記事

「選挙とか政治とか既存のシステムを、ハッキングする形で、新しい動きを作っていきたい」―家入一真氏・都知事選出馬会見

2/2
niconico 写真一覧

質疑応答

―現時点のご自身の原発問題、オリンピックに対するスタンスについて

家入:原発について、そのもちろん「脱原発」というか「脱原発依存」と言うんですかね。
結局、大きなものに頼ってきたわけですよ、それはたぶん国であったり、原発であったり。そういう大きなものに依存するという時代じゃないと思うんですよ。だから、原発というものをなくしていくときに、代替案を考えなければいけないと思うんですが、例えば、太陽光だと、どうのこうのという意見があって、そこまでいくと僕には分からないんですよ。細かいことは。だから、いろんな見地から、いろんな意見を吸い上げていって、じゃ最終的にこうしましょうというのをまとめればいいなと思います。

オリンピックについては、すごくいいと思っています。でも、僕はそのタイミングで裏オリンピックみたいなものをやりたくて。やっぱり僕は引きこもりじゃないですか。体育もずっと1でしたし、スポーツができる人の象徴としてのオリンピックがある。これは小学校でもいまだに、スポーツできる奴がリーダーになるんですよ。僕らみたいなスポーツができない奴はリーダーになれない。

だから、そういった人たちと同じタイミングでウラリンピックみたいのやりたいですね。ダメですかね?

―堀江さんの選挙における役割は?

堀江:僕は内部の選対スタッフというわけではなくて、外部から応援します。
今回は会見が不安だからついてきて、と言われたので(笑)。
あと、僕は、彼を応援したいと思っているから、ネットとかマスメディアも含めて、僕がいることで、家入君という存在が拡散されると思ってるんですよね。

わりとまともなことも言っているので、彼がいっていることを増幅して、皆さんに伝えていく。「家入一真って誰?」という人も多いと思います。年配の方とか知らない人も多いと思うので、僕が応援しているというのをきけば、なんとなく伝わると思うので。

―泡沫という言葉もでましたが、現在の得票の目標はありますが、

家入:供託金の300万が戻ってきて欲しいですね。50~60万票ぐらい行けば、供託金が戻ってくるんですよ。供託金が返ってきたら堀江さんにも返せるので。

あと、みんなで意見を集めて政策を作っていくということも含めて、ある程度の数が集まらないと、説得力を持たないですよ。だから、説得力を持たせるためにやっぱりある程度の得票数は目指したいなと。

堀江:当選してください。

家入:そうですね。当選します。

―ネットをやらない層へのアプローチについては?

家入:ネットに引き込めばいいんじゃないですかね。ネットやらない人たちって、これから先、結構厳しいと思うんですよね。ネットやらないとダメですよね?

堀江:まぁダメだよね。

家入:インターネット楽しいよって。それでもインターネットやらない人には。。。

選挙ポスターとか街頭演説とかやりたくないんですよね。選挙ポスター108枚、煩悩の数だけ印刷しようと思っていて。みんなでどこに貼られたか「探しに行こう!」みたいなことやりたいなーと思っていて。

堀江:選挙ポスター貼るの大変なんだよ。

家入:東京都の地図を出して、地区ごとにわけて、「俺ここ貼ります、じゃ私ここ貼ります」って言ってくれたこたちに頼んで貼ってくれたら「信長の野望」みたいに色が変わるみたいな。

堀江:ポスター貼るのも登録が必要だったりとか、いろいろレギュレーションがあるんだよ。

家入:そうなんですね。じゃやめます。

―供託金をお借りになったとのことですが、担保と利率は

堀江:担保はないです。でも契約書をちゃんと交わして、ちゃんとしております。

―ネットで意見を集めるにしても、システム開発期間が必要なのでは?

家入:システムは一応つくったので、動けばそれを使いますし、ダメでもTwitterとツイキャスとニコ生とか既存の仕組みを使いまわせばいけるんじゃないかなと。

本当にミニマムのコストでミニマムの選挙。コストゼロ、騒音ゼロ、超エコな選挙やれたらいいなと思っています。

■関連記事
宇都宮けんじさんが都知事選立候補を正式表明 - 世界一働きやすく、くらしやすい希望のまち東京を
「今の東京には私が極めて適切な都知事だと思う」田母神俊雄氏が出馬会見
「反原発かどうかで都知事を選ぶことには違和感」舛添要一氏が出馬会見
「"原発こそ最大の争点"、全てを賭けて戦うと決めた」細川護熙氏が出馬会見
都知事選に関するエントリ、立候補予定一覧

あわせて読みたい

「都知事選2014」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    竹中平蔵氏は教え子が引退勧めよ

    田中俊英

  2. 2

    中国に反論せず 茂木外相の失態

    WEDGE Infinity

  3. 3

    眞子さま結婚に浮かぶ若者の苦悩

    木村正人

  4. 4

    セルフレジが「改悪」になるお店

    内藤忍

  5. 5

    感染増の地域 知事がTV映え優先

    山内康一

  6. 6

    歴史に残る読売の安倍氏スクープ

    文春オンライン

  7. 7

    バラマキ予算作成が最優先の怪

    鈴木しんじ

  8. 8

    大塚久美子氏が辞任 戦略に矛盾

    東京商工リサーチ(TSR)

  9. 9

    上野千鶴子氏がフェミになった訳

    PRESIDENT Online

  10. 10

    小林麻耶の降板番組 3月末で終了

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。