記事

移民との共生には競争より調和を

日本への移民は2010年時点では時期尚早 リンク先を見る」と「日本が移民を受け入れられるようになるための条件と提案 リンク先を見る」では、移民の賛成の立場から、現状で移民を受け入れるための問題について書いてきました。移民は経済的理由で他にしようがなく入れるのではなくて、より良い日本社会を作るために必要なものだと思っています。しかし、今の日本人たちに、移民を自分たちと同格の日本人として認める覚悟と度量があるとは思えないために、拙速な移民に反対してきました。

過去のエントリのコメントを見ると、移民反対の意見として、現状のように列島由来の日本人だけで日本を形作り、外国由来の日本人を極力排除した形の社会が最上のものだという意見がありました。僕は、列島由来の日本人と外国由来の日本人が調和し、多文化を許容しあって異端に寛容な日本は、現状よりもいいものだと思っているので、このエントリでは、もう一度良さを説明し、そうなるためには日本人がどのように変わらなければいけないのか考えます。

列島由来の日本人と外国由来の日本人が調和した社会

列島由来の日本人と外国由来の日本人が調和した社会は、「移民成功後の多文化を許容しあって異端に寛容な日本」として、過去の2エントリでたくさん書いてきました。例えば、「日本に来た移民が幸せになって笑顔を生み、その笑顔を見て元から列島にいた日本人も笑顔になる未来」、「人と違うことが短所にならず、長所となって互いに尊重されるような世界」、「列島に生まれた日本文化もその他の文化も同様に尊重され、統合を強制されない寛容な社会」などです。抽象的すぎて伝わりにくいと思うので、今回は具体的に行こうと思います。

将来は異文化間の連携がいろんな場面での成功に欠かせなくなります。例えば、全世界に砂糖水を売る商売を考えてみましょう。この商売で競争する二つのチームが、日本のトップ大学を出たビジネスマン10人のチームと、世界各地の無名大学を出たビジネスマン10人のチームだったとします。これではまずもって勝負にもならないでしょう。日本の優秀な大学を出た10人が、連日徹夜で各地の情報を集め必死にビジネスプランを作ったとしても、世界各地の無名大学を出た10人にあっさり負けます。

無名大学を出た10人のチームで協調すれば、スペイン語、アラビア語、中国語、ヒンディー語の情報に容易にアクセスでき、それら地域の文化、考え方、習慣という情報をチームで共有できるからです。逆に日本の10人は、ラマダン(イスラムの断食)明けの夕食や、カラカラに乾いた砂漠ににおいて砂糖水がどのような役割をはたすか想像できません。激辛料理の文化がある地域や、食器を使わず手で直接料理を食べる文化において、砂糖水がどのように受け取られているのか想像できません。文献でラマダンの知識を仕入れても、物心ついた頃から数十年断食をしてきた人と比べると理解が浅いために、有効なアイデアを出せない可能性が高いのです。日本の主産業である、自動車や電子機器といった複雑なものを売るには、さらに異文化間の連携が必要になります。異文化間の連携、多文化理解はそれだけで人間の人生を豊かにするだけでなく、その連携によっていろんな場面での成功という実益も得られます。

この例では、移民ではなくお金で現地の職員を雇えばいいという考えもあると思いますが、それでも異文化理解を可能とする異文化との接触機会が必要になることには変わりません。「日本が移民を受け入れられるようになるための条件と提案 リンク先を見る」で提案したように、日本人が海外に出ていくか、移民のように海外から来てもらうしかありません。

日本人の考え方を転換する必要性と独り勝ちの愚かさ

人生を豊かに暮らし、成功という実益を得るために移民に来てもらうためには、移民を自分たちと同格の日本人として認める覚悟と度量が必要となります。これを行うためには、現在の日本で主流となっている考え方を改める必要があります。それは「自分(達)さえ良くなれば、他の人達はどうでもいい」という考え方です。これだけ見ると誰が見ても悪い考え方だと思われますが、今の日本の主流な考え方だと思います。それは、少し前にはてなで流行った、「〜〜すれば、日本は圧倒的に世界(アジア)で独り勝ちする」みたいな論調に反映されています。つまり、自分が他人より優位な立場に立てば、人生が豊かになると考えていることになります。
もう少し言えば、自分より惨めな立場にいる他人が周りに存在すれば、自分が幸せだと認められるということにほかなりません。そこには、日本に敗北した外国への想像力が欠如しているのです。

この日本だけがよければそれでいいという主義を改めないことには、移民は失敗します。それは、移民が列島由来の日本人と同格の立場に立つことにより自分の幸せが毀損され、彼らの立場を下げれば自分の立場が向上すると考えることと同じだからです。この考え方を、移民を幸せにすることで、自分が幸せになる可能性が上がるという考え方に転換する必要があります。これが、過去のエントリで、「日本に来た移民が幸せになって笑顔を生み、その笑顔を見て元から列島にいた日本人も笑顔になる未来」を強調した理由です。笑顔は誰かが笑えば誰かが泣くという足し算引き算ではなく、誰かの笑顔が誰かの笑顔を呼ぶという掛け算だという考え方です。

この考え方は、フランスに一日の長があります。フランスにいると、「〜〜すれば、フランスは圧倒的に世界(欧州)で独り勝ちできる」という考え方が最終的にフランスを幸せにしないということが、自然に共有されているからです。フランスでは近隣諸国を自国より惨めな状態に置くことによって、フランスが幸せになるという考え方は、先の大戦の甚大な被害の上でほぼ消え去りました。フランスはヨーロッパ各国が豊かで幸せに暮らし、ヨーロッパに調和をもたらすことがフランスの利益になることを学びました。大概のフランス人はもう、ドイツを叩くことがフランスを幸せにするとは考えていませんし、ヨーロッパの貧国を支えることにも一定の価値を見出しているのです。

これは、日本の移民に置き換えると、外国由来の日本人を列島由来の由来の日本人よりも惨めな状態に置くことで、豊かな幸せを求めるのではなく、外国由来の日本人を豊かにし、調和を通じて自身の人生を豊かにすることと同じです。こう考えると、「移民をすれば(手段)、日本は圧倒的に世界で独り勝ち(目的)できる」なんていうエントリがあれば、かなり愚かなことになります。独り勝ちという目的自体に、移民という手段を失敗させる要素を含んでしまっているため、確実な失敗が約束されています。移民を考えるときに、「日本は移民で独り勝ちできる」というように考えていないかが重要なチェックポイントになります。

参考:

日本人は多文化に寛容なのでは?

他人を幸せにすることで自分が幸せになる考え方を普及させなければ、移民は失敗すると言うことを書いてきました。他人を自分より惨めな状態に置くことを目指す競争を煽りすぎると移民は失敗し、成功には列島由来の日本人と移民の調和がより重要になってきます。

果たして日本にそれができるのかというと、僕はできると思います。日本は、旅行者に安心・安全で人々は親切で優しいと思われています。また、タクシーでなくした財布も後日見つかり現金も抜かれてないと驚く外国人もいます。今後、移民がどんなに違った価値観を持って入ってきたとしても、どのように価値観が変化しようと、安心・安全・親切・正直・真面目といった要素は普遍的な価値を持ちます。こういった価値観をベースに、移民との調和を目指すのは、筋がいいと思います。

また、日本人は多文化の受け入れという点でも寛容なのではないかと思います。日本ではいろいろな文化に興味を持っている人がいます。フランスやマグレブの文化だと、ワイン、チーズからクレームブリュレ、クグロフ、タジンなどが定期的に流行ります。他の国の文化でも美味しい物や楽しいもの、いいものがあれば定期的に流行ります。いろいろな文化に興味津々な人たちがいるのです。明治維新後の文明開化においても苛烈とも言える西洋化も日本には受け入れられました。ここまで西洋文化を日本化して受け入れられた日本が、多文化を受け入れられないとは思えません。日本は意外と多文化の受け入れという点では寛容なのではないかと思います。

まとめ

「よく移民が成功した国なんてないじゃないか?」と問う人がいますが、「それはココ(日本)にあります」と答えられるようになればいいのです。日本にはそれができると思います。ただそのためには、「日本が移民を受け入れられるようになるための条件と提案 リンク先を見る」で述べたように、着実に日本人の価値観を変え移民を受けられる体制を作る熟慮が必要です。せめて、拙速に移民を奴隷として受け入れることだけは避けて欲しいと思います。

トピックス

ランキング

  1. 1

    15日で変異 コロナの性質に驚愕

    大隅典子

  2. 2

    春節が日本での感染爆発防いだか

    岩田健太郎

  3. 3

    米医の「コロナ99%予防」に感心

    原田義昭

  4. 4

    外出禁止 日本人の消えたハワイ

    荒川れん子

  5. 5

    エコバッグ禁止令 全米に拡大か

    後藤文俊

  6. 6

    朝日は布マスク記事を撤回せよ

    青山まさゆき

  7. 7

    迅速な現金給付を阻む野党に疑問

    宮崎謙介

  8. 8

    志村さん 最後の収録と夜遊び姿

    NEWSポストセブン

  9. 9

    現金給付 収入減の証明は難しい

    大串博志

  10. 10

    世界の一歩先を行くマスク配布策

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。