記事

チュニジア治安情勢(16日)

先ほどエジプトの治安情勢について書きましたが、チュニジアでも治安情勢が目下の最大の懸念材料になっている模様です。

al jazeera net とal arabiya net は、16日早朝チュニジアの南西にあるジャンドゥーバ県で、過激派が道路に封鎖線を引いて、警官を待ち伏せ攻撃し、治安部隊3名、通りかかった民間人1名が死亡し、2名が負傷したと報じています。

テロリストは警官隊との銃撃戦の後逃走したとのことで、その損害は不明で、どうして情報をえたのか不詳ですが、チュニジア内務省によると テロリストは最低5名からなり、うち3名がチュニジア人で2名が恐らくアルジェリア人であろうとのことです。

彼らは治安部隊の制服を着用して封鎖線を引いて待ち伏せ攻撃をしたが、これはかって(90年代)にアルジェリアでテロの嵐が荒れ狂ったときのテロリストの手口だとのことです。

al jazeera net は、チュニジア軍と警察は現在リビアからの人員及び武器の浸透を警戒して、リビアとの国境全線に於いて最大ん警戒態勢を引いているとのことです。

他方、al arabia net は、最近のテロの増加、特に今回の事件は、まさに新内閣が生まれ、憲法も採択され、国民和解が達成された時をねらって、チュニジアに90年代のアルジェリア型の全国的なテロ活動により、穏健イスラムと世俗派が協調して民主国家を作ろうとするのを、つぶそうとする計画であるとして、国民の間に危機感が強まっていると報じています。

ナハダ党も声明にて、事件を厳しく非難し、国民の団結を呼びかけるとともに、達成した民主主義を守るために断固とした立場をとるように呼びかけた由。

今回のテロが目新しいのは、テロの目標として明確に治安部隊を狙い、待ち伏せ攻撃等の手段で、なるべく多数の治安要員を殺害し、治安部隊の士気を低下させ、テロに対する恐怖心を煽ることを目的としていると見られていることだろのことです。

そのためには治安部隊の殺害された隊員の遺体損壊もやるとのことです。
http://www.aljazeera.net/news/pages/566ed548-a6a8-4d63-8fe6-6362d7bfd221
http://www.alarabiya.net/ar/north-africa/tunisia/2014/02/16/الإرهاب-يفسد-فرحة-التوافق-السياسي-في-تونس.html

取り敢えずの記事の要点は以上で、90年代に折角FISが選挙を通じて政権を握るかに見えた時に、軍のクーデターで民主主義が完全に否定されたことに対する反発から始めったアルジェリアとは状況が非常に異なっているとは思いますが、テロの手口には似たようなものがあるようで、また多くのチュニジア人消息筋が、非常な危機感を有している模様なので、今後チュニジアの治安状況には注目の必要があると思われます。

あわせて読みたい

「チュニジア」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  3. 3

    官僚へ負担どっち? 野党議員反論

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    すすきの感染 酒飲みにうんざり

    猪野 亨

  5. 5

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  6. 6

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

  7. 7

    処理水の安全 漁業側が自信持て

    山崎 毅(食の安全と安心)

  8. 8

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  9. 9

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

  10. 10

    学術会議に深入りしない河野大臣

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。