記事

「政府系株式会社」の乱立に物申す

 最近若干気になることが。

 先日党の総務会にかかった法案で、「株式会社海外交通・都市開発事業支援機構法案」というものがありました。昨年には「株式会社海外需要開拓支援機構法」(通称クールジャパン法)も成立したところです。

 確かにプラントの海外輸出、クールジャパン、等々、日本の今後の生きる道として必要な展開ですし、そのこと自体は私もむしろ推進すべしと党内でも主張してきたところです。しかし、そのような名目のもと、最近明らかに何かあると「政府系株式会社」を役所が設立しようとする動きが顕著になってきています。

 明らかに方法論としてこれ以上の行き過ぎはくい止めねばならないと考え、役所ともその議論をさせていただき、自民党総務会でも先日その趣旨を発言させていただいたところです。

 本来政府が、クールジャパンやプラント輸出等で関わるべきは、事業の運営主体として丸抱えをするのではなく、例えばJBIC等からの低利の資金の提供や大使館やJETROを通じたPR支援、契約交渉などにおける政治レベルので支援、あるいは回収ノウハウの支援や貿易保険、知的財産権等の制度支援に特化するべきで、それを超えて、人も出します運営もしますでは、本来商社やゼネコン等の企業連合がになうはずのビジネスを単に政府が奪ってしまうということにもなりかねません。

 そもそも、海外でビジネスをするにあたって有為な人材、コンテンツの目利きを出来る人材、ホットマネーと技術とアイデアをつなぐことが出来る人材、まさにこうしたプロジェクトの一番の核ともいうべき人材が、霞ヶ関に民間以上にいるはずがないことは少し考えれば明らかです。結果的に民間から人を募集するということになっている現実もあり、何故わざわざ政府が商社の真似ごとのようなことをやらねばならないのか全く意味不明なところがあります。

 百歩譲って、これまでに提出されてきたものに関しては民間企業がリスクを負いたがらないから、誰もやらないから、という役所側の説明が事実とすればある程度存在意義はあるのかもしれませんが、そろそろいい加減にしてくれというのが正直な感覚です。

 政府が大きくなればなるほど民間企業の活動領域もマインドも萎縮してしまうことになりかねません。政府が乗り出してくれば民間もわざわざその分野でリスクを冒さなくなるわけで、しかも株式会社の機構である以上は採算性を気にせざるを得ず、民間では担いきれないリスクを政府が代替するということにもならないという不思議な状況ともなりかねません。

 このところ急速に「大きな政府」志向がこれに限らずあちこちで見られるようになっている気がします。これまで以上に厳しく、政府が本当にやる必要があるのか、その必要性についてチェックしていきたいと思います。

※全く関連はありませんが、本日20時からBSフジのプライムニュースに出演し、中台の動きと日本のとるべき方向性について議論させていただく予定です。ご関心のある方はぜひご覧ください。

あわせて読みたい

「クールジャパン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    れいわ山本氏落選は恐るべき戦略

    かさこ

  2. 2

    対韓規制で安すぎサムスンに打撃

    tenten99

  3. 3

    タピオカ店店員「飲みたくない」

    文春オンライン

  4. 4

    吉本のギャラ8割徴収は問題ない

    永江一石

  5. 5

    吉本問題 芸人らの仲裁が最適解

    山口利昭

  6. 6

    音喜多氏 国会での大暴れを誓う

    おときた駿(前東京都議会議員/北区選出)

  7. 7

    山本太郎氏 NHK報道に「ひどい」

    キャリコネニュース

  8. 8

    河野外相 請求権巡り韓国へ抗議

    河野太郎

  9. 9

    日本財団会長 元SMAPをTVに出せ

    笹川陽平

  10. 10

    資質十分でも当選せぬ選挙の現実

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。