記事

Kindleで買ってわかった雑誌購読のメリット・デメリット

Kindleで雑誌が出始めたので、いくつか購入してみた。

画像を見る
週刊SPA! 2014 2/11・18合併号 [雑誌] (週刊SPA!)
Amazon.co.jpで詳細をチェック
楽天市場でこの商品を検索




まずは、ご存知、最強の低俗感がたまらない雑誌SPA!。不思議なのが、SPA!のKindle価格は今週号から190円なので、雑誌よりもかなり割安です。月間購読しても760円。760円にしては、内容としては主に低俗な方面で非常に充実しているので、いままで一番の問題だった家がSPA!だらけになるという問題もKindle電子書籍になくなった今、買わない理由がなくなりました。といっても、買う理由も特に無いので、この低俗さが好きな人だけ買ってください。今後もこの値段でやっていくなら、いくつか読みたい特集があるので、ちょっとSPA!の購入は今後も続けてもよいかな、と思っています。

とはいっても、SPA!の購読で辛いのが、Kindle PaperWhiteでの閲覧。

画像を見る
Kindle Paperwhite(ニューモデル) Amazon
Amazon.co.jpで詳細をチェック
楽天市場でこの商品を検索




Kindle PaperWhiteが、現時点でKindle電子書籍購読の最強端末であることは疑いようがない事実ですが、雑誌は基本的にイメージできているので、Kindleのメリットである文字のサイズ変更ができません。となると、Kindle PaperWhiteの解像度はかなり厳しいです。解像度的にはiPad miniで読んだら調度良いのですが、やっぱりKindle PaperWhiteで読みたいのが人情。雑誌購読を考えている人はここが一番のネックになると思います。

そして、もう一冊買ったのが、週刊アスキー。

画像を見る
週刊アスキー 2014年 3/18増刊号 [雑誌]
Amazon.co.jpで詳細をチェック
楽天市場でこの商品を検索




そうです、艦これ特集です!
巷では、雑誌の方は品切れしている店もあるようですが、Kindleでは当たり前ですが、品切れなしで、さらに巻末にしっかり艦これ特集もついてます。内容も非常に充実しており、たぶんこれ単純にアスキーの艦これ好きが趣味丸出しで編集したのだと思うのですが、提督業を営んでいる人々は読んで損なしの内容でした。さらに週刊アスキーがプッシュしているWin8タブレットが大プッシュされるという素敵仕様。普通にWin8タブレット買いたくなりました。

さて、週刊アスキーの解像度もどうだっかというと、これも結構辛いですね。ただ、それ以上にKindle PaperWhiteだとカラーではないことが辛いです。SPA!はもともと白黒メインなのでカラー前提のページはあまりないのですが、週刊アスキーの場合、商品紹介などのメインコンテンツがカラー写真を前提としているので、Kindle PaperWhiteだとそのカラーページが結構辛いです。

そんなわけで、現在Kindle PaperWhiteで雑誌購読すると、解像度とカラー前提のページに関して、問題が発生します。ただ、それでも雑誌が家にたまらないのと、Kindleで購入したほうが安い、というのは非常に魅力的ですので、SPA!は今後も買ってしまいそうな気がします。

あわせて読みたい

「電子雑誌」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    道の駅で車中生活 貧困層の実態

    水島宏明

  2. 2

    「尻尾まで腐ってる」野党の現状

    小林よしのり

  3. 3

    安倍内閣の体感支持率は20%以下

    早川忠孝

  4. 4

    増税で一律貧しくなった日本人

    田中龍作

  5. 5

    クルーズ船への協力渋る省庁も?

    橋本岳

  6. 6

    新型肺炎 初期症状の軽さ問題か

    岩田健太郎

  7. 7

    学生投票で山本氏に維新議員勝利

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    野党支持減らす槇原逮捕の陰謀論

    猪野 亨

  9. 9

    新型肺炎でやっと脱中国進む皮肉

    自由人

  10. 10

    安倍首相の共産党への発言は中傷

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。