記事

「都知事候補者に全員会いますプロジェクト」を振り返りながら…

都知事に舛添氏=「原発即ゼロ」細川氏ら抑える
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/local/tokyo_gubernatorial_election/?id=6106646

17日間の長い選挙戦を終えて、20時ちょうどに舛添新都知事が誕生しました。

投票率はまだ確定しませんが、かなりの低投票率になりそうです…

確かに盛り上がりに欠ける都知事選挙でしたが、前日、当日は私のブログに万単位のアクセスがありました。

自分の企画も、少しは投票先を選ぶのに貢献できたのかなぁと思います。

突撃!おときた駿がゆく!都知事候補者に全員会いますプロジェクト
http://otokitashun.com/tag/tochijisen2014/

現職都議として、またネット選挙解禁を駆使して、自分にできることを考えに考えて始めた本企画。

結果として候補者の3分の1ほどにしか会うことはできませんでした。

でも私としてはむしろ多忙な選挙期間に、こんな前代未聞の新人都議の企画に、これほどの方々が応じてくれたことに驚いています

改めて、各候補者には感謝を申し上げたいです。

そして、おっかなびっくり始めた本プロジェクトを、本当に多くの人が応援をしてくれました!

やってみたら想像以上に大変なこともあって、裏話は個別にお話したいくらいなんですけど(苦笑)、Twitterやメールでの励ましでなんとかやり遂げることができました。

たぶん僕、トータルなら日本で一番都知事候補者の政策に詳しい人だと思います。笑

本来は、投票日前に自分自身の投票先も決めてお伝えしようと考えていたのですが…。

各候補について調べれば調べるほど難しい選択になり、結局投票所に向かう最後の最後まで思い悩むことになりました。

そんなわけで、公表するタイミングを逃してしまったので。。

私の一票は、未来にもっとも意味が残せそうな候補に投じさせてもらいました。

【選挙とマスコミ報道】

ある意味、今回はジャーナリストの真似事のようなことをして、改めて痛感したのはマスコミ・メディア報道の役割や難しさです。

特にマック赤坂候補がなんども、「マスコミが恣意的に『主要』候補を作り出し、平等な報道がされていない!」と主張されておりまして、私も当初はその通りだと思いました。

みんなこんなにきっちりと政策をお持ちなのだから、きちんと全員分の主張を極力平等に報じるべきだ!と。

しかしながら、全候補者の分析を進めていくと、やっぱりそうでもないかな…と(苦笑)。

しっかりとした政策をお持ちの候補者がいる一方で、およそ都政と関係のない、ご自身の立場や想いだけを述べられる方もいます。

そうした主張に紙面や時間を割くのもどうかと率直に感じましたし、マスコミはある意味、有権者が情報を選別するコストを軽減してくれているのだと思います。

その度が過ぎると「恣意的」になり、線引きをどこに置くかが大いに問題にはなるのですけどね。。

【これからがスタート!ぜひ都政に関心を…】

選挙という「お祭り」はこれで終わりましたが、これからが新しい都政のスタートです!

この選挙期間や企画を通じて、多くの方に私の活動やブログを知っていただくことができました。

私はこれからも現職都議とし、て都政や政界の最新情報を誰よりも詳しく、面白く、新しい形で皆さまに届けていきます。

ぜひ今後とも都政に興味をお持ちいただき、東京都議会議員おときた駿の活動にご注目ください。

「都知事候補者に全員会いますプロジェクト」、これにておしまい!
改めまして、本当にありがとうございました!

あわせて読みたい

「都知事選2014」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ドラゴンボールが儲かり続ける訳

    fujipon

  2. 2

    コロナが炙り出す質低い大人たち

    毒蝮三太夫

  3. 3

    元慰安婦団体なぜ内部分裂したか

    文春オンライン

  4. 4

    ブルーインパルス飛行批判に落胆

    かさこ

  5. 5

    コロナ対策成功は事実 医師指摘

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    元自民議員 安倍政権長く続かず

    早川忠孝

  7. 7

    上場企業レナウン倒産に業界激震

    大関暁夫

  8. 8

    コロナとN国で紅白歌合戦ピンチ

    渡邉裕二

  9. 9

    報ステ視聴率危機? テレ朝に暗雲

    女性自身

  10. 10

    ひろゆき氏がテラハ問題に言及

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。