記事

GracenoteがNext Big Soundと提携、ビッグデータ活用で音楽サービス構築を支援

リンク先を見る

音楽認識テクノロジー会社のGracenoteは、音楽データ解析会社のNext Big Soundと提携し、リアルタイム音楽データをパーソナライズドラジオ・プラットフォーム「Gracenote Rhythm」に連携することを発表しました。この連携によって、開発者や企業は、Gracenote Rhythmを使ってラジオサービスを構築する際、リスナーに人気のアーティストや注目度が高まっている新人アーティストを容易に見つけ、精度の高いレコメンデーションができるようになります。

Gracenote Rhythmは1月にGracenoteが発表したオンラインラジオ構築用のプラットフォームで、1億8000万曲以上のメタデータを誇るGracenoteのデータベースと連携し、リスナーの趣味嗜好に最適なレコメンデーションを行うことでパーソナライズされたオンラインラジオを簡単に構築することが可能になります。

Gracenote RhythmのAPIは2月に商用向けに提供開始予定です。

リンク先を見る

Next Big Soundは、ソーシャルメディアやデジタル音楽サービスのビッグデータを収集し分析する、音楽インテリジェンスのリーダー企業です。FacebookやTwitterでファンとアーティストとのエンゲージメントや、SpotifyやYouTubeなどの視聴行動など、ネット上のユーザー動向を解析しています。これらのインサイトは、レコード会社のプロモーション担当者やマネジメント会社、テクノロジー企業らがマーケティング活動の重要なリソースとして活用しています。

リンク先を見る

Next Big SoundのデータをGracenote Rhythmに取り込みことによって、ネット上で話題のアーティスト情報をリアルタイムで認識することが可能となり、新人アーティストや新作、話題曲などリスナーへのレコメンデーションをさらに最適かつパーソナライズすることができます。

関連記事
音楽認識テクノロジーのGracenote、ラジオサービスの開発を可能にするGracenote Rhythmを発表

Gracenoteのテクノロジーは現在Facebook、Spotify、iTunes、Amazon、Microsoft、フォードなど大手企業に導入されています。

ソース

Music Data Firms to Collaborate on Internet Radio Platform (1/29 New York Times)

あわせて読みたい

「ビッグデータ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  2. 2

    都の感染者が3865人のからくり 検査数が増えれば陽性者数も増える

    諌山裕

    07月30日 13:07

  3. 3

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  4. 4

    表現の自由を侵害? ネットフリックスなどへの規制に向かうイギリス

    小林恭子

    07月30日 13:34

  5. 5

    五輪で弁当4000食廃棄にショック 河野大臣も驚きのけぞる

    柚木道義

    07月30日 10:28

  6. 6

    なぜ無効な政策をいつまでも続けるのか?

    青山まさゆき

    07月30日 16:11

  7. 7

    「桜を見る会」不起訴処分の一部を不当に 検察審査会法の改正は司法改革の大きな成果

    早川忠孝

    07月30日 19:09

  8. 8

    不気味に大人しい小池百合子知事、目線の先にあるものは…?ワクチンの集中要請と追加経済対策を急げ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月30日 08:12

  9. 9

    「日本にロックダウンという手法はなじまないと思う」 法整備の必要性を問われ菅総理

    ABEMA TIMES

    07月30日 21:20

  10. 10

    東京都の銭湯料金が8月1日から値上げ ブームから一転、コロナ禍で利用客減少

    BLOGOS しらべる部

    07月30日 17:18

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。