記事

成熟経済におけるダイナミズム

 活力と成長力に富んでいる新興国の経済と比べ、成熟経済というものは成長率も鈍化し面白みに欠けると考えがちである。

 実際、新興国の人々は朝から晩まで眼を輝かせて仕事に励んでいる。 より豊かな明日を信じて身を粉にして働く姿の前では、疲れたとかの声はかき消されてしまう。

 それに比べ、日本もそうだが先進国では豊かな生活というものを手に入れてしまった。 人々の間では、さらなる刻苦精励を唱えるよりも、むしろ過労だとか体調を崩したとかの声がやたら多くなっている。

 そういった成熟経済ではあるが、意外とというか驚くほどダイナミックに動いているのを見過ごしてはいけない。 たしかに成長率は鈍っているが、限られたパイを奪おうとする企業活動は新興国とは別の意味で激しいものがある。

 その企業間競争だが、拡大し続けるパイにどれだけありつけるかが勝負だった高度成長期とは違う。 発展期よりはるかに巨大化した日本経済のパイではあるが、もうそれほど大きくなっていかない。 そこで、どうシェアを伸ばしていくか、どう勝ち残っていくのか、各企業にとっては熾烈な競争の毎日である。

 もうひとつ、やっかいな問題が出てきている。 それは、経済の主役が企業から消費者に移ってきていることだ。 かつて発展期から高度成長期までは、人々がより豊かな生活を実現しようと欲しいものを次から次へと買っていった。 とにかく買いたいというニーズが爆発していたから、完全に売り手市場つまり企業の供給力が主体の経済構造だった。

 ところが、成熟経済では買い手市場にシフトしていく。 もう人々は欲しいものはほとんど手に入れてしまった。 日々の生活消費財は別として、家電や車など耐久消費財に関しては、どう買い替え需要に応えていくかが企業に課されてくる。 

 持っていないからとにかく買いたいニーズから、そろそろ買い換えようか、じっくり各メーカーの品定めをしてみてからの消費者ニーズに変わってしまっている。 日々の生活消費ニーズにおいても、不祥事などを起こしたら消費者の不買運動を食らってしまう。

 そう、成熟経済では生活者が主役となり、企業は消費者ニーズにどう応えていくかが問われるようになる。 もはや、安くて性能さえ良ければといった企業の押し込み論理は通用しない。 いかに生活者の期待に応え続けていくかの経営センスが勝負となる。

 これからはっきりすることは、優勝劣敗よりも適者生存の論理で企業の淘汰が激しくなることと、企業の敗者復活が日常茶飯事となることだ。 ものすごくダイナミックな栄枯盛衰が企業間でみられるようになるだろう。

 個別企業を選別するわれわれ長期投資家にとっては、ますます面白い展開となっていくわけだ。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    時代遅れの感が否めないほど低画質なサブチャンネル放送 NHKの五輪中継に苦言

    諌山裕

    07月31日 15:52

  2. 2

    コロナはインフルエンザ程度?インフルエンザで死ぬかと思った24歳の時の話

    かさこ

    08月01日 09:14

  3. 3

    バッハ高笑い!?東京五輪「やってよかった」が77%も!

    女性自身

    08月01日 08:42

  4. 4

    次の総選挙結果は「与野党伯仲」ー〝真夏の白昼夢〟を見た/8-1

    赤松正雄

    08月01日 08:31

  5. 5

    感染者4000人超に マスコミは五輪報道からコロナによる医療崩壊報道に切り替えるべき

    早川忠孝

    07月31日 17:57

  6. 6

    どうして日本から敢えて海外移住するのか?

    内藤忍

    07月31日 11:03

  7. 7

    資格と能力は違う?資格や履歴書が充実していても使えない人材多い日本

    ヒロ

    08月01日 11:28

  8. 8

    無法地帯になってきた空港と選手村 感染爆発が止まらないのも道理

    田中龍作

    07月31日 08:43

  9. 9

    「直感で感じたことは、7割以上正しい」――羽生善治 - 岡上貞夫

    幻冬舎plus

    08月01日 08:25

  10. 10

    五輪の「祝賀モード」は選挙で政権に有利になるのか?減り続ける菅総理のポスターと自民党の焦り

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月01日 11:04

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。