記事

トーキョー・ノーサイド宣言!!の巻 ‐ 雨宮処凛

 怒濤の都知事選が終わった。

 結果はご存知の通り。舛添都知事が誕生してしまった。

 反貧困、脱原発を掲げた宇都宮さんを応援してきた身としては、あまりにも残念な結果だ。

 同じく脱原発を掲げる細川氏を応援してきた人たちにとっても、忸怩たる思いが残る結果だろう。

 そしてもっとも心配なのは、この選挙結果を受けて、「脱原発候補の一本化が実現しなかったからだ」「実現しなかったのは○○さんが悪いのだ」「いや○○さんのせいだ」といった「犯人探し」や、自分とは違う選択をした人たちへの批判が始まることだ。

 もちろん、反省し、総括しなければならない点は山ほどあるはずだ。

 しかし、この結果が脱原発運動や平和を目指す運動、そして反貧困運動などに禍根を残すようなことになるのだけは避けたい。

 そんな思いから、都知事選投開票日の夜、「トーキョー・ノーサイド宣言」をブチ上げた。

 呼びかけ人は香山リカさん、池田香代子さん、そして私。

 以下、呼びかけ文である。
みんなで「ノーサイド」を――都知事選を終えて
トーキョー・ノーサイド! 宣言


 ラグビーでは、試合終了の合図を「ノーサイド」と呼びます。
 試合中は敵と味方として激しく戦い合ったプレーヤーも、試合が終わればお互いの健闘をたたえ合い、同じラグビーを愛する仲間どうしとして友情で結ばれる。これが「ノーサイド」の精神です。
 今回の都知事選では、「脱原発」を強く訴えるふたりの候補者、宇都宮けんじ氏、細川護煕氏が立候補し、この問題が大きな争点となって有権者や全国の人々、マスメディアの大きな関心が集まりました。両候補への支持を表明した人たちは、それぞれの立場で一生懸命、投票を呼びかけ、「脱原発」を訴えました。
 私たちは、その方たちすべてに深く敬意を表します。
 そして、激しい選挙戦は終わり、健闘むなしく両候補とも当選には及びませんでした。とても残念なことに思います。
 しかし、この選挙戦を通して両候補が訴えてきた「脱原発」「平和の発信」「環境重視」「安倍政権暴走へのストップ」などへの取り組みまでが、これで終わったわけではありません。
 今回の選挙で私たちは、東京、いえ全国に、脱原発を願い、協調と平和を愛し、どんな人にとってもやさしい社会を目指したい、と願う人たちが大勢いることを知りました。万が一、今回の選挙でその大きな力が削がれるようなことがあれば、それは選挙結果以上の痛手となりかねません。
 ラグビーの試合終了の合図は、「ノーサイド」。
 私たちもそれぞれが「ノーサイド!」と宣言し、自分をたたえ、仲間をたたえ、相手やその仲間をたたえて再び手を取り合い、前を向いていっしょに歩んで行きましょう。

2014年2月都知事選を終えて
トーキョー・ノーサイド!実行委員会
雨宮処凛
池田香代子
香山リカ
 それぞれの立場から、言いたいことはたくさんあるだろう。

 もちろん、私だってある。

 自分の意図とは違うのに切り取られた言葉だけが一人歩きし、それが誤解をよんで泣きたくなるほどの人格否定も受けた。頭ごなしに私の選択を否定してくる人もいた。これまで8年間、運動にかかわってきて、一番と言っていいくらい、辛い数週間だった。

 だけど、それもみんなの「脱原発」への思い、「安倍政権暴走」への危機感が強いからこそ。本当は、同じ方向を向いている大切な「同志」だ。

 選挙が始まる前から、この「ぎくしゃくした感じ」がこれまで続いてきた脱原発運動を後退させることを危惧していた。だからこそ、なんとかしなければ、と思っていた。選挙前からそんなこんなについて話していた香山リカさんの呼びかけで開かれた会合で、「トーキョー・ノーサイド」の案が出た。

 反省することも、分析することも重要だ。

 だけど、とにかくいったん「ノーサイド」にして、みんなで仲良く前を向いてやっていきたい。そんなの綺麗事、と思う人もいるだろう。だけど、「違いを認め合う」「お互いの意見を尊重する」ことは民主主義の基本だ。

 ノーサイドについて話し合う会合で、ある大物文化人が呟いた言葉が印象に残っている。細川氏支持に回ったことで、「裏切り者」「人でなし」などあらゆる罵詈雑言を浴びせられてきた人だ。彼は今回の都知事選について、「まぁ、交通事故みたいなもんだから」と言ってあっけらかんと笑った。

 交通事故。なんだかその言葉は、妙に腑に落ちるものだった。そうなのだ。いろいろな議論や論争がある中で、決定的に意見が別れて今まで運動にかかわってきた人たちの分断が起きたわけでなく、みんな気がついたらよくわからない災害みたいなものに巻き込まれていて、それぞれが違う場所にいた、というような感覚。しかし、事故に巻き込まれている最中には、意外とそのことに気づかない。あとになって初めて、「あの時は、事故のただなかにいたのだ」と気づく。

 この日は、池田香代子さんにも興味深い話を聞いた。

 どこかのお祭りか何かで、村人が二手に別れて競い合うという儀式があるのだという。競い合った果てに、今度は二手に分かれていた人たちがひとつになるという儀式がある。一度は別れて競い合うことで成長し、ひとつになった時に更に大きな力になる、というような意味が込められているらしい。

 なんだかその話は、私に次のビジョンを見せてくれるものだった。

 一度は別々になって競い合った私たちは、ひとつになったらさらにパワーアップしているはずだ。

 さあ、辛い戦は終わった。

 そしてこの戦の果てに、私たちの前には今、敵が更に強大になって立ちはだかっている。

 仲間割れしている暇はない。

 またみんなで、前を向いてやっていこう。

画像を見る
選挙中。宇都宮さんの街宣には、SUGIZOさんも来て下さいました!!

あわせて読みたい

「脱原発」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ドラゴンボールが儲かり続ける訳

    fujipon

  2. 2

    コロナが炙り出す質低い大人たち

    毒蝮三太夫

  3. 3

    コロナ対策成功は事実 医師指摘

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    ブルーインパルス飛行批判に落胆

    かさこ

  5. 5

    元慰安婦団はなぜ内部分裂したか

    文春オンライン

  6. 6

    上場企業レナウン倒産に業界激震

    大関暁夫

  7. 7

    コロナとN国で紅白歌合戦ピンチ

    渡邉裕二

  8. 8

    ひろゆき氏がテラハ問題に言及

    ABEMA TIMES

  9. 9

    元自民議員 安倍政権長く続かず

    早川忠孝

  10. 10

    報ステ視聴率危機? テレ朝に暗雲

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。