記事

名護市長選の結果を、米国はどう受け止めるのか - 芳地隆之

映画監督のオリバー・ストーン氏やマイケル・ムーア氏、ノーベル平和賞受賞者マイレッド・マグワイア氏、言語哲学者ノーム・チョムスキー氏、歴史学者ジョン・ダワー氏ら米国を中心とする世界的な著名人や識者ら29人が米軍普天間飛行場を名護市辺野古に移設する計画に反対する声明を発表したのは今月7日です。これを一面で報じた翌日付『東京新聞』によると、声明では、辺野古移設を「人間と環境を犠牲にして沖縄の軍事植民地状態を深化し、拡大させる」と批判。また、米兵による犯罪や米軍機の騒音、環境汚染によって「戦後ずっと、沖縄の人々は米国の独立宣言が糾弾する『権力の乱用や強奪』に苦しめられ続けている」と指摘し、「沖縄の人々の苦しみを恒久化させることにもつながる」と非難しています。

 先日、沖縄県名護市長選挙が行われ、辺野古移設反対を掲げる稲嶺進氏が移設推進を訴えた末松文信氏を破り再選されました。

 これに対して政府は、選挙結果に関わらず、辺野古移設を進める意向を示しています。国の安全保障政策に住民は口を出すなということでしょうか。移転の是非を問う市長選であったにもかかわらず、です。

 1月20日付『ニューヨークタイムズ』は、市長選の結果とその背景を詳細に報じていました。なぜ沖縄の人々が、これ以上の米軍基地負担は嫌だといっているのか。1995年の沖縄米兵による少女暴行事件にまでさかのぼり、淡々と紹介しています。当事者であるのに高みの見物のような報道ですが、これを読む米国民の多くは、名護市民の民意を無視できないと考えるのではないでしょうか。

 昨年、日本ではNHKBSで『オリバー・ストーンが語るもうひとつのアメリカ史』が放映、同時に翻訳(早川書房)も出版されました。冒頭のストーン監督が、自由世界の庇護者として振る舞うアメリカ外交の欺瞞を暴いた作品ですが、このような作品が世界に向けて公開・出版されるところは「自由の国・アメリカ」ならでは、であり、はたして21世紀の現在、米国政府は、住民の反対の声を無視して移設の建設を強行する日本政府を本当の同盟国とみなすのか。私には疑問です。

 米国の態度次第で、日本が米国のパートナーであるのか、冷戦時代に「アメリカの裏庭」と呼ばれた中南米諸国と同じような対象とみなされているのかがわかるような気がします。

 今回の名護市長選挙が米国の姿勢も問うていると思う所以です。

(芳地隆之)

あわせて読みたい

「名護市長選」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  2. 2

    見直し当然?野党ヒアリング紛糾

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    「官邸TV監視」赤旗スクープ称賛

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    社民党分裂 背景に立民の左傾化

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  6. 6

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  7. 7

    小沢一郎氏は共産党の用心棒役か

    赤松正雄

  8. 8

    岡村隆史が結婚「素敵な方です」

    ABEMA TIMES

  9. 9

    安倍前首相の嫉妬が菅首相脅威に

    文春オンライン

  10. 10

    ほんこん 政治的発言をする理由

    マイナビニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。