記事

「点」を否定する無理

 旧司法試験組、法科大学院組、そして予備試験組。私たちが出会うことになる、この3種類の法曹の能力や質を、その種類の違いによって区別し、そこにはっきりとした優劣をつけることはできません。旧試組でも、法科大学院を経ても、それこそ優秀な人もいれば、そうでない人もいる。どちらが粒ぞろいだなどということも、一概にいえません。少なくとも、いまのところは。

 点からプロセスといっても、この社会がプロセスの効用を実感できるまでにはなっていません。もちろん、旧試組の法曹に、問題かある法曹がいたとしても、それが点による選抜のせいだと、国民が思っていたわけではなく、言い出したのはプロセスを導入しようと思った有識者の方々です。新プロセスが、必ずやそうした効用をもたらしてくれると、国民が信じているというわけでもないと思います。旧試験組の現役法曹が、その点の選抜(そもそも点であったかは別にして)によって、つまりは新プロセスを経ていないことによって、おしなべせて「欠陥品」であるような意識(「法科大学院導入を支えた『欠陥』批判」)が、多くの国民にあるとも思えません。

 しかし、あくまでこのプロセスを強制し、それを続けようとする側は、そういうわけにはいかないはずです。このプロセスを経なければ、あるべき法曹としては、アウト。少なくとも経た者と経ない者には、歴然たる差があることを、社会に示していく立場であっていいはずですし、社会の側に、なるほどプロセスを経た法曹は違うと認識させなければならないはずです。ある意味、その認識が形成できないうちは、何度となく、本当にこのプロセスを強制して、多くの志望者の受験機会を奪ってまで導入する必要があるのかが問われることもまた、当然というべきです。

 そう考えると、そもそも「予備試験」という存在はわけが分からなくなります。経済的な理由でプロセスを経ることができない人への機会保障の意義はもちろん分かります。ただ、プロセスを絶対的に「あるべき法曹」のためとして強制する側からすれば、どういうことになるのでしょうか。プロセスを経たものと同等の能力を「点」で測れるという意味もよく分かりませんが、場合によっては「点」でも「欠陥品」にはならないということなのか、あくまで少数の例外として目をつぶるという立場なのか。

 もし、前者ならば、予備校批判を含めた旧試否定、プロセス強制の根拠にぐらつきが出るように感じます。旧試組を全否定しているわけではないし、中には「欠陥品」でない人もいるのだから、これはこれでよし、ということでしょうか。

 それでは、今、その予備試験組の質や能力に、むしろ社会が注目していることをどう考えるべきなのでしょうか(「坂野弁護士ブログ」)。点でも、「欠陥品」にはならず、むしろ「プロセス」を正式に経た人材よりも、社会が歓迎するのならば、この強制は何の意味があるのでしょうか。それとも、これ自体が「プロセス」定着化のプロセスで、そのうち社会は、法科大学院組しか見向きもしなくなるということを信じていればいいのでしょうか。

 繰り返しになりますが、多くの国民は、今でも「点」が問題だと思っていません。だから、この現象のそのものにも、何の疑問もわかないはずです。むしろ、疑問を抱くとすれば、「欠陥品」を生み出すはずの「点」の選抜を経た現役法曹自らが、実務家教員として法科大学院で後進を指導していることと、この「プロセス」強制を何としても維持しようとしていることの方だと思います。

あわせて読みたい

「法科大学院」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  2. 2

    見直し当然?野党ヒアリング紛糾

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    「官邸TV監視」赤旗スクープ称賛

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    社民党分裂 背景に立民の左傾化

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    倉持由香 初の裸エプロンに感激

    倉持由香

  6. 6

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  7. 7

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  8. 8

    小沢一郎氏の怒り買った立民議員

    文春オンライン

  9. 9

    世界も注目 鬼滅映画の大ヒット

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    小沢一郎氏は共産党の用心棒役か

    赤松正雄

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。