記事

東京都知事選は安倍・菅と細川・小泉のどっちに大義があるかの戦いだ

東京都知事選が告示され、いよいよ戦いが始まった。

きょうの各紙は一斉にそのことを取りあげ、各候補者の紹介とその政策を羅列して、どの候補者が新しい都知事にふさわしいか、などとお決まりの報道をしている。

そんな中で産経新聞だけが一面トップで大きく次のような見出しを掲げて報じた。

これは「安倍VS小泉」の代理戦争だ、と。

こういう取り上げ方をするところが産経新聞の正直なところである。

まさしくその通りであり、それ以外のあらゆる解説は不要だ。

安倍首相を応援する産経にとってはこのような構図になることは不利なはずだ。

不利を承知でこう書くところもまた産経新聞らしい正直なところである。

小泉元首相は1月14日に細川氏と二人だけで会ったとき、「これは桶狭間の戦いだ」と語ったらしい。

しかし、もうひとつ重要な事を語ったと報道されている。

それが「きょうは旧歴では討ち入りの日だ」ということだ。

大義は我々にあるという意味である。

小泉氏はそう言って細川氏の背中を押した。

おりしも安倍・菅政権は権力に任せてどんどんと暴政を加速させている。

秘密保護法の強行採決がそうだ。

名護市選挙で示された民意を無視して辺野古移転工事を強行する傲慢ぶりがそうだ。

菅官房長官の人相が日増しに悪くなっている。

敗北をおそれて外遊に逃げ回っている安倍首相の姿が吉良にだぶって見える。

大義があるから勝てるとは限らない。

しかし大義のない主義、主張はいくら叫んでも大衆の心に届かない。

どちらが大衆の心をつかむかである。

政策論争など不要だ。 メディアの解説など無意味だ。

安倍・菅と細川・小泉のどちらに大義があるか、それだけだ(了)

あわせて読みたい

「都知事選2014」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    混雑する観光地、お休み中の飲食店…「国民の祝日」が多すぎることのデメリットを痛感

    内藤忍

    09月21日 11:56

  2. 2

    引きずり下ろされた菅首相の逆襲が始まる「河野内閣」で官房長官で復活説も

    NEWSポストセブン

    09月21日 08:42

  3. 3

    順当トップ交代人事では払拭できぬ三菱電機の"悪玉"企業風土とは

    大関暁夫

    09月21日 12:37

  4. 4

    「政高党低は悪?」 報ステは自民党批判ありきではないか?

    和田政宗

    09月21日 22:55

  5. 5

    三菱UFJが傘下の米銀80億ドルで売却、USバンコープと提携模索

    ロイター

    09月21日 20:06

  6. 6

    全国フェミニスト議員連盟の釈明は、明らかに虚偽を含み極めて不誠実である

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月20日 16:58

  7. 7

    「感染ゼロではなく、重症化ゼロを目指す。医療と経済は両立できる」現場医師の提案

    中村ゆきつぐ

    09月21日 08:28

  8. 8

    連休明けに大幅下げの株式市場 実体経済からかけ離れた金融バブルは破裂すべき

    澤上篤人

    09月21日 15:32

  9. 9

    コロナ禍で育つ生徒たち 後世での「コロナ世代」呼ばわりを懸念

    船田元

    09月21日 10:45

  10. 10

    “超節約”で『FIRE』実現も…越えた先に思わぬ壁 達成者が伝えたい注意点

    ABEMA TIMES

    09月21日 13:26

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。