記事

最高裁で新たな判断〜喜多嶋さん・大沢さん問題にも波及?

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140114/k10014469671000.html

喜多嶋さん、大沢さん関連のことを書こうと思っている訳ではないのに、三たび。

本日またまた、最高裁判所は彼らにも関係するであろう親子に関する新たな判断を示しました。

『血縁なければ「認知」無効も』

おおおお〜。

法務省はずーーーーーっと、「認知は血縁がないものは出来ない」との主張をしていたが(それゆえ「認知準正をしたい」との性同一性障害者の希望も却下された)

実際の「認知届」は一筆書くだけなので、血縁があるかないか市役所窓口で「形式的審査」はできない。 それゆえ、法務省的に考えれば本来起こりえない「血縁がないのに認知」ということが起こり得ているわけである。 この判決の影響は実は喜多嶋さん、大沢さんはじめ「できちゃった婚」ケースにも大きな波及する可能性がある。 というのも、以前書いたように「婚姻後200日以内に生まれた子」は本来「母の非嫡出子」として届けられ、「認知するか否か」は夫が決める。認知した場合は認知準正として「嫡出子」として記載される。

大沢さんは今「親子関係不存在の訴」を起こしているそうだが、今回の判例を使えば「認知無効」として法的父親でなくなることもできることになるであろう。

何しろ「血縁がない」んだから「認知」そのものが無効なのである。 おっと待てよ。この間、性同一性障害の件では同じ最高裁第三小法廷が「血縁のみで父が決まる訳ではない」という判断をしたばかりだが、今回は「血縁のみが父」という。どっちやねん?という突っ込みがアチコチから聞こえてくる。 つまりここの判断の違いはまさに婚姻内の子(嫡出子)か婚姻外の子(非嫡出子)なのか。そこには「イエ制度」の名残が薄く見えてくる。

だが、現実にはこの境界は「できちゃった婚」の扱いの間口を広めた為にあいまいなものとなり、だからこそ矛盾を抱えることになっているのだ。

「できちゃった婚」での出生児数は少なくない。大沢さんのように「嫡出否認」が出来なくなると「親子関係不存在の訴」で法的父親であることを外すことは相手方の合意がない場合、極めて難しいと思われ邸えていた。逆に言えばこうしたケースに対し民法772条は非常に厳格に「子の身分を守る側」に経っているのである。

だが、今回の決定で「認知無効」を求めればできることがわかれば、大沢さんだって喜多嶋さんやお子さんがが同意しなくても法的父親をはずすここともできる、ということになる。(大沢さんのお子さんが婚姻後200日以内の出生かわからないのであくまで推定です)

しかし、これが出来るとなると波及の範囲は広く、さまざまなケースで問題が起こってくるような気がする。 またまた親子法は暗い闇の中に突き進んだという感。 本当に現実に即したフェアな親子法が必要である。 ってか、喜多嶋さんも大沢さんもワタクシに相談してくれたらねえ、誰よりも詳しく、いろいろ考えてあげますのに(笑)

あわせて読みたい

「婚外子(非嫡出子)」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    国内外で「ナカムラ」の死悼む声

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    野村克也氏「イチローは超一流」

    幻冬舎plus

  3. 3

    年収10倍のマイホーム購入は危険

    内藤忍

  4. 4

    韓国より低成長 認めぬ安倍首相

    PRESIDENT Online

  5. 5

    生理の妻へ食事配慮 批判の声も

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    韓国で成功諦める低所得層の実態

    ロイター

  7. 7

    次期首相候補 石破氏支持が躍進

    ロイター

  8. 8

    口座手数料より銀行がすべきこと

    内藤忍

  9. 9

    馬毛島の買収は高評価されて当然

    原田義昭

  10. 10

    よしのり氏 中村医師の死は残念

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。