無い」という白旗もあげている。

安倍政権は3年ごとに派遣労働者がいろんな職場をぐるぐる回る3年ルールを残しているし、正社員との格差是正についてはスルーなので100点ではないけれども、それでも派遣規制でパートを増やしただけで、しかも無反省で対案も無いまま他人の批判ばっかりしている民主党よりは100倍マシだろう。

さらに言えば、この民主のシンポに出ている「2012年に24年間働いていた職場を切られた」という女性って、民主党のおバカ規制強化のせいでクビになった可能性もあるんじゃないの?だとしたら、民主党の失政のせいで失業した被害者をだしに使って政権批判させるという凄いオチである。従業員食わせて税金納めてる民間企業に“ブラック企業”だのなんだの言う前に、税金にたかってこんなことやってる民主党こそ“ブラック政党”じゃないか。

それにしても、これだけダメ出しされても一向に反省するそぶりの見えない政党というのも珍しい。むしろ野党になって安心して(対案ださなくてOKだから)心おきなくいちゃもん付けに専念しているように見える。

こうなったらいっそのこと“連合党”あたりに改名してはどうか。どうせ“民主”って付いてたらもう誰も投票なんてしないんだし、連合の靴を舐めるくらいの忠勤ぶりを示せばかつての社会党みたく労組ロビー団体として野党第二党くらいには食い込めるんじゃないか。



あわせて読みたい

「派遣切り」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    朝日新聞が月ぎめ4400円に 27年ぶりの購読料値上げは吉と出るか、凶と出るか 

    木村正人

    06月15日 18:26

  2. 2

    選手間の感染だけでなく熱中症の死亡リスクも 東京五輪は綱渡り状態

    諌山裕

    06月15日 11:52

  3. 3

    「外食産業の真実爆弾」ウハウハのマクドナルド、崖っぷちワタミの"笑えない格差"はどこでついたか

    PRESIDENT Online

    06月15日 13:40

  4. 4

    2021年のガンダムの見せ方、それとテロリズム──『閃光のハサウェイ』

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

    06月15日 08:36

  5. 5

    五輪強行開催 コーツが来たりて大量虐殺の笛を吹く

    田中龍作

    06月15日 08:39

  6. 6

    ワクチン接種は医療者として当然必要な条件 個人の自由を制限するのはダメなのか

    中村ゆきつぐ

    06月15日 08:23

  7. 7

    内閣不信任案提出はいいが、趣旨説明の時間が無制限というルールは止めた方がいいな

    早川忠孝

    06月15日 16:04

  8. 8

    二階俊博氏、コロナ対策で失策の指摘に「これ以上やりようありますか?」と逆質問

    ABEMA TIMES

    06月15日 19:26

  9. 9

    田中みな実、長澤まさみ問題で考える マネージャーの劣化か時代の変化か

    NEWSポストセブン

    06月15日 08:58

  10. 10

    数字の水増しが常態化? 小池知事が招いた都庁の緊急事態

    文春オンライン

    06月15日 10:31

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。