記事

そもそも選挙って必要か? ~政治家いらずの政治をちょっとだけやろう~

今回の都知事選で感じたのは、みんな選挙が苦痛なんじゃないかということ。

これからネット選挙がもっと開放されて、きっとスマホで投票できるようになるだろうけど、そもそも「人」を選ぶという間接的な方法自体がどうなんだろう?

政治とは要するに、税金の配分なのだから、たとえば、市民が直接、政策案を投稿して、それについて、今のクラウドファンディングのしくみのように、ある一定のバー(例えば、区民の5%)を超えたら自動的にその政策が実行されるようにすればいい。 これで、市民の直接の提案が一定の民意を得れば実行されるわけで、「政治家いらずの政治」ができる。もちろんすべてそういうわけにはいかないので、市や区の予算の1%くらいをこの方法に割り当てる。99%は従来のやり方をしますよ、でもほんのすこしだけ、直接民主主義でやりましょう!というぐらいなら実現可能性があるのでは?

提案の賛同のサイトこんなイメージ(ださいけど) あるいは、いまはお金は電子的になっているので、スイカなどで消費した時に、消費税分の使い道を個人個人があらかじめ「臓器カード」のように税金の◯%を福祉に、◯%を教育になどと最初に表明しておけば、そのお金が税金として自動的に行政で使われるというしくみも可能。電子的なお金にタグをつけるという発想ですね。これも政治家を通さずに民意を反映する方法かと思います。

こういう直接的な民意反映方法をつかえば、選挙なんて4年に1回みたいなサイクルでやる必要も徐々になくなるし、毎日、自然に投票している感じになるんじゃないかな。

市民も意見が反映されるチャンスが増えるし、政治参加意欲もあがると思いますー。

あわせて読みたい

「都知事選2014」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ドラゴンボールが儲かり続ける訳

    fujipon

  2. 2

    コロナ対策成功は事実 医師指摘

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    ブルーインパルス飛行批判に落胆

    かさこ

  4. 4

    元慰安婦団はなぜ内部分裂したか

    文春オンライン

  5. 5

    コロナが炙り出す質低い大人たち

    毒蝮三太夫

  6. 6

    上場企業レナウン倒産に業界激震

    大関暁夫

  7. 7

    ひろゆき氏がテラハ問題に言及

    ABEMA TIMES

  8. 8

    コロナとN国で紅白歌合戦ピンチ

    渡邉裕二

  9. 9

    元自民議員 安倍政権長く続かず

    早川忠孝

  10. 10

    箕輪氏 セクハラ疑惑で「暴言」

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。