記事

「死ぬ気で世の中変えようぜ」:スマホアプリで教育を変える「アオイゼミ」代表・石井貴基氏

1/2

ブランドコンテンツ「イケハヤが訊く!」の企画として「アオイゼミ」を展開する株式会社葵にお邪魔しました。本気で日本の教育を変えようとする熱き魂に触れることができる記事となっています。ぜひご一読あれ。

スマホを使って無料で塾の講義に参加できる

画像を見る

イケダ:本日はお時間いただきありがとうございます。アオイゼミさんって、あんまりメディアにカバーされていない印象があるので、これは貴重な機会になりそうです。

石井:いやー、スタートアップ界隈でまったく知名度ないんですよね。うちは会社名も漢字じゃないですか。『元々学習塾をやっている会社がオンライン配信を始めた』っていう印象を与えてしまってるのかな、というのもありますね。

イケダ:「アオイゼミ」は完全にオンライン専業の塾ということですよね。

石井:えぇ。ライブ配信のインタラクティブな授業を、中学生向けに展開しています。月から金で授業をリアルタイムに配信していて、アプリで視聴・参加できる仕組みになっています。閲覧は無料です。すでに2,000本以上の動画コンテンツがあるので、その点も強みですね。

画像を見る
(アオイゼミのライブ配信画面)

イケダ:おぉ、これって無料で見れてしまうんですか。

石井:リアルタイムの授業は無料で、録画コンテンツやテキストの利用、学習履歴などの機能を利用する場合は課金プランを用意しています。

イケダ:リアルは無料で録画は有料というのは、「スクー(schoo)」と似ていますね。

石井:そうですね。やはりライブというのは強みがあって、受講生はニコ生のようにリアルタイムでコメントを送ることができます。授業を視聴している生徒から「先生、そこわからない」なんてメッセージが来ると、授業を行っている講師や他のスタッフがそのコメントに対し解説をします。生徒たちの反応がすぐに解るので、解らないという声をすぐに解決できます。あとは、こちらからたまに生徒を指名して問題を解かせたりもします。

イケダ:すごい、スマホ越しですがかなりインタラクティブなんですね。

石井:リアルな学習塾よりも、生徒たちの本音が聞けるので、そういった意味でもインタラクティブです。

あと見えてきて面白いのは、中3の生徒が中1、中2の授業を見ていたりすることもあります。復習をしているんでしょうね。既存の学習塾ってそういうニーズは汲み取れてないですね。集団授業になると、どうしても「中2は中2の授業」となってしまいます。ここもオンライン授業の強みでしょう。

少数ですが、在日外国人の方なんかも利用していますね。たとえば朝鮮学校、中華学校、インターナショナルスクールなどは、文科省のカリキュラムを学ぶわけじゃないので、必要に応じて「アオイゼミ」を使って勉強していたり。

イケダ:オンライン学習によって見えなかったニーズが見えてきた、というのは非常に面白い話です。成績への影響も見えてきているんですよね。

石井:2012年度は第一志望の合格率が83.6%となっています。余談ですが、一般的にはこの「合格率」って「第一志望と第二志望の合格率」なんですよ。うちがそれやると100%になってしまい逆に怪しいので、「第一志望」に限定した数字にしています(笑)

UIにもこだわっていて、中学生ってある意味で、究極の「情弱」なんです。インターネットへのリテラシーも低いですから、とにかく彼ら目線でUIを設計しなければなりません。何かあったらアプリのレビューでも「使い方がわかりません、星一つ!」みたいになるので、かなり気をつけてますね。セキュリティ面でも同様で、投稿内容は随時チェックしています。中学生が安心・安全に使えるようなサービスじゃないといけませんね。

(イケダ後日談:App Storeのレビューもかなりいいですね。以下、レビューのコメントより)

塾も家庭教師もなかなかしっくりこない(合わない)娘にはアオイゼミがあっていたようです。

分からなかったところを見直して現時点の内容に戻ってくると分かるみたい。学校の授業の様にノート取りながらやってます。完璧に出来てるお子様なら塾は先に進むし良いと思いますが、出遅れたり分からなくてついていけなくなったお子様ならこれはとてもいいツールだと思います。

スマホ見放題でも900円で塾や家庭教師よりはるかに安いです。今1年生ですが、塾や家庭教師は3年くらいからでいいかなと思ってしまいました。コストもだいぶ助かっています。

リンク先を見る中学生で習う勉強を動画で学べて、無料でライブ授業を学習できる「スマホ学習塾アオイゼミ」
無料(2014.02.23時点)
Aoi.co
posted with ポチレバ

ベンチャーキャピタルって何?という段階からの起業

画像を見る

イケダ:石井さんは塾講師の経験があったわけではない、と伺っています。そもそもなぜ、アオイゼミをつくったのでしょうか。

石井:キャリア的にいうと、新卒でリクルートに入って、そのあとソニー生命で営業をしていました。ソニー生命は良い会社でして、単純に生命保険を販売しているだけではなく、その人の生活ベースで保証を残さないといけない、という話をしっかりしていました。お客様のためにある種の家計コンサルティングを行っていたわけです。

仕事のなかで色々な方の家計を見ていると、やはり教育費が高いんですよね。ぼくは北海道に配属されて、そこで営業していたんですけど、地方の家計においては学習塾の負担がめちゃくちゃ高いんです。

ほかのものは効率化されて値段が下がっているのに、学習塾はそうじゃない。でも今なら動画とかもあるし、ライブストリーミングで授業やれば安くできるんじゃないか、と思い立って上京し、起業しました。

…ただ、起業を思い立ったはいいけれど、プログラミングもわからないし、ベンチャーキャピタルってそもそも何だろう、という状況でした。

イケダ:それはすごい!

石井:東京に来るのも初めてで、アオイゼミが中野に拠点を構えているのも、大学の友達が新中野に引っ越したというので、とりあえず近くに住んでみることにしたんです(笑)。で、東京に来て色々と話を聞くと、スタートアップ?というのは渋谷がやっぱり中心らしいぞ、と気付きました(笑)。

イケダ:向こう見ずですねぇ(笑) すばらしい!

石井:ほんと、何も知らなかったんですよ。システムも最初は外注だったんですが、やっぱりそれじゃいまいちうまく行かず、周りの人に「プログラミングできる人いない?」と声をかけて人づてでエンジニアを集めて…2012年3月に会社を創って、同年6月になんとかサービスをリリースしました。スマホアプリのリリースが2013年の8月ですね。

(イケダ後日談:紹介し忘れていましたが「アオイゼミ」はKDDIのインキュベーションプログラム「KDDI ∞ Labo」にも採択されています。ベンチャーキャピタルが何かわからなかったけれど、昨年末には総額4,000万円の調達も実施しています)

イケダ:思い切りが良い気がしますが、その秘訣はなんなんでしょう?

石井:この間でKDDIの「∞ Labo(ムゲンラボ)」のDemoDayで「起業家を増やすにはどうすればいいか」みたいなみたいな話があったんですが、結局は覚悟を決めて生きる、ってことしかないんじゃないかと思うんですよ。最悪の状況を考えて、それを許容できるかどうかとか、死んでもやりたい何かがあるとか。

個人的には、最低限の生活というのはホリエモンみたいに最悪刑務所でもいいな、と思っていたんですよ。刑務所ライフいいじゃん、と。ご飯も食べれて、本とか読めるし。入りたくはないですけど(笑)

でも自分の生活レベルの最低限度をそこに置けば、起業のリスクとか怖くないんですよね。会社をつくったのが27歳とかだったので、まぁどうせ乗るかそるかは1〜2年でわかるだろうと。最悪会社が全然だめだったとしても、また営業の仕事をすればいいし、そしたら月給20万で働けるわけじゃないですか。それで十分生活できる。だったらチャレンジしないと損だ、ということで起業しました。

イケダ:で、渋谷ではなく中野に来てしまった、と(笑)

石井:はい(笑)でも中野っていいんですよ、ここオフィスの下に西友ありますし、あとでご案内しますが、「中野ブロードウェイ」は超楽しいですよ。

(イケダ後日談:中野ブロードウェイ、ヤバかったです。大興奮。秋葉原とはまた違う、レトロで濃密なオタク空間が広がっていました。また別途写真レポートを掲載予定です。)

イケダ:というか、今はこのオフィスで生活しているんですね。

石井:シェアハウス兼オフィスです。寝室には二段ベッドがあって、役員の男三人で生活してます。自分ともう1人の役員が高校時代に寮生活だったこともあって、もともと幸せの基準が低いのかもしれません(笑)

イケダ:幸せのラインを下げるのは、超重要です。

石井:それですよね。最低ラインとかリスクとかを突き詰めたら、会社つくるのは怖くなくなります。

画像を見る
(中野ブロードウェイの古本屋。古本ってレベルじゃない!)

画像を見る
(セル画とか売ってます。マニア垂涎かと。)

あわせて読みたい

「教育」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  2. 2

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  3. 3

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  4. 4

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  5. 5

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  7. 7

    誤報も主張曲げぬ毎日新聞に呆れ

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    橋下氏 毎日新聞のご飯論法指摘

    橋下徹

  9. 9

    進次郎氏の発言に専門家「軽率」

    女性自身

  10. 10

    都構想反対派が自壊 主張に疑問

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。