記事

「新党改革」(舛添要一代表)の借入金2億5000万円は政党交付金交付前の立替えではない

1/2

はじめに

(1)いま都知事選挙に立候補している舛添要一氏が代表を務めていた「新党改革」(2010年結成)の借入金2億5000万円の一部を、税金(政党交付金と立法事務費)で(迂回による還流という手口を使って)違法に返済(3年で利息も含め完済)していたことは、すでに紹介しました。

「新党改革」(舛添要一代表)の借入金2億5000万円の違法返済問題

(2)3つの政治団体のうち、2011年6月30日に解散した「舛添要一後援会」がペーパー団体だったのではないかとの疑念が生じることを指摘しました。

「舛添要一後援会」(解散)はペーパー団体だった!?

そうなると、「新党改革」が違法に行わっていた税金による違法な借入金返済問題などにおける政党交付金(税金)の還流の手口では、「舛添要一後援会」が全く役割を果たしていないわけではないものの、特に重要な役割を果たしていると思われるのは、残りの2つの政治団体ということになりますが、舛添要一氏が代表を務める「新党改革比例区第4支部」が、「グローバルネットワーク研究会」など別の政治団体が「新党改革本部」からの税金を迂回して受け取るためのトンネルとしての役割を果たしていることも指摘しました。

「新党改革比例区第4区支部」(舛添要一・代表)の一つの重要な役割(迂回のためのトンネル団体)

そして、次に、舛添要一氏が代表を務めている「グローバルネットワーク研究会」は、「新党改革」が政党交付金という税金をマネーロンダリングするときに(他の政治団体と同じように)極めて重要な役割を果たしていることを確認しました。

「新党改革」(舛添要一・代表)のマネーロンダリングにおける「グローバルネットワーク研究会」(舛添・代表)の重要な役割

(3)3つの政治団体の政治資金の実態や役割が少しずつ見えてきたので、再び「新党改革」の借入金2億5000万円の一部を、政党交付金と立法事務費で、迂回による還流という手口を使って違法に返済していたことの問題に戻り、2010年について、少し具体的に分析しました。

「新党改革」(舛添要一代表)の借入金2億5000万円の違法返済問題(その2)2010年の場合

(4)そして、2010年~2012年の「新党改革」の借入金2億5000万返済方法につき、私は、立法事務費あるいは政党交付金が使われているだろうから、それは違法であると考えており、その理由についての私見を、さらに詳しく解説しました。

「新党改革」(舛添要一代表)の借入金2億5000万円の返済方法における違法性(私見)

1.2億5000万円の借入は立替えか?

(1)すでに説明したように、政党助成法は、私見によると、政党交付金を「借入の返済」などに支出することを禁止していますが、政党交付金の交付を受ける前の立替えのために借入れをし、政党交付金の交付後に、借入金を支出したものに政党交付金を充てることを許容しています。

(2)しかし、「新党改革」の2億5000万円の借入が、後者に該当するのかといえば、疑問であることも指摘してきました。

特に先の投稿で、2億5000万円がいわゆる立替えでは説明できないことを、以下のように書きました。
もし借入金2億500万円が一時的な立替えのための資金であったのであれば、「新党改革」は、年内に2億5000万円を返済していたはずです。
しかし、2010年は、1億5000万円(および利息)しか返済されておらず、借入の残金はまだ1億円もあり、「翌年への繰越金」も1345万円弱しかなっかたのです。
これは、立替えでは説明し尽くせません。

そもそも自己資金調達の十分な見込みがなく、政党交付金も1億3445万円弱程度なのに、それを1億1500万円以上も上回る2億5000万円も借入れた、というのは、借入れが立替えだけの目的ではなかったからでしょう。
(3)以下では、さらに、2010年の借入の時期と返済時期が政党交付金の収支の状態との関係で整合性がないことを指摘し、それを通じて、2億5000万円の借入れが、政党交付金の受領前の立替え目的ではなかったことを指摘します。

(4)ところで、政党交付金の使途報告書では、支出の日付が明記されている支出ばかりではありません。、
人件費の支出は年間の支出総額は明記されていますが、支出日も含め詳細は明記されていません。
人件費以外では、「その他の支出」は、いつ支出されたのか、不明です。

ですから、借入の時期と返済時期における政党交付金の収支状態は、会計帳簿が公開されない限り、私たち国民にはわかりません。

とはいえ、支出日が明記されている支出の額も多いし、支出日の明記されていない支出についてはある程度試算して、借入の時期と返済時期における政党交付金の収支状態を大まかに知ることは可能です。

したがって、以下では、このような試算を行います。

(5)「人件費」については、毎月の支出額を試算するために、総額を12で割ります。
「新党改革」の2010年の使途報告では、「光熱水費」も同様です。

「その他の支出」ですが、
「経常経費」も、それらを合計し12で割り、月末に支出したものとします。

「政治活動費」の「その他の支出」は、参議院通常選挙の時期に支出されたものとみなします。
その方が「新党改革」に有利だからです。


2.借入れ時期が遅い!

(1)「新党改革」は「政党交付金4月分」(約3000万円)の交付を受けるのは、2010年4月20日です。

政党交付金4月分  30,108,500円4月20日

(2)「新党改革」の使途報告書によると、それまでの政党交付金の支出は私の試算の含め以下のとおりです。

1月27日会場使用料   97,944円
1月27日専用サーバホスティング  86,100円
1月28日党本部家賃   150000円
月末人件費        652577円
月末光熱水費         35273円
月末支出日不明経常経費    156808円
2月25日党本部家賃    150000円
2月26日専用サーバホスティング  86,100円
月末人件費         652577円
月末光熱水費         35272円
月末支出日不明経常経費    156808円
3月30日党本部家賃    150000円
3月31日専用サーバホスティング   86,100円
月末人件費         652577円
月末光熱水費         35273円
月末支出日不明経常経費    156808円
        計        3,340,217円

前述の「政党交付金4月分」の交付を受け、この時点で政党交付金の帳簿上「残金」は以下です(この交付前の支出については、どのように金を工面したのかについては、ここでは問いません)。

    26,768,283円

(3)ここから「新党改革」は支部への交付金を支出し、3日後には政党交付金お帳簿上赤字になります。

4月20日監査報酬           420000円
4月20日監査報酬           420000円
4月23日改革クラブ衆議院茨城第七支部6,000,000円
4月23日改革クラブ比例区第三支部6,000,000円
4月23日改革クラブ香川県第一支部6,000,000円
4月23日改革クラブ比例区第一支部5,268,500円
4月23日改革クラブ比例区第二支部6,000,000円

この時点で、以下が赤字額です。

      -3,340,217円

さらに「新党改革」は、支出を続けます。

4月30日専用サーバホスティング86,100円
4月30日党本部家賃     150000円
月末人件費          652577円
月末光熱水費           35273円
月末支出日不明経常経費     156808円
5月6日旅費交通費     110,000円

この時点で、赤字は約450万円です。

      -4,530,975円

(4)ここでやっと、「新党改革」は、銀行から5000万円を借入ます。

銀行からの借入   5000万円5月14日

これは政党交付金の会計帳簿上でいえば、政党交付金の交付前にカネを工面したことになりますが、時期としては遅いように思えてなりません。

もちろん、銀行からの借入に時間を要したのかもしれませんので、さらに、検討を続けましょう。

あわせて読みたい

「舛添要一」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    安倍首相 ヤジの原因は憲法改正?

    メディアゴン

  2. 2

    コロナ検査 医師が不利益を指摘

    名取宏(なとろむ)

  3. 3

    銀座商店「震災時より人少ない」

    田中龍作

  4. 4

    マスクより品薄? 消毒薬の注意点

    市川衛

  5. 5

    新型肺炎めぐる過剰な報道に苦言

    かさこ

  6. 6

    韓国の肺炎感染者 4日間で11倍に

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    北の病院で12人死亡 新型肺炎か

    高英起

  8. 8

    告発した岩田医師の行動は成功

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    父逮捕で娘が「お嬢様」から転落

    幻冬舎plus

  10. 10

    検事長の定年 口頭決裁あり得ぬ

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。