記事

ペテン師と稀代のリーダーは大衆には区別がつかない

前エントリでは、「今後の日本は、衰退する米国と台頭するアジア、結束する欧州という新事態に対処するために、いつかの時点で大転換を決定をする必要が生じる」と書きました。今後起こる大転換で新規路線を提案するリーダーは、既定路線とは考え方自体が変わってしまうために、大衆にはペテン師との見分けがつかないということになると思います。

このエントリでは、この二つの区別がつかない理由として、リーダーが1)現実を変えた後に大衆の意識が変わるから、2)リーダーが究極目標を公表しないからという理由について書いていこうと思います。

リーダーが現実を変えた後に大衆の意識が変わる

リーダーが現実を変えた後に大衆の意識が変わるという例は、「市民が望んでないことを実現するリーダーが必要 リンク先を見る」で幕末と独仏和解を例に挙げて書きました。例えば、幕末に攘夷か開国かで揉めていた時に、開国する前に開国の方が正しいと大衆に分からせるのは至難の業です。江戸時代に牛肉を汚れていると思っていた人たちも、文明開化の後に「すき焼き」を食べて初めて異国の文化も良いかも知れないと思い始めたりするのです。

現在のヨーロッパの強みはEUという共同体の調和だと理解されています。しかしフランスでは30年にわたり2回も殺し合ったドイツと和解するのは、大衆の望みを越えるリーダーの決断が必要でした。「ヨーロッパの父」と呼ばれる二人のフランス人、ジャン・モネとロベール・シューマン外相は、欧州統合の基本は仏独和解にあると信じて疑わなかったそうです。そのために、協力と連帯の実績を一つ一つ積み上げていくしかないと考えて小さなことから実行に移していきました。

この二つの大転換で起こったことの順を整理すると、リーダーの発想→行動(現実が変わる)→人々の精神が変わる、となります。大転換では人々の意識が変わる前に現実を変える必要があることもあるのです。


新規路線派のリーダーが究極目標を公表できない訳

さらに悪いことに、こういった大転換では、リーダーは目指す世界を事前に公表することはできないのです。幕末の例では、列強から日本を防衛するにあたって「開国して異国の軍事技術をもって日本防衛」という青写真を事前に公表することは出来ません。当時は、「異人は即日本刀をもって切り捨てる」という攘夷が大勢を占めていたからです。「開国し~」などと口走ったところで、「売国奴、スパイ、馬鹿、弱腰、優柔不断」などとあらん限りの侮辱言葉を投げつけられてメッタ斬りにされるでしょう。新規路線派のリーダーは「開国して異国の軍事技術をもって日本防衛」と言ったような究極の目標を口にできない瞬間があるのです。

実際の歴史では、攘夷というイデオロギーを高揚させ、倒幕後開国という行動をもって事後的に民衆の意識を変えていくことになりました。幕末のリーダーとして名高い坂本龍馬なども腹の中では開国を支持していても、あまり露骨に開国を主張していません。現在でも、何を考えているか分からない飄々とした龍馬の人物像が伝わっていますが、新規路線派のリーダーが究極目標を公表できないことを示しているように思われます。

独仏和解の例でも最初は「独仏和解による欧州の調和を基調とした繁栄」という青写真は大っぴらに公表できるものではありませんでした。独仏は近代に入ってから3度戦争しています。第二次世界大戦後は、両国に戦争で息子を失った者、敵軍に手足を吹っ飛ばされた者、戦争で心身を病んで人生を台無しにした者、戦争で全財産を破壊された者があふれていました。だれでも家族、親戚、友人にそういった状況に置かれたものがいました。フランスではドイツとの和解だけは有り得ない!というという雰囲気だったはずです。憎悪と怨恨のなかで、ドイツを徹底的に痛めつけるべきだという復讐の念が支配的だったでしょう。ドイツとの和解何てことを言い出す者がいれば、今までの犠牲は何のためだったのか!という無念から「売国奴、スパイ、馬鹿、弱腰、優柔不断」と政治的に抹殺、悪くすれば暗殺されるかもしれません。新規路線派のリーダーが究極目標を公表できないのです。

逆に、新規路線派のリーダーの究極目標が既存路線派に気づかれてしまうと、龍馬のように暗殺されたり、戦前に反戦を唱えた首相が軍部に暗殺されたりされてしまうようなことになります。こういう場合には、政治的目標達成のために目指す先を大衆には隠しておくという手段が正当化されます。

ペテン師と稀代のリーダーの違い

大転換においてリーダーは1)現実を変えた後に大衆の意識が変え、2)究極目標を公表しない、ということは民衆からすれば、大転換におけるリーダーの判断が正しいか正しくないかは判断することが出来ないと言えます。熟練のリーダーは政治的決断を専門とする仕事をしていて、片や有権者はそれ以外の仕事を専門にしていて、余った時間に政治的議論を行います。政治的決断を下すためにつかえる時間資源からしても、リーダーはおそらくほとんどの大衆よりも問題を深く分析した上で決断を下せます。


議論後に議論前の結論に至ることにも価値がある リンク先を見る」で紹介した登山の例で、既定路線派=今いる山を登る、新規路線派=より高い山を探す、という比喩で言うと、リーダーは大衆よりも遠くを見渡せる状態です。リーダーは今登っている山の先が崖になっていることを最初に気づくことが出来、より高い山の存在を最初に見つけることが出来ます。リーダーには見えているものが大衆には見えていないということが有り得るのです。リーダーは大衆にはまだ見えない風景を語ることになります。一方でより遠くを見渡していると思われている者が見えもしない展望を語るとき、その者はペテン師になります。ただし、その者が本当にその風景が見えているかどうかは、大衆には分かりません。大衆には見えない未来を語る者が本当に信頼に足るリーダーなのか、それとも信頼できないペテン師なのか多数決で決着をつけようという不完全なシステムが、現在の投票システムということが出来ます。

大転換を行うリーダーは、2)究極目標を公表せず、1)現実を変えた後に大衆の意識を変えるという難題が突きつけられているのです。さらに、既存方針から考え変えない大衆からは「売国奴、スパイ、馬鹿、弱腰、優柔不断」と罵倒され、さらには「夢見がち、理想主義者、荒唐無稽」などと罵られることになります。日本では新規路線派は鳩山首相、フランスではセゴレーヌ・ロワイヤル氏、米国ではオバマ氏です。どちらも上のように批判されていることから、問題は同じところにあるように思います。誰がペテン師で誰が稀代のリーダーかは分かりません。今後の日本は、衰退する米国と台頭するアジア、結束する欧州という新事態に対処するために、いつかの時点で大転換を決定をする必要が生じます。そのとき、「売国奴、スパイ、馬鹿、弱腰、優柔不断、夢見がち、理想主義者、荒唐無稽」という言葉が出てきたら、少なくともペテン師と稀代のリーダーを区別する手段はないと謙虚な疑念を持ちながら見ていく必要があります。

トピックス

ランキング

  1. 1

    15日で変異 コロナの性質に驚愕

    大隅典子

  2. 2

    春節が日本での感染爆発防いだか

    岩田健太郎

  3. 3

    米医の「コロナ99%予防」に感心

    原田義昭

  4. 4

    外出禁止 日本人の消えたハワイ

    荒川れん子

  5. 5

    エコバッグ禁止令 全米に拡大か

    後藤文俊

  6. 6

    朝日は布マスク記事を撤回せよ

    青山まさゆき

  7. 7

    迅速な現金給付を阻む野党に疑問

    宮崎謙介

  8. 8

    志村さん 最後の収録と夜遊び姿

    NEWSポストセブン

  9. 9

    現金給付 収入減の証明は難しい

    大串博志

  10. 10

    「1世帯30万円」報道に不信感

    藤田孝典

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。