記事

この度の闘い、あっぱれ田母神俊雄!

 この度の東京都知事選挙において、元航空幕僚長田母神俊雄に寄せられた全国の諸兄姉のご支援、心にしみてありがたく、心よりお礼申し上げます。

 まことに、ありがとうございます。

 時に合うも合わぬも、皆、天に任せて顧みず、我にありては、言うべきを言い、為すべきを為すのみ、という選挙であった。

 即ち、「戦後からの脱却」、「日本を取り戻す」とは、具体的には何か!これを主張し、してみせる、選挙であった。そして、国民の大きな共感を得た。

 よって、本年に迫られている日本再興は、この選挙から動き始める。

 厳しい情勢の中にあるお国のために、この田母神選挙の意義は、計り知れない。

 田母神俊雄、あっぱれである。

 この度の田母神俊雄の選挙の様、また、私西村の思いにぴったりとあわさる文章を次に書き記して、これからの御奉公の指針としたい。それは、葦津珍彦氏が楠木正成について書いた文章。

 もとより私は、先祖以来、楠木正成に心酔する者で、楠公の精神に生きたい者であり死にたい者である。

 楠公の精神は、忠誠のためには「ただ死ありて他なかれ」の語の通りで、必ずしも戦ひに勝って、功業を樹てるとか、後世人を感動させることにあったのではありません。

 もっとも大切だと信じた忠に殉ずること以外に何もなかった。

 形における勝敗、正否は、決して第一義を決するものではない。 何を志として、いかに雄々しく戦ったか、何を志として、いかに熱意をもって事にあたったか、といふところにこそ人生の第一義がある。

あわせて読みたい

「田母神俊雄」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ドラゴンボールが儲かり続ける訳

    fujipon

  2. 2

    コロナが炙り出す質低い大人たち

    毒蝮三太夫

  3. 3

    元慰安婦団体なぜ内部分裂したか

    文春オンライン

  4. 4

    ブルーインパルス飛行批判に落胆

    かさこ

  5. 5

    コロナ対策成功は事実 医師指摘

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    元自民議員 安倍政権長く続かず

    早川忠孝

  7. 7

    上場企業レナウン倒産に業界激震

    大関暁夫

  8. 8

    コロナとN国で紅白歌合戦ピンチ

    渡邉裕二

  9. 9

    報ステ視聴率危機? テレ朝に暗雲

    女性自身

  10. 10

    ひろゆき氏がテラハ問題に言及

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。