記事

SNS時代の「言論の作法」を考える

SNS(ソーシャルネットワーク・サービス)の発達等により、誰でも気軽に見知らぬ人と自由に意見交換ができる時代が到来した。とても素晴らしいことだと考える。一昔前は、例えば自分の意見を表明しようとすれば、必ずしも掲載されるとは限らない新聞や雑誌に投稿するぐらいしか手段がなかった。しかし、現在ではインターネットの普及により、ブログを初めとして、フェイスブックやツイッター等いくらでも自由に使える手段がある。ただし、こうした言論手段の多様化・簡便化と、言論空間の豊かさや有効性とは必ずしもリンクしている訳ではない。言論空間を有効に機能させるためには、やはりそれなりの「言論の作法」が必要ではないか。

本旨と整合性が最大のポイント

SNSを活用した言論空間には、1つの大きな特徴がある。それは多くが1回限りの投稿とは異なり、ほとんどの人が反復・継続して意思表明を行うということだ。すなわち、本名であれ匿名であれ、その人の主義主張が、全体としては、大変分かりやすくなっているということである。そうであれば、批判する場合には、枝葉や言葉尻ではなく、まずその人の主張の本旨を骨太にとらえて、批判しなければならない。そうした本質的な批判より、枝葉や言葉尻をとらえた批判が多く見られるのはとても残念なことである。

 例えば、筆者は社会保障と税の一体改革の必要性を当コラムでも何度も取り上げているが、本旨は一貫して「民主主義の正統性」の問題にある。

 政治とは税金の分配である。国債の乱発は、私たちの子どもや孫が本来分けるべき税金を、私たちが借金(前借り)をして実質的に勝手に処分してしまうことに他ならない(国債費はこのまま放置すればやがて予算の3分の1にも達するだろう)。それで、民主主義の正統性が保てるだろうか。私たちの子どもや孫は、どういうプロセスを通じて、彼らが固有に持っているはずの将来の税金を分配する権利を私達に授権しているのだろうか、という問題である。

 また、本旨に劣らず整合性も重要である。税金は、公共財や公共サービス提供の対価に他ならないのだから、負担がすなわち給付である。例えば市民の税負担が、子育てや年金・医療サービスの給付に回るといったように。負担が給付であるなら、40兆円強の税収で90兆円強の予算を執行している現状がサスティナブルであるはずがない。高齢者の割合が増加する中では、負担を増やし給付を減らして両者をバランスさせなければこの国が立ち行かないことは明らかである。

 :仮に、百万遍もっともらしい理屈を捏ね回しても、増税には反対、社会保障給付の削減にも反対というのでは、全体として整合性に欠ける議論と言わざるを得ない。新法を説いた宋の王安石が「人類史上最高の頭脳を持った宰相の1人」と高く評価されるのは、彼の打ち出した新法の多くの政策が全てにわたって整合的で、相反するところが少しもなかったからである。

不毛なレッテル貼りはやめよう

枝葉や言葉尻をとらえた批判に次いで多いのが、レッテル貼りである。例えば「あの人は○○論者だから、あるいは○○で働いていた人だから、こういう結論になるのは当たり前だ」といった類の批判である。こうした批判を行う人には、残念ながら往々にして共通した次の2つの特徴が見られるようだ。 ①論旨をていねいに読み込まない……はじめから結論を決めているのだから、当然と言えば当然だが。 ②その人の主著や主要論文を、自分で全く読むことなく、自分の信奉する人の意見を右から左に受け売りしている……自分で虚心坦懐に読めば、○○論者だからという決めつけが誤解であることが分かる場合も多々あると思われるのに、もったいないことである。厳しい言い方をするなら主著を読まずして批判することは、「知的怠慢」に他ならない。

 およそ何事によらず、例えいくら自分が尊敬し信奉する人であっても、意見の受け売りはせず、すべてを自分のアタマで原点に立ち戻って考え直し、腑に落ちるまで考え抜くことが、言論空間を豊かにすると考えるがどうか。なお、SNSの欠点として、聞くに耐えない罵詈雑言が溢れていることを指摘する向きが多いが、対面で堂々と口に出して言えないことがSNSなら許されるというのであれば、それはSNSの問題ではなく、その人のまさに人間性の問題ではないだろうか。(もっとも、SNSが、人間のそういった弱い側面を増幅しやすい面がある、という点を否定するものではないが)。

 ところで、言論空間の最大のメリットは、相互の間に、言いっぱなしではなく対話が成り立つことにある。互いに「僕はこう思う」ということだけをいくら言い合っても、それはどこまでも平行線を伸ばし続けるということに過ぎない。対話が成り立つ(平行線が交わる)条件は、数字・ファクト・ロジックという共通言語で、互いが正面から向き合うことである。

 言い換えれば、相互の検証可能性が何よりも重要だということだ。数字(データ)もファクトも、出所さえ明らかにすれば相互の検証は常に可能である。そのプロセスで、数字の見方の違いや異なるファクトの提示等が相互に交換される。後は、ロジックを相互に丁寧に詰めていけば互いに実りある成果が得られるはずだ。盲信したことを声高に叫ぶだけでは、人間の進歩はない。アジテーションの類いが社会を良くした例を、筆者は人間の歴史の中で、寡聞にして知らない。

 自分の意見を表明するという営為は、「知らないことを教えてください」「間違いを正してください」「もっと広く深く考えるヒントをください」と、世間という大きな学校に向かって叫び、みんなでより良い解決策を見つけていくことに他ならないのだ。

あわせて読みたい

「SNS」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏 ヤジ糾弾は魔女狩り

    小林よしのり

  2. 2

    国民議員「打倒安倍に国民辟易」

    岸本周平

  3. 3

    習氏の国賓来日 自民議員が警告

    原田義昭

  4. 4

    自民のヤジ 謝罪要求は筋違いか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    新型肺炎 今週末が流行の岐路に

    団藤保晴

  6. 6

    クロ現のプレゼン特集は「最悪」

    メディアゴン

  7. 7

    国産野菜は安全?妄信する日本人

    Ayana Nishikawa(西川彩奈)

  8. 8

    唐田えりか不倫 韓国で辛辣批判

    文春オンライン

  9. 9

    SW新作から見える米社会の変貌

    WEDGE Infinity

  10. 10

    迎撃魚雷の実用化が進まない背景

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。