記事

「元素図鑑」作者インタビューから電子書籍の成功要因を考えてみる

1/2
書籍の世界では同じ内容なんだけどタイトルを替えたら売れてしまった…という例があるという話を聞いたことがあります。

あと表紙で売れるってケースもあるようで、我が家の息子も何年か前に太宰治の「人間失格」を「DEATH NOTE(デスノート)」小畑健さんバージョンになったのを買ってましたっけw

そして、最近感心したのは「超訳 ニーチェの言葉」なんですけど、何に感心したって、このニーチェの言葉を読んでいろいろ気になることが出てきて、自分としてはニーチェ全集の中から「人間的、あまりに人間的」とか追加購入してみたんですけど、タイトルにもあるようにその「超訳」っぷりにですw

ここまでの話で何が言いたいかというと、イマドキ上手に商売をする人たちは、こうやって優れたコンテンツを再利用してマネタイズに成功しているよな…とこれ以外の例でも感じる事が多いというお話でして、

最初に紹介したタイトルの例は違いますが、それ以外の例は、そこで扱われているコンテンツは基本的にすでに著名な作品だったりして、やはり一定のネームバリューが再利用の成功の大きな要因であることは事実だと思います。

さて、わたしが最近電子書籍関係の制作だけでなく、企画の相談などにも関わっている中で、電子化に掛かるコストに対する考え方で案件が進展するか、ストップするか非常に大きなポイントだったりする訳ですが、iPad用のアプリとして大成功を収めた「元素図鑑」の作者であるセオドア・グレイ氏のインタビューから感じるのは、既存コンテンツの電子化で成功するためのポイントとして大事なのは以下の2点のような気がします。
  • 電子化する事の意義を作者自身が強く感じている(そもそも電子のほうが向いているけど昔は紙しか無かったとか)
  • 電子化を決断した時点で、素材(写真・文章・回転するオブジェクトの素材)はすべて揃っていた
このような作者の情熱と最低限のコストでスタートできるというビジネスとしての側面からも好条件が揃っていた事はラッキーな訳ですけれど、もともとこの「元素図鑑」はiPad用の電子書籍が出来る前から、これだけのラインナップがあって、



それには出版社を含め相当なお金と労力が投じられている筈ですから、紙版の元素図鑑の販売価格は30ドル。発売以来9万部の売り上げで化学書としてはかなりのベストセラーという背景を踏まえると、電子書籍化に掛かった2ヶ月間の開発費を十分に賄う利益がすでにあったから…と言われてしまうと身も蓋もない話になってしまいますが、iPhone4用に新たにレイアウトをすべてやり直してしまう拘りから感じるのはやはり電子化する事の意義を著者自体が強く感じているからではないでしょうか。

トピックス

ランキング

  1. 1

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    テラハ 作り上げたリアルの実態

    浮田哲

  3. 3

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  4. 4

    ブルーインパルスが都心飛行へ

    ABEMA TIMES

  5. 5

    河井夫妻支えた安倍首相の思惑は

    猪野 亨

  6. 6

    テラハ問題を理解できぬ若者たち

    NEWSポストセブン

  7. 7

    景気回復の奇策「消費税15%に」

    永江一石

  8. 8

    コロナ抑えたハワイ 店舗も再開

    荒川れん子

  9. 9

    フジは迷走? コロナ禍のTV企画

    メディアゴン

  10. 10

    宣言解除で再び出社させられる謎

    かさこ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。