記事

「新党改革」(舛添要一・代表)のマネーロンダリングにおける「グローバルネットワーク研究会」(舛添・代表)の重要な役割

(1)いま都知事選挙に立候補している舛添要一氏が代表を務めていた「新党改革」(2010年結成)の借入金2億5000万円の一部を、税金(政党交付金と立法事務費)で(迂回による還流という手口を使って)違法に返済(3年で利息も含め完済)していたことは、すでに紹介しました。
「新党改革」(舛添要一代表)の借入金2億5000万円の違法返済問題

また、舛添要一氏の3つの政治団体がファミリー企業に家賃を3年間で1500万円超支払っており、その原資は、これまた税金だ、ということも、すでに紹介しました。
舛添要一氏の3政治団体がファミリー企業に家賃(3年で1516万円超)を実質税金で支払っていた

(2)3つの政治団体のうち、2011年6月30日に解散した「舛添要一後援会」がペーパー団体だったのではないかとの疑念が生じることを指摘しました。
「舛添要一後援会」(解散)はペーパー団体だった!?

そうなると、「新党改革」が違法に行わっていた税金による違法な借入金返済問題などにおける政党交付金(税金)の還流の手口では、「舛添要一後援会」が全く役割を果たしていないわけではないものの、特に重要な役割を果たしていると思われるのは、残りの2つの政治団体ということになりますが、舛添要一氏が代表を務める「新党改革比例区第4支部」が、「グローバルネットワーク研究会」など別の政治団体が「新党改革本部」からの税金を迂回して受け取るためのトンネルとしての役割を果たしていることも指摘しました。
「新党改革比例区第4区支部」(舛添要一・代表)の一つの重要な役割(迂回のためのトンネル団体)

(3)そこで、次に、舛添要一氏が代表を務めている「グローバルネットワーク研究会」が迂回による「新党改革」への違法な借入金返済において、どのような役割を果たしているのか、確認することにしましょう。

2010年分、2011年分、2012年分の「グローバルネットワーク研究会(舛添要一・代表)の政治資金収支報告書は、以下でご覧いただけます。
http://www.soumu.go.jp/senkyo/seiji_s/seijishikin/contents/111130/1149200021.pdf
http://www.soumu.go.jp/senkyo/seiji_s/seijishikin/contents/121130/1147400022.pdf
http://www.soumu.go.jp/senkyo/seiji_s/seijishikin/contents/131129/1148400024.pdf

(4)2010年
2010年は「改革クラブ」が途中で「新党改革」になった年です。

「グローバルネットワーク研究会」はは、前年からの繰越金が692万9046円で、本年収入は54万1306円しかなく、合計でも747万352円しかありません。

そのため、別の政治団体からの寄付の受領は少額です。また、別の政治団体への寄付の提供も必ずしも高額ではありません。

具体的に紹介すると、「グローバルネットワーク研究会」は、「新党改革比例区第4支部」から少額ではあるものの寄付を受けていました。

それは「新党改革」から受け取った政党交付金という税金でした(これは、すでに紹介したように「新党改革比例区第4支部」の政党交付金使途報告書で確認できます。以下、同じ)。

「新党改革比例区第4支部」 50万円(政党交付金) 2010年12月21日

そして、「グローバルネットワーク研究会」は、別のつの政治団体に計300万円を寄付していますが、その中には「新党改革」(100万円)もあります

100万円 2010年3月24日 「舛添要一後援会」
 50万円 2010年8月25日 「舛添要一後援会」
100万円 2010年5月7日  「新党改革(本部)」


本年収入が約54万円しかないことを考慮すると、別の2つの政治団体への寄付300万円(そのうち「新党改革(本部)」へは100万円)は高額と言えるかもしれません。

支出総額は659万9364円で、翌年への繰越額は87万983円です。

前年からの繰越額のほとんどを支出し、本年収入額に少し加算した程度を翌年に繰り越しており、繰越金と本年収入の金額は完全に逆転した状態になっています。

(5)2011年
「グローバルネットワーク研究会」の前年からの繰越額を除く本年収入総額は、2964万5953円です。

「グローバルネットワーク研究会」は「新党改革比例区第4支部」から計2150万円の寄付を受けています。

それは、すでに紹介したように報告書の上では全額政党交付金(税金)というわけではないのですが、金額と日付を見ると実質的には全額政党交付金(税金)と言っても過言ではありません。

つまり、収入の72%強を別の政治団体からの寄付(それも税金)に依存しているのです。

「新党改革比例区第4支部」  50万円(政党交付金) 2011年5月25日
「新党改革比例区第4支部」 600万円(政党交付金) 2011年7月20日
「新党改革比例区第4支部」 600万円(政党交付金) 2011年10月21日
「新党改革比例区第4支部」 200万円(政治資金)  2011年12月21日
「新党改革比例区第4支部」 700万円(政党交付金) 2011年12月28日


そして、「グローバルネットワーク研究会」はその一部(1130万円)を別の2つの政治団体に寄付しており、それらは実質政党交付金(税金)であり、その受け取っている政治団体には「新党改革(本部)もあり、その金額は計900万円もありました。

つまり、本年収入総額の約30%を「新党改革(本部)」に寄付しているのです。

 30万円 2011年1月11日 「舛添要一後援会」
200万円 2011年4月22日 「舛添要一後援会」
300万円 2011年7月27日 「新党改革(本部)」
150万円 2011年8月10日 「新党改革(本部)」
250万円 2011年11月9日 「新党改革(本部)」
200万円 2011年12月10日「新党改革(本部)」


要するに、「新党改革(本部)」が政党交付金(税金)を「新党改革比例区第4支部」に寄付し、「新党改革比例区第4支部」が「グローバルネットワーク研究会」に寄付し、「グローバルネットワーク研究会」が「新党改革(本部)」に寄付しており、税金が900万円も還流しているのです。

なお、翌年への繰越金は1039万4869円もあります。

(6)2012年
「グローバルネットワーク研究会」の前年からの繰越額を除く本年収入総額は、前年からの繰越額よりも少し多いだけの1389万5717円です。

「グローバルネットワーク研究会」は「新党改革比例区第4支部」から計850万円の寄付を受けていますが、それは、すでに紹介したように報告書の上では全額政党交付金(税金)というわけではないのですが、金額と日付を見ると実質的には全額政党交付金(税金)と言っても過言ではありません。

つまり、収入の61%強を別の政治団体からの寄付(それも税金)に依存しているのです。

「新党改革比例区第4支部」 250万円(政党交付金) 2012年4月27日
「新党改革比例区第4支部」  50万円(政治資金)  2012年6月20日
「新党改革比例区第4支部」 250万円(政党交付金) 2012年7月31日
「新党改革比例区第4支部」 250万円(政党交付金) 2012年10月25日
「新党改革比例区第4支部」  50万円(政治資金)  2012年12月26日


そして、「グローバルネットワーク研究会」はその一部(700万円)を「新党改革(本部)に寄付しています。

つまり、本年収入総額の約50%を「新党改革(本部)」に寄付しているのです。

250万円 2012年6月27日 「新党改革(本部)」
450万円 2012年11月14日 新党改革(本部)」


要するに、「新党改革(本部)」が政党交付金(税金)を「新党改革比例区第4支部」に寄付し、「新党改革比例区第4支部」が「グローバルネットワーク研究会」に寄付し、「グローバルネットワーク研究会」が「新党改革(本部)」に寄付しており、税金が700万円も還流しているのです。

なお、翌年への繰越額は492万5321円に減っています。

(7)以上のように、「グローバルネットワーク研究会」は、「新党改革」が政党交付金という税金をマネーロンダリングするときに極めて重要な役割を果たしているのです。

(8)なお、「新党改革」のマネーロンダリングに重要な役割を果たしているのは、舛添氏の政治団体だけではありませんので、くれぐれも、ご留意ください。

言い換えれば、「グローバルネットワーク研究会」は、「新党改革」が政党交付金という税金をマネーロンダリングするときに、他の政治団体と同じように極めて重要な役割を果たしているのです(これについては、最初のブログ投稿で紹介していますが、より具体的には別の機会に紹介したいと思います)。

あわせて読みたい

「舛添要一」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    逮捕されても臆することなく、取材を続けよう〜田原総一朗インタビュー

    田原総一朗

    07月28日 08:07

  2. 2

    酷暑下の札幌五輪マラソン 市民の冷ややかな声も少なくない

    NEWSポストセブン

    07月27日 09:36

  3. 3

    東京3000人は五輪強行開催によるモラル崩壊の証。もう誰も自粛しない

    かさこ

    07月28日 08:46

  4. 4

    中国、ロシア製ワクチンと立憲民主と共産党 まあ少し可哀想ではあるけど、ブレインが悪いのとセンスがないというだけ

    中村ゆきつぐ

    07月27日 08:26

  5. 5

    ファイザー製ワクチン、接種から7カ月で抗体レベル減少 デルタ株への免疫力低下も

    ABEMA TIMES

    07月27日 15:33

  6. 6

    野球は7回、サッカーは60分に!若者のスポーツ観戦離れを「時短化」で食い止めろ

    土屋礼央

    07月27日 08:11

  7. 7

    プロフェッショナルなサービス、人はそれを必要とするか?

    ヒロ

    07月27日 11:31

  8. 8

    西村大臣の酒類販売事業者への要請撤回 首相官邸の独断に官僚からも疑問の声

    舛添要一

    07月28日 08:34

  9. 9

    東京の新規感染者数が2848人…「緊急事態宣言って何」の声

    女性自身

    07月27日 21:31

  10. 10

    米・伊選手団が食堂で「マスクなし大宴会」 五輪選手村スタッフが目撃

    NEWSポストセブン

    07月28日 08:44

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。