記事

安倍総理のダボスでのスピーチに関する3つの疑問

 安倍総理がダボスで基調講演を行いました。紙を見ずにこれだけ長いスピーチをしている姿をみると、よっぽどスピーチの練習をしたのだろうと想像させられます。

 それに、ひょっとしたら英語が少し上達しているかも‥

 でも、以前にも言ったように、英語でスピーチをする場合には、自分の語彙力というか、英語力に合った内容にした方がいいと思うのです。つまり、もっと平易な言い方の方が受けるのではないか、と。

 いずれにしても、余り感動を呼ぶような話ではないのです。退屈なのですよね、一言で言えば‥

 経済の話なのだから、それはしようがない?

 でも、落語にオチがあるように、うん、それは面白い、それはそのとおりだというようなものがないと、聴いていて面白くないでしょ?

 そして、聴いている人が面白くないと感じていることが話し手に伝わると、話し手の方も盛り上がりを欠き‥つまり悪循環に陥り、話は益々平板なものになってしまうのです。

 それに、自慢話が多すぎるのではないでしょうか。

 アベノミクスの話をするにしても‥どうしても自慢に聞こえてしまう、と。

 人間って、他人の失敗談なら喜んで聞くのですが、成功した話には余り関心を示さないものなのです。それが普通の人間です。

 しかし、そうは言っても注目を浴びたところもあるのです。それを見てみましょう。

 The dividend of growth must not be wasted on military expansion.

 「経済成長の配当は、軍事拡張のために費やすべきではない」

 これは、中国のことを暗に指しているのでしょうね。

 Japan has sworn an oath never again to wage a war. We will continue to be wishing for the world to be at peace.

 「日本は、二度と戦争をしないことを誓った。我々は世界が平和であることを望み続ける」

 それは、そのとおり。

 If peace and stability were shaken in Asia, the knock-on effect for the entire world would be enormous

 「もし、アジアにおいて平和と安定が揺らぐことがあれば、世界全体に及ぼす連鎖反応は計り知れない」

 これも、暗に中国のことを指している、と。

 ということで、聞いている人も含め海外は、自慢話に聞こえるアベノミクスの話よりも、日中間の緊張の高まりに関心を示しているのです。日中間できな臭い感じがするが、果たしてどうなるのだろうか、と。

 安倍総理は、現地に集まった記者たちに次のように語ったとも伝えられているのです。

 Unfortunately with China we don’t have a clearly explicit roadmap.

  「まずいことに、中国との関係において我々にははっきりとした工程表は何もない」

 There may be some conflict or dispute arising out of the blue or on an ad hoc level or inadvertently.

 「突然、或いは不注意で衝突や紛争が起きるかもしれない」

 We don’t want inadvertent conflict arising out of these two countries and we want [a] military-force-level communications channel fully established.

 「我々は、両国の間で不注意で衝突が起きることを望まないし、また、防衛関係者同士で意思疎通図られる体制が確立することを望んでいる」

 安倍総理が、海外でそんなことを口にしているなんて。日中間の緊張関係は、一般の国民が思っているほど深刻な事態になっているということなのでしょうか。 

 いずれにしても、今や世界は、アベノミクスの成果よりも日中間の緊張の高まりに大いに関心を示していることがこれで明らかになったかと思うのです。
 
 ということで、皆さんも、ダボス会議に出席した安倍総理が海外の人々からどのように受けとめられたかということが分かると思うのですが‥私は、ここで3点異議を述べたいと思います。

 私は、安倍政権の政策には普段いろいろと注文を付けさせてもらっています。但し、それも日本のためを思えばこそ。でも、その私でさえも、海外で安倍総理が誤解されるようであったら、やはり寂しいのです。もう少し上手にスピーチができたものを、と。

 疑問の第一は、何故このようなメリハリがない、つまり感動を呼ばない内容になったのか、ということなのです。

 アメリカの大統領がスピーチをするときには、ちゃんと専門のライターが書くということはもはや周知の事実です。だから、必ず受けると思われる話も盛り込んでおく、と。

 今回の話でおもしろいと思われる部分はあったのか?

 リーマンブラザーズに言及したときに、「リーマンブラザーズがリーマンブラザーズとシスターズであったら」と言ったときに笑わないければいけなかったのか?

 ここで笑わないともう笑うところがない?

 疑問の第二は、スピーチに出てくる言い回しや語彙と発音のアンバランスです。何故、そのような格調が高そうな英語にしたのか、と。

 安倍さんの英文のスピーチは、面白いかどうかは別として格調の高い英語と言っていいでしょう。難しい言い回しも出てくる。

 普通ちょっと英語のできる人でも、戦争をするというが wage a war であると知っている人は少ないのではないでしょうか。

 しかし、そうやって難しい語彙などが出てくる割には一語一語区切ったような話し方になってしまう。多分、アクセントを重視した指導をされたのでしょう。そうでないと英語らしく聞こえないから、と。

 しかし、アクセントを重視するあまり、どうしても無駄な力が入り過ぎて、聞いている方が疲れてしまうのです。

 第三は、この安倍総理のスピーチに対する反応ぶりに対する疑問です。

 はっきりと言いましょう。ネット上で見受けられる海外の反応は、概して評判がよろしくない。

 発音がよくないとか。例えば、約3年前の3月11日の地震について言った earthquakeがarsequake に聞こえた、とか。

 まあ、でも、そんな発音の間違いは、日本人が話す英語だから珍しくもなんともない、と。むしろそんなことをいちいち言う方がおかしいかも。

 しかし、安倍さんに対する批判としては、彼が軍国主義者で、warmonger、つまり戦争屋であるというようなものが多いのです。

 確かに安倍総理は、集団的自衛権を主張する人間ですから、ハト派に属するとは言えないでしょうが‥でも戦争屋といのは言い過ぎでしょう。でも、どうもそのようなイメージが定着しているような気さえするのです。

 とは言っても、飽くまでもそれはネット上での話。それに、ネットの世界では恐らく英語のできる多くの中国人が、中国を擁護するために書いた批判も多いでしょう。だから、そのような批判をそのまま受け入れる必要もないでしょう。

 しかし、そうであれば、今度は次のような疑問が頭をもたげるのです。

 日本のネトウヨ、もとい、安倍さんの熱狂的な支持者は何をしているのか、と。

 海外のネットの掲示板などにもっとコメントを寄せるべきではないのか、と。

 或いはそうした人々は、海外で安倍さんがどのような言われ方をしているのか知らないのでしょうか。国内で、自分たちの意見を主張するだけでそれで満足しているということなのでしょうか?

 そんなことでは中国に負けてしまいます。何故英語の得意な麻生さんにでも英語を習って、海外の掲示板にコメントを書き込まないのでしょうか?

 以上が、私が感じた3つの謎なのです。

 いずれにしても、安倍さんのスピーチは誰に対して行ったものなのでしょう?

 海外の人々に理解してもらうため?

 だったら、もう少し控えめな内容の方が好感が持たれるでしょう。

 或いは、日本にいる国民に英語ができる姿を見せたいため。

 だったら半分は成功で半分は失敗かもしれません。

 総理だから、安倍さんの英語は凄いと皆、褒めるでしょうが‥そう思っていない人も多いのです。

 いずれにしても、どうも安倍総理は、対外的に情報操作戦で成功しているようには思えないのです。

あわせて読みたい

「ダボス会議」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    天皇陛下の政治利用疑惑。都議選前夜に、宮内庁長官の発言は軽率と言う他ない

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月25日 08:16

  2. 2

    金融資産1億円はもはや「富裕層」ではない

    内藤忍

    06月25日 11:24

  3. 3

    宮内庁長官の“陛下が五輪懸念と拝察”発言 記者から「発信していいのか」と確認も

    BLOGOS しらべる部

    06月25日 14:08

  4. 4

    <TBS「週刊さんまとマツコ」>悩みなき萬斎娘・野村彩也子アナに悩み相談させるのは残念

    メディアゴン

    06月25日 09:00

  5. 5

    NHK「たけしのその時カメラは回っていた」予定調和の気持ち悪さ

    メディアゴン

    06月25日 08:27

  6. 6

    「天皇陛下が五輪に懸念」…異例の長官「拝察」発言に賛同相次ぐ

    女性自身

    06月25日 08:32

  7. 7

    反ワクチン派への否定に医師「長期的な副作用は不明であることを念頭に置くべき」

    中村ゆきつぐ

    06月25日 08:57

  8. 8

    ワクチン予約サイトの「.com」運用に疑問 行政はドメイン名で信頼性を担保して

    赤木智弘

    06月25日 10:24

  9. 9

    「五輪は延期か中止を」立憲民主党東京都支部連合会長妻昭会長

    安倍宏行

    06月25日 12:31

  10. 10

    営業職の約8割「嫌な思いした」誰得営業が発生する現実

    キャリコネニュース

    06月25日 09:55

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。