記事

GracenoteがNext Big Soundと提携、ビッグデータ活用で音楽サービス構築を支援

リンク先を見る

音楽認識テクノロジー会社のGracenoteは、音楽データ解析会社のNext Big Soundと提携し、リアルタイム音楽データをパーソナライズドラジオ・プラットフォーム「Gracenote Rhythm」に連携することを発表しました。この連携によって、開発者や企業は、Gracenote Rhythmを使ってラジオサービスを構築する際、リスナーに人気のアーティストや注目度が高まっている新人アーティストを容易に見つけ、精度の高いレコメンデーションができるようになります。

Gracenote Rhythmは1月にGracenoteが発表したオンラインラジオ構築用のプラットフォームで、1億8000万曲以上のメタデータを誇るGracenoteのデータベースと連携し、リスナーの趣味嗜好に最適なレコメンデーションを行うことでパーソナライズされたオンラインラジオを簡単に構築することが可能になります。

Gracenote RhythmのAPIは2月に商用向けに提供開始予定です。

リンク先を見る

Next Big Soundは、ソーシャルメディアやデジタル音楽サービスのビッグデータを収集し分析する、音楽インテリジェンスのリーダー企業です。FacebookやTwitterでファンとアーティストとのエンゲージメントや、SpotifyやYouTubeなどの視聴行動など、ネット上のユーザー動向を解析しています。これらのインサイトは、レコード会社のプロモーション担当者やマネジメント会社、テクノロジー企業らがマーケティング活動の重要なリソースとして活用しています。

リンク先を見る

Next Big SoundのデータをGracenote Rhythmに取り込みことによって、ネット上で話題のアーティスト情報をリアルタイムで認識することが可能となり、新人アーティストや新作、話題曲などリスナーへのレコメンデーションをさらに最適かつパーソナライズすることができます。

関連記事
音楽認識テクノロジーのGracenote、ラジオサービスの開発を可能にするGracenote Rhythmを発表

Gracenoteのテクノロジーは現在Facebook、Spotify、iTunes、Amazon、Microsoft、フォードなど大手企業に導入されています。

ソース

Music Data Firms to Collaborate on Internet Radio Platform (1/29 New York Times)

あわせて読みたい

「ビッグデータ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「レジ袋の有料化」と「レジ袋の減少化」が生んだ本末転倒な事態

    自由人

    09月22日 22:07

  2. 2

    賃上げ・労働分配率向上策は、河野氏の法人税減税よりも高市氏の人材育成投資が有効

    赤池 まさあき

    09月22日 09:04

  3. 3

    アメリカの輸入規制撤廃に福島から喜びの声 「菅首相の置き土産?」指摘も

    BLOGOS編集部

    09月22日 16:26

  4. 4

    横浜市長就任後も疑惑について説明しない山中竹春氏 ウソと恫喝の追及は続く

    郷原信郎

    09月22日 10:56

  5. 5

    菅さんの水面下での仕事の成果が今になって出て来たようだ

    早川忠孝

    09月22日 15:52

  6. 6

    サンドウィッチマン、かまいたち、千鳥…Googleで検索されている芸人ランキング

    放送作家の徹夜は2日まで

    09月22日 10:48

  7. 7

    河野太郎氏は、国会議員投票でも一位を取るべく全力を尽くしべし

    早川忠孝

    09月22日 17:41

  8. 8

    ワクチンパスポートの目的は差別じゃない~区別と差別を明確に切り分ける重要性~

    山崎 毅(食の安全と安心)

    09月22日 08:19

  9. 9

    公明・山口代表 給付金を選挙公約に掲げるも「何をいまさら」と呆れ声

    女性自身

    09月22日 16:21

  10. 10

    鳩山由紀夫氏“民主党は内ゲバで崩壊”と的確な分析に賛同も「急にまとも」と困惑続出

    女性自身

    09月22日 14:37

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。