記事

成人の日にあたり 権利と義務と責任と 国民投票法に関して

13日は成人の日でした。私もかれこれ22年前、成人を迎えたときに何とも言えぬ解放感を感じたことを思い出します。これでお酒を飲める、たばこを吸えると、大人の象徴としての振る舞いを、隠れずに嗜むことが許されるのだと、大きな気持ちになったのを思い出します。

さて、昨今の国会では憲法改正に関する国民投票法案の三つの宿題を速やかに対処しようと議論が進んでいる模様です。そのひとつが、国民投票を18歳から認めようと言うことです。法律にもそのように書かれており、与党内では特に公明党が実現を強く主張しているようです。また、法律の成立時(2007年)には民主党が18歳からの投票を強く主張し、第一次安倍内閣において与野党協議によって盛り込まれたようです。

私も現職時代、憲法審査会で本件につき発言、質問をしました。確かに法律には18歳とありますが、他の法律、少年法を筆頭に、未成年飲酒禁止法、未成年者喫煙禁止法などなどとの関係を整理せずに、国民投票法だけを18歳に前倒すのには違和感があり、その点を指摘しました。私のみならず、多くの同僚が国民投票法だけが18歳になることの違和感を訴えましたが、どうもその声は聴き遂げられず、前に進もうとしているように思えます。整理すべき論点がいくら多くても、しっかり整理せずに勢いだけで前に進めば、必ず後で、どこかでしわが寄っていくでしょう。いつもは理性的な公明党ですが、本件に関してもぜひ適切に進めてもらいたいものです。

成人とは、権利を得るとともに、大人としての義務も課せられ、それだけ責任も大きくなります。もちろん、子供のような大人だらけの社会、逆に大人顔負けのしっかりした子供もいる昨今、しかし、法律はその社会の中で一線を引くもの。成人と言う一線を引き直すほどのオオゴトですから、いくら考え直してもよいと思います。

あわせて読みたい

「国民投票法」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    山本太郎氏「汚染水の海洋放出は約束を反故にした許し難い暴挙」

    山本太郎

    04月17日 16:35

  2. 2

    「お前を消す方法」でお馴染み!? Windows懐かしのOfficeイルカの現在

    文春オンライン

    04月17日 10:38

  3. 3

    霞ヶ関は人気のない職場……で良いのか

    大串博志

    04月17日 08:09

  4. 4

    特に得点はなかったようだが、何はともあれ目立った失点がなかったのはいいことだろう

    早川忠孝

    04月17日 17:19

  5. 5

    マクドナルド、ワタミの取り組みにヒント?正念場を迎える対消費者ビジネス

    大関暁夫

    04月17日 12:37

  6. 6

    報じられない聖火リレーの真実 大音量のスポンサー車両がズラリ

    NEWSポストセブン

    04月17日 17:06

  7. 7

    「学校は無理に行くところじゃない」と現役教員が思う理由

    不登校新聞

    04月17日 14:49

  8. 8

    被災地で甦った戦火の記憶。「熊本に凱旋」今なお諦めずに…ハリルホジッチ氏独占取材

    塩畑大輔

    04月16日 10:03

  9. 9

    なぜ今なのか-処理水放出と少年法改正

    階猛

    04月17日 09:13

  10. 10

    名ばかりのオリンピックになっても「開催出来れば、それで成功」

    早川忠孝

    04月17日 18:42

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。