記事

マックさん、なぜあなたは当選できないのでしょうか?:マック赤坂×おときた駿 対談・書き起こし

3/3

「インターネット」と「選挙」の可能性

おときた:ということで後編、あと10分ほどお話を伺っていきたいと思います。今日はプロブロガーのイケダさんにも参加していただいております。イケダさんから何かご質問はありますか?

イケダ:無茶ぶりですね(笑)一点伺いたいこととして、インターネットの可能性です。ぼくはツイッターで今四万人弱のフォロワーがいて、これからそういう人は増えてくるはずです。そうなると先ほどおっしゃったような「メディアに主要候補として取り上げられないから受からない」という構造的な問題も解決していく可能性があると思いますが、そういった点についてはいかがでしょうか?

マック:やはり問題は、インターネット人気が投票につながらない、ということでしょう。今の「インターネット選挙」というのは「インターネット投票」ではないわけですよね。インターネット選挙が解禁されたけど投票所はアナログなわけで、ここにギャップがあるわけですよ。

わたしはYouTubeでもニコニコでも人気があるけど、いざ2月9日になったら、見てくれている人たちは選挙に行かないんですよ。20代の投票率は20%代。これじゃ当選するわけがない。

革命として「インターネット投票」。とにかく一刻も早く投票できるように変わるということですね。インターネット投票が実現されれば、紙媒体、テレビ媒体に載っていなくても、インターネットだけで票を集めることもできるようになるでしょう。

イケダ:まったく同感です。ありがとうございます。

おときた:私たちの世代はマックさんのまじめな話を聞く機会がなくて…まじめな街頭演説を聞いて欲しいですね。

マック:「まじめに話せ」という人にかぎって、歌と踊りをやめるといなくなるんですよ(笑)

おときた:痛し痒しですね。私も街頭演説やりましたが、立ち止まって聞いてくれる人なんていない。

マック:私は逆に人が立ち止まったところでやるんですよ。立ち止まらざるを得ない、信号で。

いつやるの、今でしょ!

おときた:お時間も迫って参りました。これを見ているのは20、30代の人たちが多いと思います。最後にマックさんのメッセージをお願いいたします。

マック:私は「政見放送芸人」と言われていますが…とにかく政見放送を見てください。

NHKが今晩(1/31)11時から、民法、テレビ東京が2月4日の朝の4時。なんでゴールデンタイムでやらないんだということですが、とにかく見てください。

私は政策をしっかりもっています。20代30代の方に言いたいことは、まず選挙にいってください。マックに入れるとかそういう問題よりも、まずは投票に行く。

棄権するのはあなたの自由だとおっしゃいますが、棄権するのは危険です。投票する義務があるんです。ご存知の通りに本には「勤労」「教育」「納税」の義務があって、たとえば納税しないと税務署が飛んでくる。

ところが「投票」だけは義務になっていないから、投票日に寝転がっていても何も言われない。投票を四番目の義務にして、行かない人は罰則規定にする、ということを考えています。たとえば3年以下の懲役50万円の罰金とか。

もちろん鞭だけではなく飴も出す。たとえば、投票証明書を貰えば就活で有利になるとか、女性には投票所でケーキを出すとか、男性にはコンドームを出すとか。(会場笑)

「投票に行こう!」とバスに書くのは誰にでもできるし、それは役人の発想。選管には中身を考えて欲しいです。

投票率については、私は今回も非常に心配しています。30%台で落ち着くでしょうか。50%未満の選挙は信任されたという選挙ではありません。過半数を割る選挙は再選挙にしてください。

投票できるのが20歳以上というのはおかしいですよ。イギリスはあれだけコンサバティブといわれる国でも、投票権が16歳ですよ?高校生から投票所にいけるんです。そういう仕組みを作らないと若者が選挙に行くわけがないですよ。

渋谷とか新宿で演説していると、下を向いている若者が多いです。そういう人はマックのところに来てスマイルセラピーをやってください。

100の理屈よりは1の行動です。

いつやるの、今でしょ、Do it!(ポーズ付き)

おときた:はい(笑)Do it!ということで、最後にみなさんが想像するマックさんが出てきてよかったです(笑) 今回の対談では、政見放送ではわからないマックさんが見ていただけたと思います。本日はありがとうございました!

ただの芸人じゃなかった

画像を見る

政見放送のイメージが先行していますが、お読みになっていただけてもわかる通り、十分政策をお持ちです。案外、共感する方も多いのではないでしょうか。「宇宙太陽光発電」なんてキーワードが出るあたりとか、「電池にすればいいんだ」というあたりとか、個人的に思わず「いいね!」という感じ。

おまけの一枚。対談終了後にツイッターの通知の切り方をおときたさんに教えてもらうマックさんの図。お二人は政策の方向性も近いようで、意気投合したようです。

画像を見る

あわせて読みたい

「都知事選2014」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    交渉拒む韓国 反撃するしかない?

    MAG2 NEWS

  2. 2

    韓国への防衛協力を即時停止せよ

    和田政宗

  3. 3

    照射問題に前防衛相「怒り示せ」

    佐藤正久

  4. 4

    女芸人 大御所もセクハラはダメ

    たかまつなな

  5. 5

    SPA!に抗議した女子大生は危険

    小林よしのり

  6. 6

    高須氏がローラに理解示す 涙も

    田中龍作

  7. 7

    韓国が協議非公開破り事実捏造も

    城内実

  8. 8

    男、夜遊び、嫉妬 NGTに裏の噂も

    NEWSポストセブン

  9. 9

    堀江氏も敵視 急な電話は非礼か

    キャリコネニュース

  10. 10

    ヒカキン見るな 親の葛藤を痛感

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。