記事

「選挙とか政治とか既存のシステムを、ハッキングする形で、新しい動きを作っていきたい」―家入一真氏・都知事選出馬会見

1/2
niconico
niconico 写真一覧
1月23日公示、2月9日投開票で行われる東京都知事選に立候補することを明らかにした実業家の家入一真氏が会見を行った。会見には、堀江貴文氏も同席。報道陣を前にした家入氏は、「すごい」と、その数に驚きながら、iPhoneで報道陣を写真撮影。その後、堀江氏に促されて、出馬への思いを語った。

一人ひとりが小さな疑問をもって動き始めることが重要

家入一真氏(以下、家入):家入一真と申します。よろしくお願いします。

僕自身は、21才の時に起業して、上場した後に辞めて、その後いろいろな会社を作りながら、別の活動でいろんな子たちの居場所を作るということやってきました。

具体的には例えば、いじめられて学校行けなくなった子たち、就活をやめてどうしようっていう子たち。もちろん様々な子がいるのですが、そういう子たちが一緒に生きていく中で、いろんなビジネスをつくっていたり、ものをつくっていったり、そういう自分が本当にやるべきことを見つけられる場所を作ったり。そういった子たちが安く寄り添って生きていけるシェアハウスを日本中に作っています。

堀江:実際に成果が生まれてるんだよね?

家入:そこから生まれたサービスで「BASE」というのが急成長して、店舗数は楽天を抜く勢いがあります。なんもない、なにもできない子たちだったけど、そこで生まれたサービスが急成長して、このまえサイバーエージェントさんから2億円を調達したりとか。そういうことをやっています。

堀江:なぜ選挙に?

家入:きっかけは先月、ツイッターで「1000RTされたら出馬する」って書いたら、1000RTいってしまって後に引けなくなったっていう。きっかけはそんな感じなんですが、僕自身興味があって、1000RTも行くだろうなと思ってましたし。本格的に決めたのは今年に入って、事前審査の一日前に、「やっぱり出よう」と決めました。

さっき言った「居場所を作る」という話ですが、僕は中二のときにいじめにあって、そこからひきこもりになりました。18歳ぐらいまで家の中ですごして、ネットをやっていた。いまでいうひきこもりのうつ状態。いまの世の中にも当時の僕と同じようにふさぎこんでしまって、家から出られない、出れるけど行き場所のない子たちがたくさんいる。自殺とかしちゃっている。

なんで、こんなに日本で自殺が多いのか。そういった質問になかなか誰も答えることができない。僕は居場所を作るという話のなかで、なんでそういう学校行かなくなった子の居場所がないのか。フリースクールとかもちろんありますけど、大々的に「フリースクールに行っている」と言えない状況だったりする。就活したくないけど、せざるを得ない空気があって自殺しちゃったりとか。

そういったこたちが多い中で、僕が自主的に行政に頼らずに自分たちで居場所を作ることで、そういった子たちが助けあう共同体をつくろうということをしていた。それをもっとネットを使ってやることがあるんじゃないかと。そういった質問、問いを自主的に、国とか行政じゃなくて俺らでやっていこうぜと思って居場所を作ってきました。ただシェアハウスの問題で、法律が厳しくなっていったり、そういうなかで共同体で居場所を自主的に作っていくとしても、政治に無関心でいられないと思った。

なんでもっと居場所がないのか、自殺が多いのか、就活するのか、答えられる大人がいない。ましてや、政治家の人たちは、「これが答えだ」といったりもしますが、それが果たして本当に政治家のいうことは正解なのか。そう考えるとそうは思えない。一人ひとりがそういう質問を持って、動き始めることにこれからの東京も含めて日本の未来もあるんじゃないかと凄く思っていて。

選挙とか政治が政治家のものになっている。そんなのは本当にダメで。本当は政治とか選挙とかもっと身近なものだったはずなんです。だけど、僕ら若い世代からするとすごく遠くに見えてしまう。言ってることも刺さらないし、よくわからないし、興味が持てない。だからもっと政治、選挙をみんなの小さな質問を集めて、身近なものにしていきたいと思っている。選挙とか政治を取り戻していこうぜと。

戦わない優しい革命を起こしたい。

堀江:政策については。

家入:政策もざっくりとしかなくて。正直政治、良くわからない部分があるので。ざっくりと作りました。3つあるんですけど、1つは「居場所がある街、東京」を作っていきたい。もっといろんな人たちが多様に生きていく中、居場所のある街がつくりたい。あとは仕事とか遊び。僕はごっちゃですけど、「仕事とか遊びが、とことん楽しめる遊べる街、東京」にしたい。そして、政治をもっと身近に「政治に参加したくなる東京」を作っていきたいと思います。

さっき言ったように政治とか選挙とか遠いところのものにしてはいけないと思う。僕らが動いて考えていかないといけない。20代、30代は興味がないというか、そもそもわからないんだと思う。とりあえず、質問を持つところからはじめようと思っていて。

今回の選挙では面白い手法を取り入れようと思っていて。僕はお金がないので、街頭演説もできない。だから、ずっと家にいて生放送し続けようと。寝ているときも含めて。そうすれば、違法なお金ももらわないですむ。そしてみんなで政策を作っていきたい。例えば、「僕らの公約」みたいなハッシュタグを作って、いろんな意見をもらって、Webでそれぞれのトピックスの中で集まったものを専門家に問い合わせて、「これ、ぶっちゃけどう」って聞いたり、ブラッシュアップしていく。それでみんなで政策が作れれば超すごくないですか?

ネットを使って、「民主主義2.0」みたいなのを、ツイッターとかがこれだけ普及してるんで、そこで意見を集めていけば、偉そうにここから3つの政策とか言っているよりもいいものができると思う。さっきも言いましたが、小さな質問を持つことは本当に重要で、なんで原発ってダメなのって言う質問とかそれぞれあると思うんですよ。いいっていう人もダメっていう人もいる。ダンスを規制する法律も、なぜ?って。答えられる人はいない。そういう質問をみんなで集めて、それに応える形で政策を作りたい。

そういう風に選挙とか政治とか既存のシステムを、ハッキングする形で、真っ向から戦うのではなく、撹乱することで新しい動きを作っていきたい。戦わない優しい革命を起こしたい。

最後に、僕は知名度もお金もないですが、少数ですが優秀な仲間、ネットの向こう側にいろいろな思いを抱えている若い子がいっぱいいるので、そういう子たちが応援してくれればクラウド選挙対策本部ができるんじゃないかと思います。それについて、いろんなアイデアがあって、選挙期間、ネットを使い切ります。使いきって、こんな選挙ありなのってことをやりたいと思います。

堀江:今回、都知事選を見ていて、正直おじいさんばっかりなので、どうなの?と思っていて。僕自身も出ないの?といろんな人に言われたのですが、1年9ヶ月社会にいなかったので、もう少し自由を満喫したいなと。

なので、僕じゃなくて、もっと若くて会社経営とかそういうセンスもあって、弱いものの気持ちも分かるし、実行力はなさそうに見えてあるみたいな。彼みたいなタイプがいいんじゃないかと思っているんです。というのは、僕は実は彼と同郷なのですが、彼自身がいじめられっこでひきこもりで、そういう弱い人の気持ちが分かる人がトップに立つと、わりと周囲に優秀なスタッフが集まってきて、いい政治ができるんじゃないかと。

そういう人って何人かいるんだけど、なかなか都知事選には出てこない。そういう話をしていたら、家入さんが出たそうな顔してたので、煽りまくってやっとでてくれました。金がないというので、金も貸しました。つまり、お金をかしてくれるような仲間が彼の周りにもいますし、実は優秀なスタッフがあつまっていますし。

なので、泡沫だとか言う人もいるのですが、僕はそんなこと意外とないと思っていて、特に若い人たちにとっては、有力な選択肢じゃないのかなと。僕は正直、今回の知事選で投票したいと思う人はいないんですよね。だから、なんだかなぁとみんな思ってると思うんですよ。若い人たちは特に。でも、世界中みても、知事とか首相とか40代とかでなっている人たちが多い。 だから、そういう若さみたいなものが必要なのかなと思っている。こう見えて、彼は会社を育てて上場させただけの実力と経験があるので、そういう人が都の運営をやったことは今までないので、そういう意味でも画期的かなと。

世界に冠たる経済都市としての東京というのは、もっともっと発展すると思うので、その辺を彼に期待したいなと思っています。だから、応援団として応援したいと思っています。家入一真をぜひよろしくお願いいたします。

あわせて読みたい

「都知事選2014」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国すり寄り止まらぬ岩屋防衛相

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    ラオスのダム決壊 韓国と協議中

    tenten99

  3. 3

    嫌韓が高齢者に多いのはなぜか

    WEDGE Infinity

  4. 4

    丸山議員は辞職不要 使える存在

    奥山真司

  5. 5

    北方領土「武力奪還」は認識不足

    舛添要一

  6. 6

    AKB商法 秋元康の汚点になる恐れ

    PRESIDENT Online

  7. 7

    水沢アリーが暴露したTV業界の闇

    NEWSポストセブン

  8. 8

    妊娠で退学 祝福されぬ高校生母

    田中俊英

  9. 9

    のん巡る裁判で異例の事実が発覚

    SmartFLASH

  10. 10

    恩知らずは消える 芸能界の現実

    倉持由香

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。