記事

もしも自民党などの若手国会議員が“原発ゼロ”を掲げて都知事選に立候補したらどうだったか。

もしも自民党などの若手国会議員が“原発ゼロ”を掲げて都知事選に立候補したらどうだったか。もちろん議員辞職をしなければならないし政党の公認や推薦も得られないだろう。

この場合、細川、小泉の両氏は大歓迎し、今と同じように街頭に立ってマイクを握って応援しただろうと私は思う。

今や人の知るところとなった10月21日の会談。細川さんと私が小泉さんから「オンカロ視察談」を聞くごく当たり前の会であった。

私は2人が“原発ゼロ”を語るとき、大袈裟に聞こえるかもしれないが鬼気迫る本気を感じた。

ここで小泉さんはフィンランドのオンカロについて詳しく説明し、また、細川さんの「森の長城プロジェクト」に興味深く耳を傾けた。

後日、細川さんは私に「小泉さんがプロジェクトに5万円寄付してくれました」と喜んで電話してきた。

10月21日の共通認識は、「原発を次の世代に残したくない」ということ。そして、それぞれがぞれぞれの立場で原発ゼロを目指して努力しようということであった。

そこに突発した都知事選挙。これは直感的に天が与えた原発ゼロの出発点。そう感じたのはわれわれ3人だけではないだろう。

細川さんはもちろん、小泉さんも真剣に若い原発ゼロ候補の出現を待望した。日が経つにつれて細川さんはそんなに若くなくても、政治家でなくてもいい、適任者が誰か出て来てほしいと願うようになった。しかし、この願いはついにかなわなかった。

結果的に、細川さんが出馬し、小泉さんが応援することになったが、正月明けにはこれ以外の選択肢はなかった。「このチャンスを無駄にしてはいけない」と細川さんは自らの身を荒海に投じることを決断し1月14日にその決意を表明した。

好きな映画やオペラを観て余生を送りたかった小泉さん、名刹のふすま絵を描くことに没頭していた細川さん。2人にとっては思ってもみない展開だ。「原発を次の世代に残したくない」という気持が自由な余生を許さなかったのだ。

歴史に、この2人の無私な決断の成功を刻み込みたい。それが私の切なる願いである。

あわせて読みたい

「脱原発」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    泉田議員「2~3千万円の裏金を要求された」 自民党新潟県議を実名で暴露

    田中龍作

    12月02日 09:28

  2. 2

    男性が「男らしさ」を追求する本当の理由

    御田寺圭

    12月01日 10:08

  3. 3

    大人が突然新しいことにチャレンジする「中年の思春期」忙しい我々が2回目の青春を謳歌するコツ

    土屋礼央

    12月02日 09:01

  4. 4

    鬼束ちひろ 飲酒なし、薬物検査も陰性…救急車キックで逮捕も“パニックの理由”に広がる同情

    女性自身

    12月01日 10:17

  5. 5

    一連の世代交代、執行部交代で、あちらこちらで改革のエネルギーが少しは高まったかな

    早川忠孝

    12月01日 14:33

  6. 6

    まるで料理写真の教科書 政府系金融機関が出した写真の撮り方マニュアルが話題に

    川島透

    12月01日 09:00

  7. 7

    言うべきこと言わない、言われたことだけしかしない by みずほ

    ヒロ

    12月01日 10:32

  8. 8

    アベプラ出演で化けたテレ朝・平石直之アナ “ポスト田原総一朗”の討論番組を期待

    宇佐美典也

    12月02日 12:00

  9. 9

    オミクロン株出現で米中対立の最前線となったアフリカに眠る「血のダイヤモンド」とは

    木村正人

    12月02日 11:56

  10. 10

    女子テニス協会が中国や香港でのトーナメントを全て中止すると発表 彭帥さんの告発問題で

    ABEMA TIMES

    12月02日 11:39

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。