記事

DMMが「お城これくしょん」を商標申請!他社も「○○コレクション」を申請中!

シリーズものの商標登録情報です。今回はDMM.comラボが、「艦隊これくしょん」「艦これ」に続く次回作と思われる「お城これくしょん」「城これ」を商標登録申請していることが発覚。ネット上で話題になっています。

略語「城これ」の申請は有効な戦略

まずは「お城これくしょん」「城これ」の確認から。特許庁の「商標公報DB」のフォームに、文献種別は「4」、文献番号は「2013-098648」(城これ)と「2013-098649」(お城これくしょん)をそれぞれ入力すると、下記の画面が見れます。

「お城これくしょん」

リンク先を見る

「城これ」

リンク先を見る

「お城これくしょん」の略語「城これ」も申請している点は学べます。正式名と略語とは、商標上まったく異なるからです。だから正式名だけおさえておけばいいというわけではありません。むしろ略語のほうが認知されることがあるため、両方とも申請しておくのがベターです。

商標申請中の「○○コレクション」

「〇〇コレクション」という商標登録がどれくらい申請されているかというと、872件あるのが確認できました(2014年1月21日現在)。それくらい「コレクション」というキーワードは人気ということがわかります。他のキーワードと組み合わせたブランド名は価値がでそうです。

そこで現在申請中の「〇〇コレクション」の一例をご紹介します。

アキレス株式会社「瞬足コレクション」

リンク先を見る

株式会社ネクストン「美少女コレクション」

リンク先を見る

フマキラー株式会社「香りのコレクション」

リンク先を見る

株式会社コーエーテクモゲームス「カードコレクション」

リンク先を見る

株式会社メリーチョコレートカンパニー「おもてなしコレクション」

リンク先を見る

商品リリースと商標登録申請のタイミングから、各企業の戦略を学べます。

≪まとめ≫

実際に「お城これくしょん」がいつリリースされるかはわかりません。しかし少なくとも商品企画として候補があがっているはずです。商標登録してからしばらくは資産として管理しておくのも戦略の一つです。他に取られないうちに取っておくのが、シリーズもので大切な一手です。

20141月21日

著者 ゆうすけ

あわせて読みたい

「商標」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。