記事

インターネッ党が初の候補者擁立あるか!?6月14日は中野区長選挙の構図が固まってきた

YouthCreateの活動拠点であり、自分が住んでいる街、中野区の区長選挙が6月に行われます。
構図がだいぶ固まってきたのでご紹介。



中野区長選挙の構図


中野区長選に現職出馬表明 東京新聞

ということで現在3期区長をやっている現職の田中大輔氏(62)が出馬表明を先日しました。


 その次の日の2月19日に民主推薦の喜治氏も出馬表明。

選挙:中野区長選 民主推薦受け、喜治氏出馬へ /東京

前回も出馬して次点となったかたです。

 またほかにも現時点では、
弁護士の宮本智(さとみ)氏(66)も無所属での立候補を表明している。

 ほかにも都知事選挙でのインターネット選挙運動が話題となった家入かずま氏がしかける新しい政治団体「インターネッ党」も3つの活動宣言の中で、

3. 2020年までに東京23区の全ての区長選挙に候補者を擁立していく。
とのべていて、どうなるか気になるとこ。
”擁立していく”であって、”当選させる”となってないのは気になるんだけど。。

 今後も定期的に情報発信予定。たぶん

 参考情報

リンク先を見る
中野区議会の会派構成

リンク先を見る
中野区選挙区の都議会議員構成

リンク先を見る
前回区長選の結果

あわせて読みたい

「インターネッ党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    巣鴨の縁日開催に「理解できず」

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  2. 2

    「アベノマスク」政策炎上の正体

    千正康裕

  3. 3

    政府は医療現場の現実見ているか

    やまもといちろう

  4. 4

    東京の移動減少はすでにNY以上か

    篠田 英朗

  5. 5

    日本は既に緊急事態宣言の状態か

    自由人

  6. 6

    買い溜めで混乱 姿を消す食品は

    BLOGOS編集部

  7. 7

    緊急事態宣言 貧困層へ補償急げ

    藤田孝典

  8. 8

    決戦迎える原油戦争 減産合意か

    ヒロ

  9. 9

    小池知事のカタカナ語批判に反論

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  10. 10

    コロナの国難にも他人事な政治家

    松田公太

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。