記事

ダボス会議に出席 ~印象的な安倍首相のスピーチ~

 1月21日~24日にかけて、世界経済フォーラム主催のダボス会議(年次総会)に出席しました。私は毎年出席しておりますが、今年は格別に印象深い会議となりました。ダボス会議の数十年に渡る歴史の中で初めてのことですが、日本の首相がキーノートスピーチを行ったのです。

 安倍総理は、大変流暢な英語で力強くはっきりと、自身のお考えや我が国の政策、諸外国との連携強化などについて述べられました。演説後、臨席した約800名の諸外国の代表者からの万雷の拍手を持って迎えられました。

 安倍総理のスピーチに先立ち、韓国の朴槿恵大統領が約15分の演説をされていたこともあり、安倍総理の外交方針に関する賛否はあるかもしれませんが、私の既知の諸外国代表者達は皆、安倍総理のスピーチを大絶賛していました。

 かつて諸外国では、日本の政策は不透明であるという見方が多数を占めていました。その原因には、我が国の言語特有の不明確に見える意思表明もありました。そのため諸外国は、我が国に距離感を感じていたように思います。

しかし今回の安倍総理の英語でのスピーチは、見事にその距離感を払拭しました。諸外国の方々にとって、身近で親しみやすく感じたのですから、彼らの中で日本の存在感が大きくなったのは、疑う余地がありません。

 安倍総理のスピーチの成功の要因はもう1つあります。総理は正月早々より、アフリカ諸国やインドを訪問されています。安倍政権発足からの1年間で150か国との首脳会談をこなされています。この外交努力が、大きく実を結んだのです。

 多くの諸外国の代表者が、既に安倍総理と会談している上での、今回のダボス会議。その安倍総理が、自国の政策について理解を得るべく訴えかけたのです。皆様がそのスピーチに傾聴されたのも至極最もなことでしょう。

 安倍政権が発足してから1年あまり。日本の外交や対外的なアピールは新たな時代を迎えたように感じます。はっきりとものを言い、理解を求める――この外交姿勢こそが、日本を取り巻く諸外国から求められていたことであろうと思います。今回のダボス会議での安倍総理、本当に素晴らしいスピーチでした。良いスタートを切った本年です。

あわせて読みたい

「ダボス会議」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    天皇陛下の政治利用疑惑。都議選前夜に、宮内庁長官の発言は軽率と言う他ない

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月25日 08:16

  2. 2

    金融資産1億円はもはや「富裕層」ではない

    内藤忍

    06月25日 11:24

  3. 3

    宮内庁長官の“陛下が五輪懸念と拝察”発言 記者から「発信していいのか」と確認も

    BLOGOS しらべる部

    06月25日 14:08

  4. 4

    <TBS「週刊さんまとマツコ」>悩みなき萬斎娘・野村彩也子アナに悩み相談させるのは残念

    メディアゴン

    06月25日 09:00

  5. 5

    NHK「たけしのその時カメラは回っていた」予定調和の気持ち悪さ

    メディアゴン

    06月25日 08:27

  6. 6

    「天皇陛下が五輪に懸念」…異例の長官「拝察」発言に賛同相次ぐ

    女性自身

    06月25日 08:32

  7. 7

    反ワクチン派への否定に医師「長期的な副作用は不明であることを念頭に置くべき」

    中村ゆきつぐ

    06月25日 08:57

  8. 8

    「五輪は延期か中止を」立憲民主党東京都支部連合会長妻昭会長

    安倍宏行

    06月25日 12:31

  9. 9

    ワクチン予約サイトの「.com」運用に疑問 行政はドメイン名で信頼性を担保して

    赤木智弘

    06月25日 10:24

  10. 10

    営業職の約8割「嫌な思いした」誰得営業が発生する現実

    キャリコネニュース

    06月25日 09:55

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。