記事

2014年の世界経済のリスクを点検する

今回は、『トップリーダーが学んでいる「5年後の世界経済」入門』のキャンペーンにお申込みいただいた方々に12月にお送りしたレポートから一部分を引用し、2014年における世界経済のリスクを点検してみたいと思います。

(以下、『経済・金融展望レポート』(12月分)より一部引用)

ご存知のとおり、迷走を続けてきた米議会の財政協議が前進し、民主・共和両党は今後2年間の予算の大枠で合意しました。この合意により、政府機関が再び閉鎖される事態は回避できる形となりましたが、来年2月には債務上限引き上げの期限を控えています。この問題が2014年の米国が抱える最大のリスクになると思われます。

気になるのは、11月頃までは共和党に世論の風当たりが厳しかったのですが、12月に入ってからはオバマ政権へのさらなる逆風が吹き始めているということです。CNNの最新(12月)の世論調査によると、オバマ政権の支持率は過去最低の41%、不支持率は過去最高の56%を記録しました。政権を支えてきたリベラル層からも批判が強まってきているのです。

他の世論調査でも支持率が過去最低を記録するという結果が出ており、この結果を受けて共和党が再び強硬姿勢に転じる可能性が高まってきています。共和党は、債務上限を引き上げる代わりに社会保障制度の抜本改革などを通じた財政赤字削減策を強く求めていく方針を固めたようであり、与野党対立が再び激化する情勢になりつつあります。

にもかかわらず、オバマ大統領は債務上限引き上げの問題について、未だに共和党に無条件で引き上げるよう求めています。1週間前にも改めて「議会と交渉をするつもりはない」と明言したばかりです。こうなると、米国経済ひいては世界経済の来年の最大のリスクのひとつが、来年2月に迎える債務上限引き上げ問題(=政治的リスク)になるのは避けられそうもありません。

2014年の世界経済を考えるときに、もうひとつのリスクとなるのが欧州の問題です。2008年から2012年まで、欧州は金融危機、ギリシャ危機、南欧債務危機と毎年のように危機に見舞われてきましたが、2013年は何事もなく無難に乗り切ったかのように見えます。しかし、景気の低迷は相変わらず続いており、ユーロ圏およびEUの失業率は依然として過去最高の水準で推移しています。

そういった状況にあるのに、為替市場では不健全なユーロ高が進んでいます。景気が低迷し続けているのにユーロ高が進んでいるのは、欧州の銀行が来年1月からのストレステストを控え、海外資産を処分してユーロを買い戻しているからです。欧州の銀行が不良債権処理を進めているために、米国や日本の株式・債券で運用していた資金を本国へ戻そうとユーロを買っているのです。現在のユーロ高は域外への輸出競争力を削いで、遅かれ早かれユーロ圏の経済に跳ね返ってくるでしょう。

さらに来年の欧州には、政治的な分裂が深刻化するリスクもあります。2014年の各国の選挙では、反EUを掲げる政党が議席を伸ばす勢いにあるからです。英国の独立党、仏極右政党の国民戦線、ギリシャの黄金の夜明けなど、中には既存の政党を抑えて第1位の得票を獲得する政党も出てくるかもしれません。欧州の政治的な分裂が進めば、ストレステストで判明する不良債権の処理方法すら具体的に決めることができなくなってしまいます。

もちろん、日本経済にもリスクはあります。それは、消費税引き上げ後に消費が伸び悩むことです。たとえ景気対策として財政支出を5兆円程度増やしたとしても、駆け込み需要の反動は避けられないでしょう。すでに住宅市場ではその影響が出始めていますが、来年4月以降の経済指標は政府が想定しているよりも悪くなるだろうと予想しております。

先進国を見渡した時に、米国は政治リスク、欧州は政治と経済の両方のリスク、日本は経済のリスクと、それぞれにリスクのあり方が異なりますが、いずれにしてもそのすべてが世界経済あるいは国際金融のリスクに直結していきます。これらのリスクを如何にして消化していくのかが、2014年の経済や金融市場を見る上で大きなポイントになるのではないでしょうか。

あわせて読みたい

「世界経済」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    コロナで医療全体ひっ迫は間違い

    名月論

  2. 2

    富岳が分析 ウレタンマスクはNG?

    諌山裕

  3. 3

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  4. 4

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

  5. 5

    音喜多氏が所属議員の不祥事謝罪

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    NHK捏造か 軍艦島の疑惑説明せよ

    和田政宗

  7. 7

    海外は大麻OK 伊勢谷被告の驕り

    渡邉裕二

  8. 8

    ナイキCMを100%褒め称える危うさ

    倉本圭造

  9. 9

    渡部建の目論みに冷ややかな声

    女性自身

  10. 10

    二階派に160万円 マルチ企業から

    しんぶん赤旗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。