記事

ベネズエラ経済、アメリカのシェール革命で大打撃

1/2
ベネズエラで大規模なデモが起こっています。市民はインフレモノ不足を引き起こしたマドゥロ政権に対し抗議するために街頭に繰り出しています。

マドゥロ大統領は去年3月に癌で他界した故チャベス前大統領の後を継いで大統領に就任しました。彼はチャベスの敷いた路線を継承し、ばらまき政治を続けていますが、ベネズエラ経済をめぐる基本的経済要件(ファンダメンタルズ)がここへきて大きく変わってきており、それが経済低迷に追い打ちをかけています。

その変化とはアメリカにおけるシェール革命です。

いまアメリカではシェールガス、シェールオイルの生産が活発化しており、その関係で国内でどんどん石油が採れるようになっています。

リンク先を見る

これに対し故チャベス大統領は反米的な態度を取り、両国の関係は良くありませんでした。関係の冷え込みは米国からベネズエラに対する投資の減少を招き、ベネズエラの石油公社PdVSAは適正な先行投資の水準が維持されないまま「刈り取り」ばかり優先した結果、近年生産高(赤)が落ち込んでいます。

ベネズエラは確認埋蔵量でサウジアラビアすら凌ぐ世界最大の国であり、本来、こんにち見られているような国民の困窮や経済の混乱があるはずのない立場でした。

リンク先を見る

しかし故チャベス大統領は革命の獅子、シモン・ボリバルのイメージに自分をダブらせたボリバリズムにより「米国は敵だ」と宣言します。もちろん、アメリカはこれまでベネズエラから美味い汁を吸ってきたことは事実なので、そういうスタンスを取るのは当然だと思いますが、それにしても米国はベネズエラの最大の貿易相手(9830万トン/年、2012年実績)だったので、相手から完全に愛想を尽かされる前に、空気を読む必要はあったのではないかと思います。

事実、アメリカの方ではベネズエラを必要としなくなりつつあります。アメリカは今後もシェールオイルが増産されるので、そもそも輸入への依存度自体が落ちてくると思われますし、その輸入原油の中に占めるベネズエラの比率はさらに下がっているのです。

リンク先を見る

去年のベネズエラ経済は低成長(+1%)でした。

あわせて読みたい

「ベネズエラ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 感染数より死亡数を見よ

    PRESIDENT Online

  2. 2

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

  3. 3

    藤浪感染で残念な私生活が露呈

    NEWSポストセブン

  4. 4

    強制退寮 ハーバード大生に衝撃

    井上貴文

  5. 5

    キスも…慶応研修医の集団感染

    文春オンライン

  6. 6

    スペイン 死者が1万4500人突破

    ロイター

  7. 7

    今すぐに検討すべき現金一律給付

    BLOGOS編集部

  8. 8

    よしのり氏 政府の持久戦を支持

    小林よしのり

  9. 9

    感染爆発の米NY 市長が問題発言

    Rolling Stone Japan

  10. 10

    緊急事態会見はライターが上手い

    Chikirin

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。