記事

都知事選、期日前投票

東京都知事選の期日前投票も順調とマスコミに報道されています。

これは前回の都知事選に比べての話です。

しかしここには1つの盲点があって、前回の都知事選は総選挙とのダブル選挙で投票率が高かったわけですが、都知事選の告示期間は17日間、総選挙の公示期間は12日間、即ち5日間のタイムラグがあるわけです。

普通は、一度に投票を済ませたいでしょうから、前回は最初の5~6日間(期日前投票は告・公示日の翌日から可能)は少なかったわけです。

その少ない期間と比べれば今回高い、というわけですが、おそらく、今日以降は前回に比べればそう高くはならないでしょう。

全体的にも投票率は下がると思います。

因みに、期日前の出だしは一部のマスコミによると、1位は舛添氏ですが、細川氏と宇都宮氏が横一線、田母神氏も追い上げているとのことです。

宇都宮氏は共産・社民に加え、元祖脱原発の固定票がありますが、細川氏はいわゆる固定票は殆どないので、順位が入れ替わる可能性も大だと思います。

あわせて読みたい

「都知事選2014」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。