記事

ソフトバンク、通話定額制を月額1280円で4月から開始か

日本経済新聞は、ソフトバンクが4月から音声通話に月額定額制を導入すると報じた。用意されるプランは、定額のデータ通信料金と一本化する形となり、いくつかのプランが用意される模様。主力となるのは月額6980円のプランで、音声通話分は実質月1280円になるとのこと。

6980円のプランの場合、通話が1回あたり5分以内で月1000回まで無料、データ通信が月7Gまでという条件となるようだ。国内であれば他社携帯も含めかけ放題になる。
ただし、条件を超えた通話に関しては、通常よりも割高な通話料が設定される模様。
利用できるのはLTE対応のスマートフォンを新規か、機種変更で契約した人が対象となる。

ドコモも1000円の定額制を検討

音声通話定額制といえば、昨年6月にNTTドコモが月額1000円の定額制サービスを2014年を目処に導入する検討に入ったと伝えられていたが、こちらはVoLTE(LTEネットワーク上でのIP通話)の利用が前提となっていた。ソフトバンクは従来の音声回線で定額制を実現する模様だ。

また、音声通話定額制といえば、ソフトバンク傘下のウィルコムが月額980円で展開している。こちらは1回あたり10分以内の国内通話を月500回まで無料で提供しており、少し条件が異なるがウィルコムで得られたデータを元にソフトバンクが音声通話定額制の導入に踏み切ったと思われる。

日本経済新聞によると、ソフトバンクの1契約あたりの音声通話収入は4年前から4割減っているとのことだ。背景には無料で音声通話ができるSkypeやLineの存在があると思うが、テキストメッセージでのやりとりも含め、無料で利用出来る方法を選択したやりとりが増えていることを意味しているのだろう。

ホワイトプランの通話料は30秒20円であるため、1280円は他社携帯などに電話をかけた場合の32分程度に相当する。5分以内という条件付きなので、月7回以上電話を使う人であればだいたい得になると考えられるだろうか。

5分以内という制限はなかなか使いづらいそうで、超過料金で逆に高くなるというケースもありそうだが、どのような反応が得られるだろうか。NTTドコモやKDDIが追随するのか注目だ。

あわせて読みたい

「ソフトバンク」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナは若者に蔓延? 医師が仮説

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    秋篠宮夫妻 公用車傷だらけの訳

    NEWSポストセブン

  3. 3

    斎藤佑樹からの連絡「戦力外?」

    NEWSポストセブン

  4. 4

    医師が語る現状「医療崩壊ない」

    名月論

  5. 5

    貯金がない…京都市を襲った悲劇

    PRESIDENT Online

  6. 6

    昭和の悪習 忘年会が絶滅する日

    かさこ

  7. 7

    飲食店のBGM 感染を助長する恐れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    なぜベーシックインカムに反対か

    ヒロ

  9. 9

    宗男氏 桜疑惑めぐる報道に苦言

    鈴木宗男

  10. 10

    コロナ起源は輸入冷食 中国主張

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。