記事

参議院・結いの党メンバーの会派離脱問題の円満解決の先に何があるか

愁眉を開く、とはこういうことだろう。

結いの党のメンバーのみんなの党からの会派離脱問題がなかなか決着が付かず、結いの党にとってもみんなの党にとってもマイナスだなあ、と心配してきたが、衆議院に続いて参議院でもようやく会派の離脱が認められるようになったようだ。

参議院みんなの党の代表である水野賢一氏と参議院結いの党の代表である小野次郎氏は、私が自民党の衆議院議員時代の同志であり、道路財源の一般財源化を推進する会でしょっちゅう顔を合わせていた仲間である。

もともと気心を知っている仲間で、互いに相手のことを信頼できる同志だと見做していたのだから、立場上止むを得なかったとしても、激しく相争っているように振る舞わざるを得なかったことが実に気の毒である。結いの党にとってもよかったが、みんなの党にとってもよかった。いずれはまた手を組まなければならない仲間である。血みどろの争いにまで発展しなくてよかった。誰かが仲介の労を取ってくれたのだろうが、仲介の労を取って下さった方に心から感謝する。

都知事選挙が終わったら、次は国政に焦点が移る。

多分細川氏が新しい渦を巻き起こすのに一役買うはずである。その渦に乗るか乗らないかの選択が迫られる。野党の人たちは乗るべきだ、というのが私の考えである。

遠慮なく乗った方がいい。結いの党は、乗るだろうと思っている。維新は、乗る人と乗らない人に分かれるはずだ。民主でも一部の人は乗る。生活の党も一部の人は乗りたいはずだ。

何にしても面白いことが始まる。面白いことがなければ、誰も政治には関心を持たない。

あわせて読みたい

「結いの党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  2. 2

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  3. 3

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  4. 4

    進次郎氏の発言に専門家「軽率」

    女性自身

  5. 5

    橋下氏 毎日新聞のご飯論法指摘

    橋下徹

  6. 6

    都構想反対派が自壊 主張に疑問

    青山まさゆき

  7. 7

    誤報も主張曲げぬ毎日新聞に呆れ

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    TBS番組が伊藤健太郎逮捕で誤報

    女性自身

  9. 9

    任命拒否 提訴できず手詰まりか

    文春オンライン

  10. 10

    相次ぐ「GoTo外し」観光庁に疑問

    木曽崇

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。