記事

<2月10日>(月)

○さてさて、都知事選の反省会をやってみましょう。さて、ここからどんな民意が読み取れるでしょうか。

候補者名 得票数 党派名
1 ますぞえ 要一 2,112,979 無所属
2 宇都宮 けんじ 982,595 無所属
3 細川 護熙 956,063 無所属
4 田母神 としお 610,865 無所属
5 家入 かずま 88,936 無所属
6 ドクター・ 中松 64,774 無所属
7 マック 赤坂 15,070 スマイル党
8 鈴木 たつお 12,684 無所属
9 中川 智晴 4,352 無所属
10 五十嵐 政一 3,911 無所属
11 ひめじ けんじ 3,727 無所属
12 ないとう ひさお 3,575 無所属
13 金子 博 3,398 無所属
14 松山 親憲 2,968 無所属
15 根上 隆 1,904 無所属
16 酒向 英一 1,297 無所属
合計 4,867,801
総投票数 4,930,251 投票率46.14%

(1)舛添さんは、さすがに過半数には達しなかったけど、有力候補が4人も居たら、そんなものでしょう。東京における自民・公明の基礎票をがっちり押さえ、なおかつ浮動票もとったという横綱相撲でした。

(2)宇都宮さんが2位になった。共産党陣営の「打倒!小泉」というモチベーションのお蔭でしょう。しかし選挙で2位を喜ぶというのは、美しくはないですな。4位に終わって笑顔で帰ってくる上村愛子さんとはちょっと意味が違います。

(3)宇都宮さん+細川さんを足しても舛添さんには届かなかった。固唾をのんで見守っていた電力会社の皆さんは、ホッと一安心といったところでしょう。とりあえずエネルギー基本計画は今月中くらいにはまとまりそうです。

(4)田母神さんが61万票もとった。法定得票数(10分の1)を越えられるか・・・という事前の読みを上回ったので、ご本人的にはビールがうまいはず。いろんな国のジャパンウォッチャーたちが、これで悩んでくれることでしょう。

(5)今回、初参加の家入さんが歴戦の猛者、ドクターを上回ったのは、偉かったのではないでしょうか。供託金はとられますけどね。

(6)マック赤坂氏は、今回唯一の政党による候補者であった。どうなってるんでしょ。

(7)総投票数から無効票を抜いた差は6万票と少々であった。ということは、「小泉純一郎と書いた票が10万票出る」というのは、都市伝説だったことになる。

○都議会の自民党と公明党にとってみれば、「自分たちの言うことを聞いてくれる都知事」なんて、いったい何年ぶりのことでありましょうか。こんないい都知事を都議会が無下に扱うとは思えませんので、仮にスキャンダルが出たとしても、しばらくは安泰でしょう。これで当分、都知事選は行われないと思いますぞ。

○さて、勝者のことはどうでもいいんです。2位になって満足しているような敗者もほっときましょう。3位になって、負け惜しみばかり言ってる元首相もがっかりです。気になるのはやはり小泉さんの動向ですね。今日になってツイッターのアカウントを閉じられたそうですので、山口県知事選挙がどうこうという感じではないようです。想像するに、「もう自分は風を起こせない」ことに気づかれたのではないでしょうか。

○郵政選挙の時は、小泉さんは首相で自民党総裁でした。そういう偉い人が、「郵政民営化に賛成か反対か」と、大人げなく自党の議員に踏み絵を迫った。これは大義名分があったし、面白くて分かりやすい図式だった。いわば自公連立に乗った人が、無党派層を味方につけたから最強になった。ところが今回は、自公連立を敵に回して、無党派の風を起こそうとした。しかも「原発ゼロ」という旗印は、郵政民営化のように誰の損にもならない、賛成しやすい政策ではない。それをなぜ、都知事選で問わなければならないのかも、いまひとつ明確ではなかった。

○結果として、どこへ行っても小泉さんの演説には人が集まったけど、票にはそれほどつながらなかった。しかも途中から候補者の細川さんがどんどん軌道修正して、「原発だけでなくほかの政策も・・・」とぶれるようになった。お二人の関係がどうなったかは知る由もありませんが、1月14日の山里会談のときのような意気投合ぶりではなくなっていたと思います。もちろん他人の悪口を言うような人ではありませんから、けっして細川批判はされないでしょうけれども。

○日経新聞の清水真人記者の11月26日付電子版記事によれば、小泉さんは昨年7月の「みたままつり」で靖国神社にドンキホーテの「見果てぬ夢」の一節を揮毫したのだそうだ。「変人宰相」がこの歌詞に心境を託したら要注意で、「戦闘モードのスイッチが入ったことを意味する」のだとか。「敵はあまたなりとも 胸に悲しみを秘めて 我は勇みていかん」ですから、きっとこのままでは終わらないのでしょう。ただしかつてのようなオーラは失われている。それでもいいのかなあ。私はむしろ、オペラや歌舞伎見物に悠々自適の方がいいと思うけど。

あわせて読みたい

「都知事選2014」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ドラゴンボールが儲かり続ける訳

    fujipon

  2. 2

    コロナ対策成功は事実 医師指摘

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    ブルーインパルス飛行批判に落胆

    かさこ

  4. 4

    元慰安婦団はなぜ内部分裂したか

    文春オンライン

  5. 5

    コロナが炙り出す質低い大人たち

    毒蝮三太夫

  6. 6

    上場企業レナウン倒産に業界激震

    大関暁夫

  7. 7

    ひろゆき氏がテラハ問題に言及

    ABEMA TIMES

  8. 8

    コロナとN国で紅白歌合戦ピンチ

    渡邉裕二

  9. 9

    元自民議員 安倍政権長く続かず

    早川忠孝

  10. 10

    箕輪氏 セクハラ疑惑で「暴言」

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。